トム・ホランド、映画『スパイダーマン:ホームカミング』の続編映画のタイトルを明かす

access_time create folder映画

6月23日(現地時間)、映画『スパイダーマン:ホームカミング』に主演したトム・ホランドが、続編映画のタイトルを自身のインスタグラムで偶然に明かした。ホランドが見せた脚本の表面には、映画『Spider-Man: Far From Home(原題)』と書かれていた。

この暴露が本当に偶然であったかどうかは議論の余地がある。マーベルが、プレスツアーの最中にホランドにネタバレするように仕向けたこともあり得る。動画には、「発表がなくてごめんなさい。でもみんなを愛している」という気の利いたキャプションが付けられていた。

『Spider-Man: Far From Home(原題)』は、マーベルの次回作となる映画『Avengers 4(原題)』の2ヶ月後の2019年7月5日に米劇場公開する。ピーター・パーカーがインフィニティ・ウォーの後遺症に取り組む以外の詳細はほとんど明かされていない。

続編では、ジェイク・ギレンホールが悪役ミステリオを演じる。クリス・マッケーナとエリック・ソマーズが脚本を手掛け、『スパイダーマン:ホームカミング』のジョン・ワッツが再び監督を務める。

『スパイダーマン:ホームカミング』は、マーベルの中でも重要な作品で、全世界で8億8800万ドルの興行総収入を記録した。

マーベルの次回作は、7月6日に米劇場公開する映画『アントマン&ワスプ』だ。2019年3月8日に米劇場公開するブリー・ラーソン主演の映画『Captain Marvel(原題)』の後には、2019年5月に米劇場公開される『Avengers 4(原題)』が控えている。

Sorry for no announcements, but I love you guys ♥️

✌️さん(@tomholland2013)がシェアした投稿 –

access_time create folder映画

Variety Japan

110年間、映画、テレビ、音楽、演劇、デジタルメディアなどを 強力にサポートしてきたメディア「Variety」の日本語版

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧