ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『ホーム・アローン』でケビンが仕掛けたトラップ(罠)を再現したパラパラ漫画

クリスマスはまだまだ先の話ですが、クリスマスシーズンになるとマライア・キャリーの『恋人たちのクリスマス(All I Want for Christmas Is You)』や、ワム!の『ラスト・クリスマス(Last Christmas)』といった曲を、何かの洗脳じゃないかと思えるくらい街中で耳にします。テレビでも毎年のように映画『ホーム・アローン』シリーズが放送されたりします。

『ホーム・アローン』と言えば、クリスマスの家族旅行から取り残された主人公のケビンが1人で留守番をしながら、泥棒を撃退するコメディーですが、泥棒を撃退するためにケビンが家中に仕掛けたトラップ(罠)が見どころだったりします。そのトラップを再現したパラパラ漫画が『YouTube』で公開されています。作者のtheflippistが36時間かけて作ったというパラパラ漫画がこちらです。

Every Home Alone Booby Trap (as a flipbook) (YouTube)
https://youtu.be/lgAPVXqbqEA

熱々ドアノブ、ツルツル階段、タール&釘階段、アイロン電球、火炎放射ドア、羽扇風機、ミニカーすべり、まきびしクリスマスオーナメント、ペンキ缶、足ひっかけコード、タランチュラ、綱渡りのロープカットなどほぼ全てのトラップが再現されていますね。

ドアを開けようとするとドアノブが熱い。熱過ぎてヤケド。

ドアを開けたら、火炎放射器でさらに熱い。毛がチリチリに。

古いギャング映画のセリフと銃声を使ってピザ配達の若い男性をおどかすシーンがあるのですが、その時のセリフ”Ya Filthy Animals!(日本語だと「このブタ野郎」みたいな感じ)”で締めました。

クォリティの高いパラパラ漫画で知られる鉄拳さんほどの画力ではありませんが、『ホーム・アローン』ファンにとっては思い入れのあるシーンばかりのパラパラ漫画でした。

※画像:『YouTube』より引用
https://www.youtube.com/watch?v=lgAPVXqbqEA

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。