体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【兵庫】2018夏「ひとり旅」おすすめ観光スポット20選!定番から穴場まで

【兵庫】2018夏「ひとり旅」おすすめ観光スポット20選!定番から穴場まで hitoritabi

観光もグルメも絶景もぜ~んぶ独り占め!今年の夏は兵庫へひとり旅に出よう!南京町グルメやメリケンパーク、有馬温泉など兵庫にしかないおすすめスポットが沢山!のんびり気ままに過ごすひとり旅で、心も身体も癒されること間違いなし

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

1.賑わい商店街 賑わい商店街 魚の棚

賑わい商店街 魚の棚出典:じゃらん 観光ガイド 賑わい商店街 魚の棚

海の幸が豊富な商店街「うぉんたな」は古くから賑わう町自慢のスポットだ。昔、魚の商人が軒先に大きな板を並べ、魚の鮮度を保つために水を流していた様子から愛称が付けられたという。明石で水揚げされた魚が店頭に並ぶのは正午過ぎなので「昼網(ひるあみ)」とも呼ばれている。

アーケードには、新鮮な海の幸や塩干物、練り製品などの100軒余の店が建ち並ぶ。鮮魚以外にも名物の明石焼き(玉子焼き)の店や食堂、居酒屋もあり、観光客や地元客で賑わっている。

\口コミ ピックアップ/

休日だったので、朝からとても活気がありました。新鮮な魚や貝など食べ歩きできたり楽しかったです。明石焼きはおすすめです。

(行った時期:2018年4月) 賑わい商店街 魚の棚

住所/明石市本町1丁目

「賑わい商店街 魚の棚」の詳細はこちら

2.宝塚大劇場

宝塚大劇場出典:じゃらん 観光ガイド 宝塚大劇場

大正3(1914)年4月の初公演以来、華麗な夢の世界を創り出してきたタカラヅカ。現在では「花」「月」「雪」「星」「宙(そら)」の5組が、年間を通じて交代で公演を行っています。オーケストラの生演奏をバックに繰り広げられる豪華なステージが、多くのファンを魅了し続けています。

\口コミ ピックアップ/

宝塚が大好きな友人と一緒に行きました。

初めての舞台でしたが、とても豪華絢爛で感動しました。

また行きたいです。

(行った時期:2018年5月)

一度は入ってみたかった大劇場。広くて、レストランやショップもたくさんあって、夢のような時間を過ごすことができました。

(行った時期:2018年5月) 宝塚大劇場

住所/兵庫県宝塚市栄町1-1-57

「宝塚大劇場」の詳細はこちら

3.姫路城

姫路城出典:じゃらん 観光ガイド 姫路城

白漆喰の城壁とその優美な姿から「白鷺城」の愛称で親しまれ、世界文化遺産に登録されている「姫路城」。

約5年半に及ぶ大天守保存修理を経て、平成27年3月27日(金)から大天守の一般公開が始まります。

白く輝く姫路城をぜひご覧ください。

\口コミ ピックアップ/

近くなので定期的に行きます。お城はそばで見ると圧巻の美しさと迫力です。特に春は、お城と綺麗な桜のコラボレーションが見られるのでおすすめです!

(行った時期:2018年5月)

今まで色々な城を見てきましたが姫路城は群を抜いて美しく迫力のあるお城だと思います。

姫路城周囲の整備も徹底されているようで、ゴミひとつない観光地でした。気持ちよく観光できました。

(行った時期:2018年5月) 姫路城

住所/兵庫県姫路市本町68

「姫路城」の詳細はこちら

4.まねきダイニング

まねきダイニング出典:じゃらん 観光ガイド まねきダイニング

\口コミ ピックアップ/

きつねそばがとても美味しかったです!あげにダシが染み込んでいて、また食べたいと思える味でした!食べたい!

(行った時期:2018年3月)

駅構内にあるので、時間がない方でも手早く食べられます。メニューは種類豊富で、何度通っても飽きないです。

(行った時期:2018年1月) まねきダイニング

住所/兵庫県姫路市駅前町188-1JR姫路駅構内

「まねきダイニング」の詳細はこちら

5.有馬温泉

有馬温泉出典:じゃらん 観光ガイド 有馬温泉

1300年の歴史を誇る温泉で、大阪から1時間、三宮からなら40分ほどの距離。大都会に近いわりには、しっとりとした風情をもつ。温泉神社のある高台からながめると、山合いにびっしりすき間のないほどホテル・旅館が立っている。

本温泉脇から六甲川までの約400m、細いつづれ折りの坂道は有馬本街道。昔ながらの格子戸が並び、道ばたの石の道標などに、昔日の面影が偲ばれる。

有馬の湯には、金泉と銀泉の2つの湯がある。金泉は鉄さび色の朱いお湯。噴き出したときは無色透明なのが、空気に触れるとすぐ酸化して朱くなるわけ。湯をなめると、ずいぶんしょっぱい。海水の2倍もの塩分を含んでいるという。金銀の湯の相乗作用が、胃腸病、婦人病、神経痛さらには「万病にも」効くといわれる。

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。