体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アーティスト・沼倉愛美インタビュー『フィールドの違う人たちとの出会いが、今の表現活動に生かされてる』

アーティスト・沼倉愛美インタビュー『フィールドの違う人たちとの出会いが、今の表現活動に生かされてる』 沼倉愛美 声優 アーティスト インタビュー フロム・エー FromA 沼倉愛美 声優 アーティスト インタビュー フロム・エー FromA

アーティスト・声優・役者と幅広く活躍する沼倉愛美さんに、初めてのバイトから、現在の役作りにも役立っているというカフェでのバイトなど貴重なお話をお伺いしました。さらに、現在アニメ『かくりよの宿飯』のエンディングテーマとしても放送中の、新曲「彩-color-」の制作エピソードについてもインタビュー!

“自立”は、たくさんの人の支えがあってこそできるものだと気付いた

――新曲「彩-color-」は、アニメ『かくりよの宿飯』のエンディングテーマですが、どんな思いで作られましたか?

まず何より、アニメ『かくりよの宿飯』の世界観を表現するというのが大前提としてあったので、主人公・葵ちゃんの心情とリンクすることを意識しつつ、その中で、私の気持ちや言葉を表現させていただきました。

――タイトルにもある“彩”という言葉に込めた思いは?

主人公が“かくりよ”という異世界に迷い込んで様々なあやかしと出会い、そこでイチから関係を築いていくことで、自分の居場所を作っていくというお話なんですが、それは現実の世界でもあることだと思うんです。例えば、学年が上がった時、入学した時、就職した時……そういう誰もが共感しやすい状況を描いてみようと思っていました。いろいろな人と関わることで、心が豊かになる、それが“彩られてく心”“彩りがふえてく心”という歌詞にも表れていると思います。

――アニメの世界観と現実へのメッセージがリンクしていますね。

私自身、昨年、初めてのライブツアーをさせていただいたんですけど、その時に、ホントに多くの人に支えられていることを知ったんです。自分のために動いてくれている人が見えないところにもたくさんいてくださるのは、わかっていたつもりだったんですけど、改めてハッとさせられて。そこで感じたのが“支えられていることで、自立することができる”っていうことだったんです。逆説かもしれないですけど、自立することと独りということとは違うんだなと。それを歌詞にできればいいなという思いがありました。“私に居場所をくれた糸”という歌詞は、まさにその思いが表現された部分だと思います。

日常の中に溶け込めるシングルになったと思っています!

沼倉愛美 声優 アーティスト インタビュー フロム・エー FromA

――そしてC/W「RELOAD」、「Chackmate」はそれぞれテイストの違う作品ですね。

今までのシングル曲やアルバムの表題曲はどちらかというと、わりとガツっとした男勝りな曲が多かったんですけど、今回は優しさや柔らかさ、艶っぽさがあり、疾走感や勢いもある、オールマイティな要素が入っている楽曲なので、C/Wではちょっとピンポイントなテイストを入れていってもいいかなと思って、R&Bテイストの「RELOAD」、スカテイストの「Chackmate」を収録しました。

――C/Wも含め、この1枚をどんなふうに聴いてほしいですか?

BGMにしてもらうのがいいのかなと思います。印象的でキャッチーな音たちなんですけど、日常に溶け込んでくれると思うんですよね。お家で掃除しながら、好きなことしながら、何気なく聴いていただける1枚になったと思っています。日常の中でぜひ。

ラーメン屋でのバイトは、メニューを覚えるのに苦労しました

沼倉愛美 声優 アーティスト インタビュー フロム・エー FromA

――では、ここからは沼倉さんのアルバイト経験を伺いたいと思います。

まず、ラーメン屋さん。その後は、靴屋さん、カフェでもアルバイトしました。ラーメン屋さんは高校1年生の時ですね。そのお店に友だちが先に働いていて紹介してくれたので始めました。それにラーメンは好きで、賄いも出るし、いいなと思って(笑)。

――初めてのバイトで大変だったことも?

たくさんのメニューを覚えるのが大変でした。醤油ラーメンひとつをとっても、ネギなのか、チャーシューなのか、ネギチャーシューなのか(笑)。間違ってはいけないので、慣れるまでは何回か失敗もしました。でも、一つ一つ覚えてそこを乗り越えたら、楽しかったですね。忙しいながらも活気があるお店だったので。

――どれくらいの期間されていたんですか?

そのラーメン屋さんは1年ぐらいです。少人数で回していたお店なので、土日に出るのはマストだったんですけど、学生時時代にお休みがなくなってしまうのはちょっと厳しいなぁと思って。なので次は、わりと大きな靴屋さんでアルバイトすることにしたんです。自宅からも近いお店だったので(笑)。そこではスニーカーの担当をしていました。

接客で相手に喜んでもらえたときは“役に立てた”と思えてうれしかった

沼倉愛美 声優 アーティスト インタビュー フロム・エー FromA

――靴屋さんも覚えることがたくさんありそうですね。

ありましたね。まずブランドを覚えること。あとは、その時その時の押しの商品があるので、その商品の情報はまず頭に入れていました。迷っている方がいたらすぐにオススメできるように。毎回、情報は変わっていくので、ちょっと大変ではありましたけど。あとは、セールの時期に店内放送を担当したこともありました。けっこう緊張していたんですけど、“どれだけ噛まずにいえるか?”っていうのは、滑舌の練習の意味も込めて、自分の中での戦いでした(笑)。

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。