体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

名古屋から1時間以内の花火大会!2018年花火カレンダー【東海】

2018第36回蒲郡まつり納涼花火大会

夏の風物詩、花火。

東海地方でも数多くの花火大会が開催されます。

見に行きたいけど遠くまで行くのはしんどいな…。

そんな人にオススメなのが名古屋市内から近い会場。

愛知県以外の岐阜県・三重県の花火大会でも、調べると意外と近くで開催されているんですよ。

そこで今回は名古屋駅を起点に、電車・バスで1時間以内で行ける花火大会をピックアップ。

日程や発数はもちろん、大規模花火大会は見どころ、観覧場所、渋滞回避のコツ、昼間の過ごし方なども調べました。

参考にぜひ出かけてみてください!

記事配信:じゃらんニュース

花火大会の内容や交通規制などの掲載内容は、5/16時点のものです。天候や都合により変更・中止になる場合がありますので、お出かけ前に大会HPまたは、各問合せ先へご確認ください。

第62回全国選抜 長良川中日花火大会【岐阜県岐阜市】

ラストを飾るナイアガラの滝とスターマインは迫力満点!

第62回全国選抜 長良川中日花火大会写真提供/中日新聞社

7/28(土)

※小雨決行・荒天・増水時のみ8/25(土)に延期

時間:19時20分~20時35分

会場:岐阜市長良川河畔(長良橋下流~金華橋上流)

打ち上げ発数:非公開

屋台:あり

清流・長良川を舞台に、全国から花火師が集い、伝統の技や最新技術を駆使した花火を打ち上げます。

音と煙の花火をメインにした珍しい昼の部も。

早めに会場入りして、昼の部と夜の部を楽しむのもおすすめです。

今年の見どころ

プログラム中盤の創作スターマインコンクールでは、12作品の花火の中から、最もよかった花火をネットで投票できます。

審査員になった気分で花火を観賞しましょう。

豪華フィナーレもお見逃しなく!

当日のスケジュール

王道ビューを目指すなら

王道BestView◆長良川公園

打ち上げ場所の目の前にある絶好の観覧場所。

人気スポットのため混雑覚悟。午前中には到着して場所を確保したいところ。

穴場ビューを目指すなら

穴場BestView◆忠節橋

花火までの距離は遠いですが、見晴らしは抜群。

屋台も近くまで並んでいるので、祭り気分も味わえます。橋の上では車に注意して見学を。

当日の昼間はココヘ!「岐阜城」

岐阜市の街並みが一望できる天守閣が人気。

天守閣からの夜景も見事で、夜まで滞在すれば、夜景と花火の絶景コラボが楽しめます。

岐阜城 第62回全国選抜 長良川中日花火大会

TEL/052-221-0671(中日新聞社地域事業部)

アクセス/JR・名鉄岐阜駅前より臨時バスで20分

駐車場/臨時駐車場:約2000台

「第62回全国選抜 長良川中日花火大会」の詳細はこちら

岐阜城

TEL/058-263-4853

住所/岐阜県岐阜市金華山天守閣18

営業時間/8時30分~17時30分※花火大会当日は22時まで営業

定休日/なし

料金/大人(16歳以上)200円

アクセス/金華山ロープウェー山頂駅から徒歩8分※金華山ロープウェー:往復大人1080円

※18時からは900円、花火大会当日の営業は22時30分まで※駐車場の数に限りあり。訪れる際は公共交通機関を利用しよう

2018第36回蒲郡まつり納涼花火大会【愛知県蒲郡市】

海と花火のコラボに大興奮。正三尺玉を見逃すな!

2018第36回蒲郡まつり納涼花火大会2018第36回蒲郡まつり納涼花火大会直径500mものミュージックスターマイン

7/29(日)

※荒天の場合7/30(月)に順延

時間:19時30分~21時

会場:愛知県蒲郡市港町 竹島埠頭

打ち上げ発数:約5000発

屋台:あり

2日間にわたって行われる「蒲郡まつり」のラストを飾る花火大会。

ド迫力の正三尺玉が有名で、その大きさは東京スカイツリーもすっぽり入るほど。

さまざまな種類のスターマインもあり、オープニングからクライマックスまでくぎ付けです。

今年の見どころ

今年の花火大会のテーマは「華」。

直径650mにも広がる太平洋岸最大級の正三尺玉が3発上がるところが最大の見どころ。

クライマックスで打ち上げられる特大スターマインも一見の価値あり。

また水上スターマインは隠れた名物プログラム。至近距離で打ち上がるため迫力もインパクトも十分!

当日のスケジュール

王道ビューを目指すなら

王道BestView◆竹島埠頭

真正面で花火が堪能できる絶好の観覧スポット。

駅から観覧スポットまでは屋台が出ているため早くから混雑が予想されます。

17時までには到着し、場所を確保するのがベター。屋台グルメも必食!

穴場ビューを目指すなら

穴場BestView◆ボートレース蒲郡

ボートレース蒲郡から会場へは徒歩30分ほど。

駐車場も広く1600台収容可能ですが、17時30分からの交通規制や混雑状況を考えると、遅くとも17時前には駐車したい。

昼間はイベントもあり!

当日の昼間はココヘ!「蒲郡まつり」

1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。