ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デザートよりも「前菜」でこその、スイカ料理

デザートよりも「前菜」でこその、スイカ料理

大きめにカットしたスイカを縁側でがぶり。「あぁ、夏〜」って日本人を感じる瞬間だと思います。

なんて話はどうでもよくて、そのスイカの食べ方をいくつかこれまでも紹介してきたんですが、スムージーやアイスといったところがほとんど。ちょい変化球でサラダくらいなもの。

ところがこれ、「Food52」でEmilyCさんが教えてくれるのは、スイカを使った前菜(もちろんデザート感覚でもOK)。夏がお似合いな一品です。

ところで、スイカに塩は日本だけの感覚だと思ってましたが、海外の人たちも、あの甘さに塩気をプラスして楽しんでいたなんて。

スイカに塩……よりも、
塩漬けレモンがコンビ!

私はスイカに塩をかけて食べる派。さらにはスイカがサラダに入っていると、自然とシトラスだとか、良質のエキストラ・ヴァージン・オリーブオイルに手が伸びている……。共感してくれる人も多いはず。

なので、この発想に行き着くのにずいぶん時間はかかってしまいましたが、スイカとプリザーブドレモン(塩漬けにしたレモン)・ヴィネグレットって、とても相性がいい!という持論を確立できたのです。

あの冷えたスイカがより複雑な味に昇華し、さらには中毒性まで生んでしまう。スナックにも、サラダにも、デザートにも。飾りつけは自由に楽しむのがコツです。

ちなみに私は、キンキンに冷えたスイカの偏愛者ですが、ここに紹介するレシピの応用編として、グリルしたものを使ってもおいしく仕上がる予感がしています。デザートよりも「前菜」でこその、スイカ料理© Bobbi Lin

材料(4人〜6人分)

準備時間:25分

種なしスイカ(小):1玉

さいの目状に切ったプリザーブドレモンの外皮:1/2個(大さじ2杯分ほど)

レモン果汁:小さじ2杯分

エクストラ・バージン・オリーブオイル:大さじ5杯分

フェタチーズ(クリーミーでマイルドなもの):85グラム(砕くか細かく切る)

ミントの葉っぱ:少量

ひまわりの種:1/4カップ(生で使う場合は、軽くトーストして、冷ましてから使いましょう)

作り方

【1】スイカはまず半分、もしくは1/4大にカット(サイズに合わせて調整)。そこから1センチ大に厚切りに。私は皮付きも好きだけど、むいてOK。ヴィネグレットソースが出来上がるまで、冷蔵庫で寝かせておく。

【2】プリザーブドレモン・ヴィネグレットを作るには、外皮、レモン果汁、エキストラ・バージン・オリーブオイルを小さなボウルに入れて混ぜる。塩っぱさはものによってかなり変わってくるので、こまめに味見をしながら、塩もしくはレモン果汁で味を調整。

【3】完成したプリザーブドレモン・ヴィネグレットを厚切りしたスイカにかける。ボウルの下に沈んでしまった塩レモンの外皮を拾って、スイカに乗せる。あとはフェタチーズ、ミント、ひまわりの種でトッピングすれば完成。デザートよりも「前菜」でこその、スイカ料理© Bobbi Lin

【Food52creamteaさんのレビュー】

このおいしさにビックリ!EmilyCさんの「塩漬けレモンヴィネグレット」は、夏の甘〜いスイカにはぴったりな“塩コーティング”です。がぶりといけば、いろんな味と食感が口の中で爆発。手もかからず、すぐにできちゃうところも暑い日には嬉しい点。

私は、ドレッシングがスイカに均等にかかるように角切りにして、さらなるシャキシャキを求めてロメインレタスを選びました。ひまわりの種はぜったいにトーストしてあげましょう。味にもひとひねり加えられるし、全体的によりクリスピーに仕上がるから。Written by EmilyCLicensed material used with permission by Food52Top photo: © Bobbi Lin

More Contents from Food52:
Creamy Potato Soup with Bacon Vinaigrette
Grilled Steak Salad With Fish Sauce Vinaigrette

関連記事リンク(外部サイト)

甘くなかった「失敗スイカ」は、サラダにするのがイイ!
使い切れなかった食材は「塩漬け」で保存食にしよう
Instagramで「スイカドレス現象」が起きている

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。