賃貸アパートでルンバってうるさい? 騒音・苦情を防止して快適に使う方法

access_time create folder生活・趣味

賃貸アパートで「ルンバ」を使う際の注意点

ボタンひとつで床の掃除を自動で行ってくれるロボット掃除機。なかでもiRobot社が製造・販売しているルンバはその代名詞ともいえる存在だ。

掃除の手間を省く便利な機能を備えている「ルンバ」はその反面、アパートで使用する際の運転音が他の入居者からのクレームにつながってしまう恐れがある。そこで、ルンバの運転音は一般的な掃除機よりも大きいのか、ルンバの音が問題になりやすい理由や苦情防止策などについてまとめた。
アパートでルンバ

便利な機能を多数備えた「ルンバ」。賃貸アパートで騒音の原因になるのだろうか?アパートでルンバの運転音が問題になりやすいのはなぜ?

iRobot社の公式ホームページでは運転音の測定値は公表していないが、一般的に普通の掃除機と変わらない、むしろ静かとも言われている。ではなぜ、アパートでルンバの音が問題になりやすいのか?理由は大きく分けて2つある。問題になりやすい点①:稼働時間の長さ

人間が一般的な掃除機をかけるときにかかる時間は、通常10分~20分程度。丁寧な人でも1時間もの間、掃除機を止めることなくかけ続けるというケースは少ないだろう。「ちょっとうるさいな」と感じていても、そのうち掃除が終わって音が止むので、たいして気に留めない人が多いと考えられる。

一方、ルンバは機種にもよるが、1~2時間程度稼働し続けるものが多い。普通の掃除機よりも掃除に時間がかかり、掃除機の音が長く続くため不快に感じやすいのだ。問題になりやすい点②:稼働時刻

もう一つは、ルンバを早朝や深夜に稼働するようにセットしているケース。早朝や深夜は寝静まっている家庭が多く、周囲が静かなため音を大きく感じやすい。問題になりやすい点③:壁にぶつかった際の音

また、アパートではルンバが壁に当たる音が隣の居室に響き、うるさく感じる可能性もありそうだ。実際、以前に販売されていた機種は、壁にぶつかる音が響きやすいと言われていた。

ただ、最新の機種ではこの問題点は解消されている。センサーが壁や家具などを感知すると自動で速度を落とす「ソフトタッチバンパー機能」が搭載され、壁への衝撃が緩和されているのだ。アパートでルンバの苦情を防ぐには?アパートでルンバを快適に使うポイント①:運転時刻は日中に設定しよう!

アパートでルンバを使用することによる隣人トラブルを避けるには、まず注意したいのが稼働時間。洗濯機などと同様に、ルンバも深夜や早朝の使用は避けよう。

日中も在宅している人は、買い物などの外出時にルンバのスイッチを入れるのがおすすめ。朝早くに出かけて夜遅くに帰宅する人は、スケジュール機能を活用して、日中に稼働するようにタイマーセットしておくと便利。現在販売されている商品では、ルンバ600シリーズの「ルンバ641」以外のすべての機種にスケジュール機能が搭載されている。スケジュール機能付きの「ルンバ」おすすめ機種

●アイロボット ロボット掃除機 ルンバ691【国内仕様正規品】 R691060 +Amazon Echo (Newモデル)、チャコール (ファブリック)
アイロボット ロボット掃除機 ルンバ691【国内仕様正規品】 R691060 +Amazon Echo (Newモデル)、チャコール (ファブリック)

スタンダードモデルの600シリーズのなかでも、ルンバ690はスケジュール機能を搭載しているアパートでルンバを快適に使うポイント②:稼働時間が短い機種を選ぼう!

値段は張るが、機種による違いもある上位モデルのルンバ900シリーズには、「iAdapt 2.0 ビジュアルローカリゼーション」が搭載され、同じ時間でより広範囲を掃除することが可能。カメラとフロアトラッキングセンサーなどにより空間をマッピングし、効率よく漏れなく掃除できる。アパートでの苦情防止のため稼働時間を短くするには、上位機種を買うことも選択肢となる。

ただし、ルンバ900シリーズの中でも最上位機種の「ルンバ980」に搭載されているカーペットブースト機能を使うときには注意が必要。「オート」に設定していると、カーペットが敷かれている場所では、自動的に吸引力が強くなって、稼働音が大きくなる。カーペット以外の場所でも、ルンバがカーペットブーストが必要と判断するとオンになるため、音の大きい状態で長時間運転し続けることも起こり得る。アパートでカーペットブースト機能を使うときには設定を確認しておこう。「iAdapt 2.0 ビジュアルローカリゼーション」搭載の「ルンバ」おすすめ機種

●アイロボット ロボット掃除機 ルンバ961【国内仕様正規品】 R961060 +Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック
アイロボット ロボット掃除機 ルンバ961【国内仕様正規品】 R961060 +Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック

上位機種の900シリーズは「iAdapt 2.0 ビジュアルローカリゼーション」を搭載。ルンバ自身が今どこにいるのか、部屋のどこがまだ清掃されていないのかを高精度に判断するアパートでルンバを快適に使うポイント③:家具のレイアウトを工夫しよう

ルンバは家具などをよけて掃除するが、障害物が多いとよけるために使う時間が増えるため、稼働時間が長くなる要因になる。ルンバを使う前に、たとえば、ダイニングセットの椅子をテーブルの上に返して載せておくなどして、稼働時間を短縮することもおすすめ。

また、もともと家具が少なく、凹凸なくフラットに並べられた部屋の方が掃除しやすい。そのため、ルンバの稼働時間を抑えるには家具配置もポイントとなる。

まず、壁際に置く家具は奥行きを揃えて、部屋の角から並べておこう。また、部屋の広さに合った家具の量に抑えること。家具が多く、床が見えるスペースが少ないような状態では、ルンバが稼働しにくいのだ。たとえば、ダイニングセットの椅子が引きにくい、収納を開けるには椅子をどかさなければならないような状態では、人もルンバも暮らしにくいといえよう。
ルンバの騒音を防止するために、家具の配置を工夫して稼働時間を短くよう

家具の配置を工夫して、ルンバの稼働時間を短くしようアパートでルンバと上手に暮らそう

ルンバの運転音は一般的な掃除機と比べて大きいわけではないため、アパートでルンバによる苦情を防ぐには使い方が問題となる。今回紹介したように、日中に稼働させておけば、帰宅時に部屋がきれいになっていて気持ちよい。また、すっきりレイアウトされた部屋は広く見えるというメリットもあるので、ルンバを使いやすい部屋は人間にとっても快適な空間といえそうだ。ルンバを上手に活用し、快適なアパート暮らしを実現しよう。

文=yui(SAGOJO)

access_time create folder生活・趣味
local_offer

CHINTAI情報局

お部屋探しから暮らし方のご提案・賃貸物件の面白情報まで毎日更新中!

ウェブサイト: http://www.chintai.net/news/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧