ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

表紙かっけえぇぇーっ! 『少年ジャンプ』50周年記念号が永久保存確定! 『こち亀』復活掲載も

wj33

今年で創刊50周年を迎える『週刊少年ジャンプ』(集英社)。7月14日(土)発売の同誌33号は、「創刊50周年記念特大号」と銘打ち、表紙も中身も超豪華な記念企画が目白押しです!

夢のコラボが実現

まず目に付くのはハッピーな雰囲気あふれる表紙。連載作家陣が、自身の作品のキャラクターと歴代ジャンプ作品で好きなキャラクターを並べての描き下ろしを掲載しています。

wj33

ルフィと孫悟空。緑谷出久とナルト。アスタと飛影。日向翔陽とカスケード(!)。表紙は折り返し仕様になっており、めくるとさらに多くのキャラクターが描かれているそうです。

特別読切が豪華

HyperFocal

『BLEACH』の久保帯人先生が贈る新作読切『BURN THE WITCH』が62ページもの大ボリュームで掲載される他、2017年9月以来の掲載となる『こちら葛飾区亀有公園前派出所』がセンターカラーで復活。

さらに、『DRAGON BALL』の鳥山明先生と『SLAM DUNK』の井上雄彦先生による対談企画が実現。レジェンド作家の2名が、連載当時の思い出や、それぞれの作品に対する思いを語り尽くします。

「描きおろし直筆サイン色紙」プレゼントも

jump50_shikishi

創刊当初から現在連載中の作家のうち、総勢110名から寄せられた直筆サイン色紙101枚を大公開。創刊50周年をお祝いする描き下ろし色紙は、誌面だけでなく公式サイトでも見ることができます。

jump50_mark

また、「漫画に隠された海賊マークを探せ!!」という企画では、連載陣がオリジナルで作った「ジャンプ海賊マーク」をそれぞれの作中から探し出し、見つけた場所を記入して応募すると、抽選で世界に一枚の「歴代漫画家直筆サイン色紙」や記念クリアファイルが当たるキャンペーンも。

記念企画が満載の「創刊50周年記念特大号」。これは永久保存版としてゲットしておきたい!

集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト:
https://www.shonenjump.com
※色紙公開ページは7月14日(土)AM0時公開

(c)週刊少年ジャンプ2018年33号/集英社
(c)尾田栄一郎/集英社
(c)尾田栄一郎/集英社
(c)バードスタジオ/集英社
(c)荒木飛呂彦 & LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
(c)桂正和/集英社
(c)許斐 剛/集英社
(c)空知英秋/集英社
(c)古舘春一/集英社
(c)堀越耕平/集英社
(c)久保帯人/集英社

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。