ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

エレカシ・宮本浩次「紅白歌合戦もうれしくてしょうがなかった」

エレカシ・宮本浩次「紅白歌合戦もうれしくてしょうがなかった」
J-WAVEで放送中の番組『GROOVE LINE』(ナビゲーター:ピストン西沢)。6月5日(火)のオンエアでは、エレファントカシマシの宮本浩次さんが登場。新曲『Easy Go』について伺いました!

■家ではずっとネクタイ

「歌は叫ぶ方がカッコいいかな」と話す宮本さんに「家では静かなの?」と西沢。

宮本:(家では)騒々しいっていうか、落ち着きはないんじゃないですかね。ネクタイをするのに凝っちゃって、家の中でずっとネクタイして歩いてるんですよ。
西沢:(笑)。その幼児性は一生消えないですね。
宮本:幼児性ですかね。ネクタイってけっこう面白いっていうか、色とか凝ると大変なんでしょうね。それこそシャツも無地しか着たことがないんですよ。
西沢:そうですね。ほとんど黒か白ですよね。
宮本:そういう意味だと「けっこうまだまだやることあるんだな」みたいなふうには思ってますけど。
西沢:ネクタイは何色ですか?
宮本:変な話、黒が多いですね(笑)。
西沢:黒いシャツに黒じゃ……(笑)。
宮本:そうなんですよね(笑)。黒か、斜線が入ってるとか、水玉とか、細いのが多いですね。

西沢は自身の「ヘンなところに執着する」「他人が言うことは関係なく自分のやりたいようにしかやれない」という部分が宮本さんにもあるのではないか、といいます。

宮本:意外に中途半端なことになっちゃうんですよね。妙に気を使うというか、それこそ忖度するんですよ、人の顔色を見て。例えば、「これは俺はやりたくないから」とか「この仕事は俺にはできないから」って言ってるとするじゃないですか。ところが、結局それはやりたいっていうか、どっちか分からないみたいな(笑)。
西沢:意外に主張が強くないのね(笑)。
宮本:弱いんですよ。内面の主張は強いんですけど、ただ言えないっていうか。
西沢:まわりに気を使っているのは分かるんですけど、良くも悪くもそれが最近の音楽には出てたんですよ。まわりの人が喜ぶようなことをやってあげようとか、自分のやりたいことを売り物として完成させようとか、それは成績がよかったりとかして、プロシンガーとしてありだったと思いますよ。でも新曲の『Easy Go』はなんだ! やりたい放題だ! と。

■肩の荷が少し下りた気がする

『Easy Go』を聴いて、エレファントカシマシが以前より解き放たれた感じがしたと西沢。

宮本:けっこう自分が受け入れたんですね。自分たちは今年で52歳なんですけど、これからもカッコつけたいっていうか、あーでもないこーでもないとか新しいことができるんじゃないかとか、これからも考えると思うんですよ。また壁に当たるじゃないですけど。でも今回はデビュー30周年だから、ツアーで人がたくさん来てくれたりとか、紅白歌合戦もうれしくてしょうがなかったんですよ。相当嬉しかったんですよ。でもみんなは「紅白なんて」って僕に言ってほしい感じもあるみたいなんですけど。
西沢:みんな、宮本浩次は紅白を断ってほしかったんだ(笑)。
宮本:いや、断ることなんて絶対ない。今日も車検で車がなくて電車でスタジオまで来たんですよ。電車に乗って来たら「俺は紅白に出てうれしかったな」ってしみじみ思い出しちゃって。デビュー30周年の47都道府県のツアーをやって、たくさん来てくれてうれしかったし。それで解き放たれていったんですよね。自分が見栄張って「こうしなきゃいけない、頑張らなきゃいけない」っていう肩の荷が少し下りた気がします。

エレファントカシマシは6月6日(水)に『Easy Go』も収録したニューアルバム『Wake Up』をリリース。6月からは「TOUR 2018 “WAKE UP!!”」が始まります。6月23日(土)には29年連続となる日比谷野外大音楽堂でのライブもあります。アルバム・ライブともにチェックしてみてください! これからのエレファントカシマシの活躍に目が離せませんね! 

さて、次週6月11日(月)から14日(木)の『GROOVE LINE』は、スペシャルウィークということで、投稿が紹介されると、『GROOVE LINE』オリジナルTシャツか短パンをプレゼント! みなさんの投稿をお待ちしています! 番組もお聴き逃しなく。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GROOVE LINE』
放送日時:月・火・水・木曜 16時30分−19時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき