リース・ウィザースプーン主演の映画『キューティ・ブロンド』シリーズ3作目、2020年のバレンタインデーに公開へ

access_time create folder映画

MGMは、エル・ウッズが2020年のバレンタインデーに戻ってくると明かした。

リース・ウィザースプーンは、映画『キューティ・ブロンド』シリーズ3作目で女子大生が弁護士になる役を再演する。自身が率いる製作会社ハロー・サンシャインを通じてプロデュースも手掛ける予定だ。オリジナル映画をプロデュースしたマーク・プラットが、自身が率いるプラット・プロダクションズの社長アダム・シーゲルと共にプロデュースを手掛ける。

同作の監督はまだ決まっていない。MGMは、キルステン・スミスとカレン・マックラーを脚本家に指名した。マックラーは、2001年のオリジナル版の脚本を手掛けた。

映画『Legally Blonde 3(原題)』は、2020年2月14日に米劇場公開する5作の映画の中のひとつだ。そのうち3作はまだタイトルが決まっていない。同日公開の4作は、米FOXによる映画『Nimona(原題)』、米ユニバーサル・ピクチャーズによるタイトル未定のブラムハウスの映画、米ワーナー・ブラザースによるタイトル未定のDCコミックス作品、米ウォルト・ディズニーによるタイトル未定の実写版映画だ。

『キューティ・ブロンド』は、全世界で1億4280万ドルの興行総収入を記録する大ヒットを収めた。同作は、ハーバード大学で法学部の学位を取り、元カレを取り戻そうとするハツラツとした女子大生を描く。彼女は非常に明るく、常にピンクを身にまとっている。『キューティ・ブロンド』には、ルーク・ウィルソン、セルマ・ブレア、マシュー・デイヴィス、ヴィクター・ガーバー、ジェニファー・クーリッジ、ブーザー役のチワワが出演した。

MGMは、ワシントンD.C.を舞台にした映画『キューティ・ブロンド/ハッピーMAX』を2003年に公開し、全世界で1億2490万ドルの興行総収入を記録した。

『Legally Blonde 3(原題)』の直近のレポートでは、ウィザースプーンはまだ出演交渉中だった。6月7日(現地時間)、ウィザースプーンは自身のインスタグラムに、ピンクのビキニでプールに浮かんでいる姿のビデオを投稿し、『本当よ。#LegallyBlonde3』とコメントした。

access_time create folder映画

Variety Japan

110年間、映画、テレビ、音楽、演劇、デジタルメディアなどを 強力にサポートしてきたメディア「Variety」の日本語版

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧