ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旬を迎えたウニ4種類が丼にドーン!「夏のおいしい北海道展」


北海道の味覚を堪能できる「夏のおいしい北海道展」が、7月11日(水)~16日(月・祝)の期間、ジェイアール京都伊勢丹10階の催物場にて開催される。百貨店の催事として全国で大人気の北海道展。今回はどんな味覚に出合えるかチェック!

「夏のおいしい北海道展」の注目はウニ。旬の時期をむかえたウニがメインのフードメニューが全8種類集う。その中でも特におススメなのは、4種類のウニを丼の上で一度に楽しめる、北海道・札幌市「鮨処 竜敏」の「贅沢ウニの味比べ丼」。

上品な甘みの「ムラサキウニ」と濃厚で甘い「バフンウニ」、海道産本わさびを使用し出汁に漬け込んだ「ウニのわさび出汁漬け」、昆布で〆た「ウニの昆布〆め」を一度に楽しめる、とても贅沢な一品だ。


もう一つのおススメは、北海道・弟子屈町の人気店「弟子屈ラーメン」の「鰹節醤油のウニ冷製麺」。キンキンに冷えた鰹節スープの清涼感に濃厚な生ウニとガーリックオイルがアクセントになっており、麺と絶妙に絡み合う。


関西地区に初登場する「パフェテリア パル」は、飲んだ後や食事をした1日の最後をパフェで締めくくるという札幌の定番“シメパフェ”の人気店。飲んだ後でも食べやすいよう甘さを抑えたパフェは、旬のフルーツをメインに使用。メロン・レモン・さくらんぼの3種類からお好きなものを選んで。

北海道に行かなくても食べられる、ウニ丼やウニ冷麺、人気店の“シメパフェ”を「ジェイアール京都伊勢丹」でぜひ味わってみて。

■「ジェイアール京都伊勢丹」
住所:京都府 京都市下京区烏丸通 塩小路下ル東塩小路町 京都駅ビル

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。