体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポスティングバイトのコツ!スムーズに進める方法は?

ポスティングバイトのコツ!スムーズに進める方法は? ポスティング 郵便 コツ ポスティング 郵便 コツ

アルバイトでポスティングをするときには、コツをしっかりと押さえておくことが大切です。限られた時間の中で、決められた枚数のチラシをポスティングするためには、作業を効率よく行うことが重要といえるでしょう。この記事では、効率的なポスティングのコツや、ポスティングをするときの注意点などについて解説していきます。

【目次】

広告の効果がアップするポスティングのポイント

ポスティング 郵便 コツ

手にとったときに見やすいよう、向きを考えながら奥までしっかり入れよう

ポスティングの仕方によっては、広告の効果がぐっとアップします。まず、ポスティングでは、チラシをポストの奥まできちんと入れるように心がけましょう。ポストからたくさんのチラシがはみ出していると、見た目も良くありません。加えて、ポストへの投函の仕方が雑であると、ポスティング業者の印象も悪くなってしまうというデメリットもあります。また、チラシがポストから出ているときに雨が降ってくると、チラシを伝ってポストの中の郵便物が濡れてしまう可能性もあります。

他の投函物がない時間帯や新聞配達前を狙おう

次に、ポスティングをするときには、他の投函物のない夜、もしくは新聞が配達される前の早朝が理想的です。他の投函物がない時間にあえてチラシを投函することで、チラシが郵便物などに紛れる心配がなくなり、目を通してもらいやすくなります。

悪天候の日は避け、配布チラシの業種の繁忙期前にタイミングを合わせよう

続いて、悪天候の日のポスティングは避けるのが無難です。雨が降った日にポスティングを行うとチラシが濡れてしまうだけではなく、他の郵便物も雨で濡らしてしまうおそれがあります。さらに、ポスティングの日程にも工夫すると良いでしょう。例えば、飲食店のチラシであれば、祝祭日の直前に配布するなどの工夫が求められます。

 

効率的なポスティングのコツは?

ポスティング 郵便 コツ

チラシを効率的にポスティングすることができるように、作業を手際よく行う方法についても考えておくことが大切です。まず、ポスティングを効率よく行うためには、戸建て住宅を中心にチラシを配るようにしましょう。一般的に、戸建てに住んでいる人の方が世帯人数が多く、購買する機会が多い傾向にあることや、郵便物はひとまず自宅に持って上がることが多いのでポスティングをしたチラシに目を通す可能性が高いことなどが挙げられます。

一方、マンションでは玄関近くにポストの棚があることから、多くのチラシを一度に配布することができるため、一見すると効率よくチラシを投函できると思われがちです。しかし、マンションにはチラシを捨てるゴミ箱が備えられている場合も多く、住民がチラシを見ないまま捨ててしまう可能性さえあります。ただし、分譲住宅の販売などのチラシの場合は、賃貸マンションのポストに投函しなければ、配布をする意味がありません。チラシの内容と配布先を、しっかりと照らし合わせておくことが重要です。

次に、地図で確認をしながら、配布のルートをイメージしてポスティングを行いましょう。チラシの配布は自店の近所を優先して配布するとより集客が見込めます。また、ポスティングの効率を上げるために、便利グッズも使ってみると良いでしょう。指サックやポスティングバッグ、地図、雨合羽などを用意しておくと、ポスティングをスムーズに進めることができます。

 

ポスティングをするときに注意すべきこと

ポスティング 郵便 コツ

ポスティングをするときには、いくつかの注意点を守るようにしましょう。まず、不法侵入にならないように気をつけることが大切です。不用意に敷地内に入ってしまうと、十分に不法侵入になりえます。また「チラシ投函禁止」と掲示しているのにポスティングしてしまうと、居住者の意に反して不快感を与えることになりますので、状況によっては無理にチラシを投函しないという判断を下すことも重要です。

次に、クレームには誠実な対応を心がけましょう。ポスティング自体に不快感を持っている人はたくさんいます。万が一クレームがあった場合には謝罪をするなどして、今後チラシを投函しないように気をつけましょう。

続いて、ポスティングでは笑顔の挨拶を心がけることが求められます。コソコソとポスティングをするのではなく、笑顔で挨拶ができると、地域住民にも「印象が良い」と思ってもらえるでしょう。

最後に、チラシはドアや窓に挟まないようにしましょう。チラシをドアや窓に挟んでしまうと風で飛ばされてしまうだけでなく、その行為自体を不快と感じる人もいるからです。目に止まればいいわけではなく目を通してもらいたいわけですから、きちんとポストに届けるようにしましょう。

 

コツを押さえてポスティングをしよう

紹介したコツを押さえておけば、効率的にポスティングを行うことができるようになります。限られた時間内でポスティングをするためには、作業効率を上げるための準備が欠かせません。チラシを配布するルートは、地図などを利用して事前に調べておくと、道に迷う心配もなくなります。また、指サックやポスティングバッグなどのアイテムも必要に応じて使ってみると、チラシがより配りやすくなるでしょう。

さらに、ポスティングを行うときには、注意点を守って気持ちの良い対応を心がけることが大切です。ポスティング自体を快く思っていない住民も多いことを自覚して、ポスティングをおこなってはならない住居にはチラシを配布しないように注意を払いながら、慎重に作業を進めていくよう心がければ、隙間時間を有効活用して稼げる魅力的なアルバイトといえるでしょう。

 

関連記事リンク(外部サイト)

「ポスティング・サンプリングバイト」の仕事内容と満足度

fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。