ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • インド映画歴代No.1ヒット! 国宝俳優アーミル・カーン主演『チェイス!』監督インタビュー
  • クリストファー・ノーラン監督の映画『Dunkirk(原題)』、オンライン流出後にトレーラーを公式公開
  • 【速報】吹き替え版がまるで国民的アニメ? ナチスのぶっとびホラー映画『武器人間』Blu-ray&DVDついに発売!! 
  • あなたにも何かが見える……? 『NY心霊捜査官』メイキング動画に霊能師「悪魔の気配がある」[ホラー通信]
  • 映画『ウルヴァリン:SAMURAI』のジェームズ・マンゴールド監督、米ディズニーによる映画『Captain Nemo(原題)』の監督へ
  • デフォルメなのにリアル! 『デフォリアル ゴジラ(2016)第4形態 覚醒Ver.』が“カワ&カッコいい”!
  • 『ジャングル・ブック』ジョン・ファヴロー監督の仕事論 チャレンジし続ける理由とその原動力とは
  • 【動画】「スポンジ・ボブ」がアニメの世界を飛び出し現実に! そのリアルさの秘訣は?
  • 映画『Deadpool 2(原題)』の撮影中、スタントの女性が事故で死亡
  • 人生と家族の在り方をペシミズムとユーモアで炙り出す。『マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)』
  • ドゥミがデザインした激レア・プロモ盤を20枚以上所有していた著者が語る、映画本大賞2017第四位の書籍『ジャック・ドゥミ+ミシェル・ルグラン シネマ・アンシャンテ』のこと 後編
  • 【動画】スーパーマンが悪に染まる?! 『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』予告編
  • 『殿、利息でござる!』中村義洋監督&原作者・磯田道史インタビュー「人物描写にいちいち泣かされた」
  • 累計再生回数2億5千万回! 人気YouTuberがっちゃんが『GAMBA ガンバと仲間たち』で声優挑戦
  • プロのメイク&撮影で「これが私……?」が叶う! 『変身写真館』で中国映画のヒロインになりきってみた
  • 未だ謎多き『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ジャー・ジャー・ビンクスが出ない事は確定!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フランス映画に学ぶ「人生を楽しむコツ」

フランス映画に学ぶ「人生を楽しむコツ」

個人主義で、自己主張があり、自由恋愛の国。フランスを形容する言葉は数あれど、やはり”愛の国”だと感じさせる映画が誕生した。

本国をはじめ世界中で大ヒットとなった映画『セラヴィ!C’est la vie!』がおもしろい。

「個」が立っている社会って
こういうこと

物語の舞台は、古城のウエディングパーティー。ヤングセレブな新郎新婦からパーティーを任されたベテランのウェディングプランナー、マックスが主人公だ。

マックスの仕事仲間は実に個性的。主張を恐れず、欲に素直で、チームも大切だけど自己犠牲なんてありえない。契約関係やルールの多い職場であっても隠しきれない個性はあちこちで炸裂し、パーティーは次々にハプニングに見舞われてしまう。フランス映画に学ぶ「人生を楽しむコツ」フランス映画に学ぶ「人生を楽しむコツ」

しかしこの映画が単なるドタバタコメディーで終わらないのは、悩みながらも仲間を愛するマックスにチームワークの本質を感じること。そして、豊かな個性の登場人物たちが愛おしいまでに人間的だからだ。

映画を観るときに主人公の心境に自分を重ねる人は多いと思うが、もしも自分がマックスだったら、果たしてここまで個性豊かな人たちを“仲間”として愛し続けていられるだろうか?

職場の同僚や、家族、友人など、人間関係に少なからず疲れ気味の人にこそ、マックスの気持ちになって観ることをオススメしたい。

「人生」という
自分がドラマの主人公たれ

フランス映画に学ぶ「人生を楽しむコツ」

また同作では、可能なかぎりウェディングの予算を抑えたい近年の業界傾向や、移民問題を背景とした外国人労働者のこと、さらにデジタルテクノロジーにおける世代間ギャップなど、さまざまな社会課題をユーモアに包みながらも指摘している。

それでも決して強すぎることのない主張がメッセージとして伝わるのは、制作・俳優ともに実力派が揃っているからこそであろう。

マックスの義弟で元国語教師のジュリアンがたびたび、文学的でエスプリの効いたセリフを放つのも、“フランスっぽさ”をうまく表現している。くすっと笑いを誘うセリフの言葉遊びは、日本語字幕を通してでも十分楽しむことができる。

ちなみに邦題に使われている「セラヴィ!」とは、良きときも悩めるときも「それもまた人生さ!」と明るくやり過ごすときに使う定番の仏語フレーズ。どんな困難にも大きな心で向き合うマックスから、明日を楽しく過ごすコツを学ぼう。

自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがここにある。

セラヴィ!/C’est la vie!

2018年7月6日(金)より、渋谷・シネクイント、新宿シネマカリテ、池袋HUMAXシネマズほか全国ロードショー。公式サイトはこちら

Top image: © 2017 QUAD+TEN / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / PANACHE PRODUCTIONS / LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUELicensed material used with permission by パルコ

関連記事リンク(外部サイト)

フランスに次ぎ、アルゼンチンが小学校で「映画」を教える国に!
画家の人生は作品の値段に現れる。フランス近代絵画の歴史を探る
公開当時、フランスで上映禁止となった問題作

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。