ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

松本人志さん本人も反応!? 週刊文春「好きな芸人」「嫌いな芸人」アンケートが募集スタート

matsu

『週刊文春』「好きな芸人」「嫌いな芸人」アンケートが今年も募集スタートした。

同企画は2017年に始まったもので、最新のお笑い芸人の好感度ランキングを文春メルマガ読者の投票で決定しようというもの。

第1回の「好きな芸人」ベスト5は上位から明石家さんまさん、タモリさん、ダウンタウン、サンドウィッチマン、ビートたけしさん、「嫌いな芸人」ワースト5は上位からダウンタウン、明石家さんまさん、とんねるず、雨上がり決死隊、オリエンタルラジオだったが、芸風やスキャンダルの有無が絶妙に作用したランキングになっていて興味深い。

当の芸人たちにとってもこのアンケートは気にかかるようで、前回「好きな芸人」にも「嫌いな芸人」にも上位ノミネートされたダウンタウンの松本人志さんは7月6日にあらためて自身の『Twitter』上で

「ダウンタウン。
嫌いな芸人一位。
好きな芸人三位。
なるほどね〜 なるほど なるほど。」

と発言している。

毒のある笑いを追求してきたダウンタウンにとって第1回アンケートの結果はむしろ勲章。かなりあることを『Twitter』を投稿する松本さんは自らの影響力を再確認し、ほくそ笑んでいたのではないだろうか。

ともあれ芸人やタレントの好感度は日々変化していゆくもの。

第2回目の今回がどんな結果になるか楽しみだ。

なお当アンケートでは参加者の中から抽選で10名に商品券1万円分が贈呈されるとのこと。

普段感じている芸人の好き嫌いを世間にぶつけられて、しかもお小遣いまでもらえるなんてまたとない機会ではないか。

応募〆切は2018年8月31日18時。

その他の詳細は文春オンラインの企画ページからご覧いただけるので、我こそはという方はふるってご参加いただきたい。

緊急アンケート「好きな芸人」「嫌いな芸人」2018 募集開始!(文春オンライン)
http://bunshun.jp/articles/-/8024 [リンク]

※画像は『Twitter』より
hhttps://twitter.com/matsu_bouzu/status/1015273539719446528 [リンク]

中将タカノリの記事一覧をみる

記者:

1984年生まれ。奈良市出身のシンガーソングライター、音楽・芸能評論家。加賀テツヤ(リンド&リンダース)の誘いで2005年にデビュー。音楽活動、タレント活動、執筆活動と多岐にわたる分野で活躍している。代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)。2016年からキャラクター、音楽制作を務める「うえほんまち ハイハイタウン」CMが放送開始。日本酒が好き。

ウェブサイト: http://chujyo-takanori.com

TwitterID: chujyo_takanori

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき