歌丸追悼大喜利 円楽の「じじい!早すぎるんだよ!!」に視聴者涙腺崩壊「最大級の愛情表現」

access_time create folderエンタメ
1

7月8日放送の『笑点』は、慢性閉塞性肺疾患で逝去された桂歌丸師匠を偲ぶ、追悼大喜利が行われた。

この日の「歌丸師匠ありがとう大喜利」は、歌丸師匠が喜びそうな答えであれば座布団を獲得、怒りそうな答えは座布団を没収されてしまうというもの。この説明を聞いて、これまで散々歌丸師匠に毒づいてきた6代目 三遊亭 円楽師匠が「俺、貰えそうもねえな(笑)」と一言。

笑点メンバーは、それぞれ歌丸師匠との思い出を交えながらも、楽しい雰囲気の大喜利で会場を笑い声で満たしていった。

途中、「遺言に、次の(笑点の)司会は円楽と書いてくださいましたか?」という円楽師匠の答えから、現司会者の春風亭昇太師匠とのバトルが勃発。「歌丸師匠、天国に行く前にあいつ(円楽)なんとかしてください」(昇太師匠)、「歌丸師匠、つまらない答えでもフォローして笑いにもっていってくれてありがとうございました。昇太にはそれが出来ないんですよ!」(円楽)など、2人のバトルで会場を沸かせる場面も。

そしてラストに手を挙げた円楽師匠。「歌丸師匠、私の悪口を優しく受け止めてくれて、罵詈雑言にも耐えていただいてありがとうございました。最後に一言言わせてください。じじい!早すぎるんだよ!!」と声を張り上げると、眉間にシワを寄せ、唇をかみしめて涙をこらえた。

最後の円楽師匠の愛を感じる罵倒にSNSでは、

・こんなカッコいいリスペクトの仕方ってある?
・「じじい、早すぎるんだよ!」に泣き笑い
・歌丸師匠への想いが現れた素晴らしい、素敵な「罵詈雑言」でした。
・最大級の愛情表現
・円楽の歌丸弄り二度と見られないと思うとなんか寂しい
・円楽さんの本心が詰まってるのを感じて、号泣してしまった…。
・笑点らしい最後で良かった。
・感動しかありませんでした。涙が一気に流れた!

と、この一言に思わず涙腺を刺激された視聴者が続出した。

※画像は『笑点 放送50周年特別記念展』のもの。

関連記事:
看護師さん常駐は事実! 小ネタ満載『笑点 放送50周年特別記念展』レポート
https://getnews.jp/archives/1452436

access_time create folderエンタメ
ぽん

ぽん

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧