ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【魅惑の香港旅行】アガる香港! アートを感じる香港の街 オールド・タウン・セントラル(中環)が凄い / 香取慎吾アートも

hongkong-katori-shingo5

香港は地図上で見ると小さく見えますが、それは大きな間違い。1106平方キロメートルの面積を有しており、その広さは東京都の約半分。にもかかわらず、起伏の激しい地形で人々の生活する平地がわずか25%くらいで、そこに約734万人が生活を営んでいます。

・中環で感じるエキゾチック香港
そんな香港ですが、地域によって見せる姿を大きく変えます。たとえば中環(セントラル)と呼ばれている地域は、香港経済、いや、アジア経済を支える金融の中枢であり、商業地区であり、そして領事館が多数あるインターナショナルな地域でもあります。1865年、中環にある香港上海銀行本店の設立後から香港通貨の発行が開始されるなど経済の発展が目覚しく、2018年現在も経済中枢地区なのは間違いありません。

hongkong-old-town-central1
hongkong-old-town-central

・そもそも中環はどこなの? 誰もが知ってるあそこ!
中環は九龍半島の向かい、香港島のビクトリアハーバー沿いに位置する地域です。テレビや雑誌などで香港が紹介される際、海と港と高層ビルの夜景がイメージとして紹介されますよね。まさにその高層ビル群こそ、中環といわれる地域です。

実はここ、遠くから見れば素晴らしい夜景となりますが、その摩天楼の麓には、ディープなアートの世界が広がっているのです。

hongkong-old-town-central2

・元SMAP香取慎吾のパブリックアートに感動
中環に立ち並ぶ摩天楼の麓はオールド・タウン・セントラル(OTC)と呼ばれており、数多くのストリートアートが壁や建築物に描かれています。アーティスティックな作品が多いため、国内外からたくさんの観光客が訪れて撮影し、インスタグラムやFacebook、Twitterなどに写真を掲載しています。そう、インスタグラムの聖地にもなっているのです。

そんなOTCには、日本のアイドルグループとして著名なSMAPの元メンバー、香取慎吾さんが描いたストリートアートがあるのをご存知でしょうか。しかもこの絵は誰でも見られるパブリックアートとして公開されているのです。

この絵を完成させるため香取慎吾さんは香港に渡航。1日6時間、3日間も描き続け、合計18時間をかけて完成させた力作です。Hollywood Road(荷李活道)と、坂道のShelley Street(些利街)が交差する場所の壁に描かれていて、多くの人たちが行き来する活気ある場所にあります。

香取慎吾さんは20年前に香港で映画の撮影をしたことがあり、当時から香港で「大口仔」(大きなお口の男の子)と呼ばれているそうです。そんな縁もあって、この絵のタイトルは「大きなお口の龍の子」(大口龍仔)に。彼は「この絵で色々な人にパワーや与えたい」と話しています。

そのためここは日本のファンのみならず、アジアのファンの聖地になりつつあります。実際に現地で絵を見てみると、赤を基調としたそのダイナミックな作品からは、エネルギーを感じることができました。これは確かにパワーを得られる絵です!

大きなお口の龍の子(大口龍仔)
住所: Marks & Spencer Food, 中環 香港(建業榮基中心 / マークス&スペンサーの横)
時間: いつでも見られます
休日: いつでも見られます
最寄駅: 中環駅 香港駅 / ほか上環駅からも徒歩圏内


hongkong-katori-shingo4
hongkong-katori-shingo
hk01
hongkong-old-town-central20

1 2 3次のページ
Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。