サム・メンデス、第一次世界大戦を描く映画『1917(原題)』の監督へ

access_time create folder映画

スティーヴン・スピルバーグ率いるアンブリン・パートナーズが、第一次世界大戦を描く映画『1917(原題)』をオークションで獲得し、出資することが決まった。サム・メンデスが監督を務める。

同作は2019年4月に製作を開始し、2019年12月に米ユニバーサル・ピクチャーズの配給のもとで米劇場公開する予定だ。メンデス監督は、クリスティ・ウィルソン=ケアンズと共に自身の初となる脚本も手掛ける。また、自身が率いるニール・ストリート・プロダクションズのパートナーのピッパ・ハリスと共にプロデュースも手掛ける。

スティーヴン・スピルバーグは、「同社はサムにとって初作品以来のホームです」「私はサムが新しいストーリーを持って戻って来ることを嬉しく思います。特にこのような非常に大胆で野心的な映画と共にね」と、語った。

第一次世界大戦が舞台であること以外は、ストーリーの詳細は明かされていない。

メンデス監督は、「ドナ・ラングレー、米ユニバーサルと共にアンブリンとスティーヴン・スピルバーグのもとに戻って仕事をすること以上の幸せはありません。1年以上かけて脚本に取り組んできました。映画を現実のものにするのに非常に興奮しています」と、語った。

メンデス監督にとって、ジェームズ・ボンド映画『007 スカイフォール』と映画『007 スペクター』の以来の映画作品となる。メンデス監督はロンドンの劇場で仕事をしており、最近ではロンドンでの舞台『The Ferryman(原題)』を手掛けた。

CAAメディア・ファイナンスが同作の映画化の契約を仲介した。メンデス監督は、CAAと代理人契約を結んでいる。デッドライン・ハリウッドが最初にこのニュースを報じた。

access_time create folder映画

Variety Japan

110年間、映画、テレビ、音楽、演劇、デジタルメディアなどを 強力にサポートしてきたメディア「Variety」の日本語版

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧