ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一人暮らしをはじめるあなたにおすすめ!必読本6選

一人暮らしを始める時に読むべき本6選!

進学や就職、転勤や独立など、初めての一人暮らしをスタートする時には、期待に胸がふくらむもの。一人だけの時間を満喫したい、インテリアにこだわりたい、自炊もしっかり頑張らなきゃ!とワクワクしていることだろう。

ここでは、初めての一人暮らしをスタートする方にぜひ読んでほしい本6選を紹介する。一人暮らしの疑問や不安を解消するガイド本から、部屋づくりに役立つインテリア実例、一人暮らしにちょうど良いレシピ本まで幅広くピックアップ。これから一人暮らしをスタートさせるならぜひ読んでみてほしい。一人暮らしおすすめ本①:ひとり暮らし完全サポートBOOKひとり暮らし完全サポートBOOK

ひとり暮らし完全サポートBOOK
¥1,080 主婦と生活社

初めての一人暮らしには不安や疑問がつきもの。それらを解消してくれるのが『ひとり暮らし完全サポートBOOK』だ。

部屋探しの方法や賃貸住宅のルール、暮らし始めてからの防犯や家事のコツまで、ひとり暮らしに必要なノウハウを一通り網羅した一冊。初めての一人暮らしで困ったことがあった時には、この本を開けばきっと何かヒントが書かれているはずだ。一人暮らしおすすめ本②:初めての一人暮らしサクッとガイド初めての一人暮らしサクッとガイド

初めての一人暮らしサクッとガイド
著:村沢竜一
¥250 Kindle

初めての一人暮らし。一体何にどれぐらいお金がかかるのか、日々の生活の衣食住と金銭管理についてわかりやすくサクッと教えてくれるのが、その名も『初めての一人暮らしサクッとガイド』(Kindle)。

これまで実家暮らしをしていた人が一人暮らしを始めるとなると、今までどおりの金銭感覚では生活ができない。本書では一人暮らしにまつわる情報(特に金銭面)での情報が盛りだくさん。賃貸契約の際に支払う敷金、礼金、仲介手数料などの初期費用にはいくらかかるのか、一人暮らしを始めるのにどれぐらい預貯金があればいいのかなど、具体的な数字をあげて細かく説明してくれる。

また金銭のことだけでなく、引越し時の流れや一人暮らしにおすすめのインテリア・家具など、一人暮らしがスターとした後にも役立つ内容となっている。紙の書籍ではなく電子書籍(Kindle)のみでの発売となるが、価格が250円とおサイフに優しいのも嬉しい。一人暮らし初心者なら一読の価値ありだ。一人暮らしおすすめ本③:狭くても忙しくてもお金がなくてもできる ていねいなひとり暮らし狭くても 忙しくても お金がなくてもできる ていねいなひとり暮らし

狭くても 忙しくても お金がなくてもできる ていねいなひとり暮らし
著:shoko
¥1,404 すばる舎

あこがれの一人暮らし。素敵な部屋に住んで、自炊や家事をしっかりこなして自立したい!と意気込んでも、いざ一人暮らしを始めてみると、仕事が忙しかったり、余裕がなかったりして思うようにいかないこともある。

そこで、ぜひ読んでいただきたいのがこちちら。インスタグラム「#ひとり暮らし」で最も注目されている、インスタグラマー・shokoさん(@nekokoko___)の初著書。「シンプルで豊かな暮らし」を実現するための70のコツを公開している。「狭くても 忙しくても お金がなくてもできる」というタイトルのとおり、1Kの賃貸物件で素敵な暮らしを実現しているshokoさんのアイディアは、すぐマネしたくなるものばかりだ。一人暮らしおすすめ本④:狭い部屋でスッキリ心地よく暮らす狭い部屋でスッキリ心地よく暮らす

狭い部屋でスッキリ心地よく暮らす
¥1,404 すばる舎

初めての一人暮らしでは、ひととおりの家具を買いそろえる必要がある。インテリアショップや家電量販店に足を運んでみたはいいが、ベッドやローテーブルひとつとってもたくさんの商品があり、いろいろありすぎてどれを選んでいいかわからなくなる。特にワンルームや1Kなど、スペースが限られている一人暮らし向け物件ではインテリアづくりに迷うことも多いだろう。

そんな方におすすめしたいのが『狭い部屋でスッキリ心地よく暮らす』(すばる舎)。人気インスタグラマー25人が暮らす部屋と、狭いスペースで心地よい暮らしを実現するための工夫を紹介するアイデア集だ。

便利なおすすめアイテムや使用例など、実例だからこそ役立つノウハウも満載。先輩たちのアイデアをマネしてみるもよし、自分なりにアレンジするもよし。たくさんの写真を眺めながら、インテリアの妄想を膨らませるだけでも楽しい一冊だ。一人暮らしおすすめ本⑤:これが正解! ひとり暮らしごはんスタートブックこれが正解! ひとり暮らしごはんスタートブック

これが正解! ひとり暮らしごはんスタートブック
著:検見﨑聡美
¥1,188 主婦の友社

一人暮らしの食事は、ファストフードなどの外食やコンビニ弁当頼りがち。ただ、それでは食費がかさむうえ、栄養バランスも偏ってしまう。食費の節約や健康面を考えると、自炊がおすすめだ。

慣れない一人暮らしでは、自炊がおっくうになってしまうこともある。どちらかというと料理は苦手、という方におすすめしたいのが、検見﨑聡美著『これが正解!ひとり暮らしごはんスタートブック』(主婦の友社)だ。

調理のプロセスは写真付きでわかりやすく説明。調理器具や調味料のそろえ方、料理の盛り付け方まで一から丁寧に教えてくれる。まさにこれから一人暮らしを始めようという人、一人暮らし初心者に向けたお料理レシピ本である。

レシピは、食材を無駄にすることなく上手に一人分作れるものを掲載。豆腐を使った料理や、野菜たっぷり料理など、健康面もばっちりサポート。さらに、友達を招いておうちパーティーを開きたい方にも嬉しいアイデアが掲載されている。この本さえあれば、一人暮らしでもおサイフに優しく、心身ともに健康な生活を送れるだろう。一人暮らしおすすめ本⑥:ひとりぐらしもプロの域ひとりぐらしもプロの域。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

ひとりぐらしもプロの域。
著:カマタミワ
¥1,080 メディアファクトリーのコミックエッセイ

一人暮らし歴18年の著者・カマタミワが綴ったコミックエッセイ『ひとりぐらしもプロの域』。害虫との戦い、突然の訪問客、体調が悪くなった時などの「リアル」な一人暮らしエピソードと、その乗りきり方を面白おかしく伝えてくれる一冊だ。

著者が長年の一人暮らしで培った生活の知恵や実体験は、きっとこれから一人暮らしを始める人への教科書となるはず。また、すでに一人暮らしをしている方にとっては「そうそう!」と頷いて共感できる「一人暮らしあるある」エピソードも満載。理想と現実のギャップを面白く乗り切る「一人暮らしのコツ」がまとめられている。まとめ

期待と不安が入り交じる、初めての一人暮らし。住まいの環境のこと、お金のこと、自身の健康のことなど、一人暮らしなら何でも自分で対応しなければならない。

一人暮らしの「自由」とは「自己責任」と表裏一体。自由気ままに過ごせるけれど、その責任はすべてあなたにかかってくる。今回ご紹介した本でぜひ、あなたのライフスタイルを充実させていただきたい。

文=ブロック

一人暮らし向け賃貸物件はこちら!あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけようあなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy