ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

川本三郎はサブカルチュアの世界を生き抜いてきたクリント・イーストウッドである(『映画の中にある如く』発売記念対談ロングヴァージョン<前篇>)

“現役最長不倒ランナー”

——映画雑誌『キネマ旬報』の長期連載「映画を見ればわかること」をまとめた川本三郎著『映画の中にある如く』が2月に刊行されました。今回は、長年“川本三郎本”を愛読されてきた北沢夏音氏と渡部幻氏に川本三郎さんの文章を“読むことの楽しみと驚き”について伺ってみたいと思います。

北沢 川本三郎さんのご著書は、最近出たものだけでも、すごい数がありますよね(単著だけで17年2冊、16年1冊、15年6冊……さらに共著が多数……)。 “現役最長不倒ランナー”のような持久力で、最初の単行本『朝日のようにさわやかに 映画ランダム・ノート』(77年、筑摩書房)以後ずっと新刊を出し続けていらっしゃいます。

渡部 ちょっとクリント・イーストウッドみたいですね。イーストウッドは映画監督として、1971年から毎年のように多彩なジャンルの作品を発表してきました。一見すると、あまりにも難なく撮れているように思えるので、つい当然のことのように受け取りそうになるのですが、実際には圧倒的な仕事量で、他の追随を許さない。川本さんもまた長期間に渡って、映画、文学、漫画などジャンルを越えた批評活動を継続されてきましたが、これはとてつもないことですよね。

北沢 まさに。川本さんは、日本のサブカルチュアの世界を生き抜いてきたクリント・イーストウッドである。しかも、作品のクオリティが“高止まり”したまま驚異的な打率を残しているところも共通している。最近は“ノスタルジックな和モノ“の紹介者としての印象が強いかもしれませんが、実際の川本さんはアメリカ文化をはじめ、多彩なテーマについて論評されています。川本さんは、“サブカルチュアの最良の水先案内人”といっても過言ではない書き手のひとりなんです。

渡部 サブカルチュアといっても、ジャンルを横断するだけでなく、その森の奥に分け入り、作品の作者や登場人物の人生に触れながら書かれているので、文章が古びないですね。

北沢 川本さんの文章は時代に寄りすぎない。媚びも売らない。だから時代が変わっても鮮度が落ちないんです。また、僕が物書きの端くれとして思うのは、川本さんの文章はその巧みさがさりげなく提出されていて、あまりにもスムーズに読めるので、「川本三郎さんの凄さが多くの読者に本当に伝わっているんだろうか?」と心配になるくらいです。

渡部 そうですね。

北沢 「上手な文章」をこれみよがしに差し出すのではなく、ものすごく中身が詰まっているのにリーダブルだから、読者はその「重み」に圧倒されることなく安らかに読み進むことができる。だけど読後、確実に残るものがあるはずなんですよ。僕は文章家として、川本さんをすごく尊敬しているんです。

渡部 ぼくは川本さんの文章を通じて、一本の映画のなかに込められたディテールの豊かさに気づかされました。たとえば、新刊の『映画の中にある如く』には「映画の中の文学」という章がありますが、ここでダグラス・サーク監督の「翼に賭ける命」(57年)が取り上げられています。主演のドロシー・マローンが、2010年に翻訳されたウィラ・キャザーの小説『マイ・アントニーア』を読んでいる場面があり、それはマローン扮する女性が「アメリカ中西部のスモールタウンの出身だということをあらわしている」(253頁)と指摘する。これを読んだあと、DVDでその場面を観直しましたが、知らないで観ていたときとはひと味もふた味もちがって見えてくる。ここに、川本さんの横断的な批評文の醍醐味があります。ひとつの文章のなかにいくつものディテールがちりばめられていて、一度読んだだけではとても受けとめきれない分量ですが、言葉に心地よいリズム感があって、二度、三度と読み返したくなる。「翼に賭ける命」と同様、そこであらためて気づかされることがたくさんあるんです。

北沢 ディテールに注目する、という観点から“現役最長不倒ランナー”としてのキャリアを振り返ってみると、川本さんは“走路”を時代に合わせて選んだわけではないのに、時代が求めるものと元来の資質が図らずも一致して“追い風”が吹いた、という仮説が立てられるのではないかと思うんです。川本さんの旺盛な執筆活動の端緒となった70年代は、60年代に燃え盛った反体制運動や若者たちの“叛乱”が下火になっていく“後退戦”の時代。それを戦っていた同時代の書き手のひとりとして、僕は『幻覚の共和国』(晶文社、71年)『俺たちのアメリカ』(講談社、76年)などの著者、金坂健二さんを想起します。

渡部 北沢さんは雑誌『スペクテイター』(エディトリアル・デパートメント)で、金坂さんの評伝を書かれていましたね。

北沢 川本さんより10歳年上の金坂さんは、松竹映画国際部で城戸四郎社長付きの通訳を務めた後、61年に渡米してアンダーグラウンド・シネマの勃興に触れたのを機に、自ら実験映画を製作する傍ら、『映画評論』(映画出版社)編集長の佐藤重臣さんと共に日本における“アングラの伝道師”的な役割を担い、“アングラ・サイケ”全盛の60年代後半には時代の寵児というべき活躍ぶりで注目を集めます。70年代以降は、“地下のアメリカ”を至近距離からレポートする写真家/ジャーナリストとしてディープな取材活動を続けていきます。

渡部 金坂さんは『キネマ旬報』にもスリリングな現地報告や映画評を度々寄稿していました。つんのめるような独特の文体に異様な迫力があって、年少のキネ旬読者だったぼくの目にも刺激的な存在でした。面白かったなあ。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy