ドリンクと同じボタンを押すと12時に弁当を配達してくれる! サントリー×ぐるなびが新デリバリーサービス『宅弁』をスタート

access_time create folder生活・趣味
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サントリービバレッジソリューションとぐるなびが、オフィスの自動販売機でランチの弁当を購入・配達してくれるサービス『宅弁』を開始。まずは東京都中央区・港区・千代田区・品川区からスタートし、対象地域を順次拡大していく方針を示しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『宅弁』の注文方法は至ってシンプル。午前10時までに700円お金を入れて自販機のドリンクと同じボタンを押すだけです。これでぐるなびがコーディネートした飲食店に注文された弁当の個数がFAXで送られます。

ぐるなびによると、飲食店は開店前の時間に弁当を仕込むことができるので、人員を増やすことなく参入することができるとのこと。配達コストもまとまった注文が見込めるため低く抑えることができるとしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『宅弁』を購入すると、その証としてコインがおつり受けに出てきます。このコインはそのままドリンクの10円引き用として使うことができるようになっています。なんともアナログですが、ITリテラシーの高くない層、特に50~60歳台の従業員が多い会社でも戸惑うことなく導入できそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お弁当は、12時に指定の場所へまとめて置かれることになります。オフィスタワーの高層階でエレベーターが混雑し、ランチ休憩のうち20分が買い物になってしまうといった環境だと導入のメリットがありそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

弁当は基本日替わり。ぐるなびが導入企業の近隣レストランをチョイスし、日によって違ったメニューを楽しめるようにするとしています。700円という値段の割におトク感のある弁当を出かけることなく楽しむことができるというのもポイントでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ランチ休憩で外に出るのがおっくう、というオフィスワーカーにとってはボタンを押すだけで購入・配達してくれる『宅弁』は魅力。サントリーによると、目標台数は1000台。企業にとっても飲食店にとっても導入コストが低いというメリットもあり、新たなデリバリー形態として期待されます。

『宅弁』ホームページ
https://delivery.gnavi.co.jp/premium/takuben/ [リンク]

access_time create folder生活・趣味

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://parsleymood.net/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧