体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インスタグラマーが実践する写真加工のやり方

photo by hossakuraworld

これもまた、かなり便利なので是非活用してみてください。

あとは、再度、画像を補正して、ほんのすこしだけHDR風加工(よりアートっぽい印象になるので、独特の雰囲気を出せますが、やりすぎると写真というより絵のような感じになるのでやりすぎ注意です)をかけて加工終了です。

photo by hossakuraworld

はじめに撮影した写真とは、だいぶん印象が変わりました。

photo by hossakuraworld

この投稿では、インスタグラムでも1000以上のいいねを獲得することができました。

hossakuraworld@新婚旅行で世界一周さん(@hossakuraworld)がシェアした投稿 – 2018年 4月月12日午前12時46分PDT

 

VSCO

VSCO

VSCO
開発元:Visual Supply Company
無料
posted withアプリーチ

インスタグラマーが実践する写真加工のやり方
インスタグラマーが実践する写真加工のやり方

インスタにこだわる人ならきっとほとんどの人がインストールしている定番のアプリ「VSCO」。これひとつ、ワンタッチで、あっという間にフォトジェニック感が出せちゃう優秀なアプリです。写真の加工初心者の方も、まずVSCOとっとけばまちがいなしです。

そんなVSCOのよさは、なんといっても、フィルターの豊富さとそのクオリティーです。わたしの好きなフォルターは 「A6(無料)」「C1(無料)」「M5(有料)」あたり。
A6:アナログフィルムっぽくなる。
C1:青が鮮やに、コントラストくっきりだけど、ちょっとくすんだ感じになる。
M5:海外のインスタグラマーがよく使っていて、ヴィンテージっぽい印象になる。

他にも、その時の写真の雰囲気や色味に合わせて、いろんなフィルターを使っていますが、 毎回、同じフィルターで統一するというのも簡単に統一感を出せる方法です。

 

A6フィルター


photo by https://vsco.co

落ち着いた雰囲気を出したい人にオススメのフィルターです。 彩度低めの大人な印象になりますよね。

 

C1フィルター


photo by https://vsco.co

青色が鮮やかになるので、海の写真なんかを加工するのにもピッタリのフィルターです。

 

M5フィルター


photo by https://vsco.co

わたしが最近一番よく使っているM5フィルター。 ヴィンテージっぽいイメージを出したい時にオススメのフィルターです。

 

まとめ

photo by hossakuraworld

そんなわけで、今回は、実際にわたしが活用している写真加工アプリの使い方を具体的に説明してみましたが、いかがでしたでしょうか?

自分の好みに合わせて、自分だけの雰囲気を作り出していけるのって、すごくワクワクしませんか?

今回の記事を参考にしながら、自分だけのオリジナルな世界観を作り出してみてくださいね。

hossakuraworld@新婚旅行で世界一周さん(@hossakuraworld)がシェアした投稿 – 2018年 1月月17日午後11時28分PST

関連記事リンク(外部サイト)

最新ガジェットが10%OFFでレンタル!今年は「冬景色」をきれいに切り撮ろう
海外旅行に持っていきたいカメラアイテム11選
ウユニ塩湖がトートバックになった
世界一周フォトグラファーが厳選!絶景写真を撮れるカメラアイテム5選

前のページ 1 2 3
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。