ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【愛知】2018夏の観光スポットおすすめ48選!定番から穴場まで

【愛知】2018夏の観光スポットおすすめ48選!定番から穴場まで 愛知

暑さ和らぐ涼感スポットから、のんびり過ごせる観光地まで、愛知の夏のお出かけスポットをご紹介。

キャンプ&ハイクに茶臼山高原、BBQ&海水浴の新舞子マリンパーク、沢遊びの岩屋堂公園…

カップルや家族での夏休みレジャーにおすすめのスポット満載です!

※メイン写真はイメージです

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

伊良湖岬

伊良湖岬出典:じゃらん 観光ガイド伊良湖岬

渥美半島の先端で、もと陸軍の大砲試射場。航海の難所として有名だが磯釣りの名所でもある。白い伊良湖岬灯台があり、「潮騒」の舞台神島が眼前に。1998年(平成10年)に「日本の灯台50選」に選ばれた。

\口コミ ピックアップ/

盆のお休みにに伊良湖岬に行って来ました

恋路ヶ浜の砂浜がとてもきれいでまた、灯台や海を見ながら、歩くことが出来て、久しぶりデート気分を味わうことが出来ました。車で10分も走ればメロン狩りが出来る所もあって、美味しくいただきました

(行った時期:2015年8月11日) 伊良湖岬

住所/愛知県田原市伊良湖町

「伊良湖岬」の詳細はこちら

竹島

竹島出典:じゃらん 観光ガイド竹島

三河湾に浮かぶ小島で、島全体に65科238種の暖地性植物が生い茂り、国の天然記念物に指定されている。また陸から387mの竹島橋を渡ると、大鳥居が迎えてくれる。これは島中央にある八百富神社の鳥居で、ここには日本七弁天のひとつである「竹島弁天」がまつられている。島の周囲には遊歩道もある。

島全体が天然記念物に指定される蒲郡の象徴

\口コミ ピックアップ/

開放感があって気持ち良かったです。夏休みに行ったのですが、それなりに人が多くいました。カップル・家族におすすめです。

(行った時期:2017年8月) 竹島

住所/愛知県蒲郡市竹島町3-15

「竹島」の詳細はこちら

魚太郎

魚太郎出典:じゃらん 観光ガイド魚太郎

とれたての海産物を直売。浜焼きとめし処を併設

\口コミ ピックアップ/

屋根がついていて、海の見えるところでバーベキューできます。食材はそこでセルフして買うというシステム。たこめしおいしかったー片付けしなくていいところが魅力です。予約必須ですよ

(行った時期:2013年7月) 魚太郎

住所/愛知県知多郡美浜町大字豊丘字原子32-1

「魚太郎」の詳細はこちら

日間賀島

日間賀島出典:じゃらん 観光ガイド日間賀島

名古屋からいちばん近い島、日間賀島。知多半島の先端、師崎から高速船でわずか10分です。ほのぼのとした島の時間がそこにはあります。ゆっくりと時の流れに身をまかせ、ぼぉーっと過ごせます。

\口コミ ピックアップ/

三河出身なので小さい時よくきていました^ ^

自分の子どもができて久しぶりにきてみるとフェリーもすごい人で昔よりすごく人が多い気がしました^ ^

イルカとは触れ合えるイベントに参加してすごく良い体験をしました!

フェリーと島でのランチがセットのチケットでお得にタコ飯をたべられました!

次回は日帰りでなく、泊まりで必ずきたいとおもいました^ ^

(行った時期:2017年8月) 日間賀島

住所/愛知県知多郡南知多町日間賀島

「日間賀島」の詳細はこちら

茶臼山高原

茶臼山高原出典:じゃらん 観光ガイド茶臼山高原

県営牧場,県茶臼山野外活動ロッジ(0536)87-2316,休暇村茶臼山高原村(0536)87-2334,茶臼山高原山ろく民宿村などがあり,春の新緑,天空の花回廊(芝桜の丘)、夏のキャンプ,秋の紅葉,冬のスキーが楽しめる。

\口コミ ピックアップ/

愛知県の最高峰である茶臼山にひろがる広々とした高原です。四季折々の自然の素晴らしさを感じることができますが、今回は夏の訪問で高原の美味しい空気を満喫できました。

(行った時期:2017年8月) 茶臼山高原

住所/愛知県北設楽郡豊根村坂宇場字御所平

「茶臼山高原」の詳細はこちら

新舞子マリンパーク

新舞子マリンパーク出典:じゃらん 観光ガイド新舞子マリンパーク

新舞子マリンパークは、港湾の環境整備を図るために南5区埋立地の一部を整備し、平成9年(1997年)4月29 日にオープンしました。海の自然にふれ、憩い楽しむことができる海洋性レクリエーションの拠点として、長さ400mの人工海浜(ブルー・サンビーチ)を始め、背後に芝生広場等を整備しています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。