ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今年も開催、北の住まい設計社の「夏至祭」は15周年を迎えます

kitanosumai-geshisai-2018_01

マーケットやキャンドルパーティー、音楽会も

2018年6月23日(土)・24日(日)の2日間、北海道・東川の「北の住まい設計社ショールーム 前庭」にて「15th Midsummer Festival」が開催されます。

1年で最も日が長くなる夏至の日を祝って、毎年開催されている北の住まい設計社の恒例イベント。

広々とした前庭で開かれるマーケットのほか、コンサートやワークショップ、持寄りパーティーなどが予定されています。北海道の気持ちのよい気候や、森に囲まれた庭でのキャンドルパーティーなど、この日、ここでしか味わえない雰囲気が何よりの魅力。

ショールーム内ではSTAMP AND DIARYによるポップアップショップとして「訳あり生地のスペシャルセール」も開催されます。

北の住まい設計社といえば、北海道産の無垢材を使って自社工場での家具生産に取り組むこだわりのメーカー。マーケットやイベントへ参加しているショップは全て、そんなスタンスに共感するところばかりで、どのブースでも自然の恵みいっぱいの品々を提供しています。

爽やかでゆったりとした6月の北海道と、北の住まい設計社のオープン&フレンドリーな雰囲気の虜になること間違いなし。お近くの方はもちろん、遠方の方もぜひ訪れてみてください。

kitanosumai-geshisai-2018_02

北の住まい設計社 夏至祭/ガーデンマーケット

夏至祭

日時:2018年6月23日(土)

会場:北の住まい設計社 ショールーム前庭

プログラム:

11:00~ 土田英順さん 復興支援チャリティーコンサート

参加費:1500円

定員:30名

12:30~ 竹かごワークショップ「小さな平かご作り」

参加費:2000円

定員:5名

所要時間:3時間程度

13:30~ ほんもの料理研究家 横山アディナさん「季節のお茶とお話会」

参加費:1000円

定員:15名

所要時間:1時間半程度

15:00~ クリスタルオブジョイ ゴスペルコンサート

17:00~ サンセットパーティー

受付開始:16:00~

参加条件:ひとり一品持寄り+100円

持ち物:お皿、箸、グラス

ガーデンマーケット

日時:2018年6月23日(土)・24日(日) 10:00~16:00

出店者:Coffee Kajita(コーヒー・お菓子) / なりた屋(お米) / けんぶちVIVAマルシェ / GOOD NEIGHBORS’ FINE FOODS(食品) / べにや長谷川商店(まめの販売) / VOSTOK labo(焼き菓子) / North Plain Farm(乳製品) / otocafe & アムトホル(森のはちみつ・木工作品) / liko(ジェラート) / bilancia(イタリアン) / 百姓や(無農薬野菜) / すぎもとファーム(ソーセージ) / Carino Karin & Lucy’s Basket(ブローチ・小物・バスケット) / Moi Suomi(北欧の食器・雑貨) / FIRE SIDE(薪割りワークショップ・アウトドア) / D’arte(ガラス工芸) / lampo(蜜蝋キャンドル) / Treffen(アンティーク食器) / 勝籠(竹かご) …etc

訳あり生地のスペシャルセール

STAMP AND DIARYのPOP UP SHOP

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

ザ・コンランショップに世界のカゴが集合! かごのある暮らしを提案
黒か白のデザイン家具が集結「Black and White」、SOMEWHERE TOKYOで開催
オールド切子が100種類以上! 蚤の市感覚の販売会「COLLECTION MARKET」開催

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。