ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2018】東北の人気「道の駅」ランキングを発表!TOP10の魅力を徹底解剖

道の駅「安達」 智恵子の里

ドライブ途中のひと休みに欠かせない道の駅。今回は、関東・東北エリアの全402カ所の道の駅から男女1万人が選んだ関東・東北の人気道の駅を決定。その中から、東北エリアの人気道の駅ランキングTOP15を発表、TOP10の魅力を徹底解剖致します!

ランクインした道の駅は、オリジナルや限定グルメをはじめ、産直・ショップや体験や温泉など、どこもこだわりや魅力が凝縮!一日過ごせる道の駅から、わざわざ行きたくなる道の駅まで、利用者のクチコミもチェックして、お目当ての道の駅までドライブしてみませんか。

記事配信:じゃらんニュース

<調査概要>

関東・東北在住の18歳以上(高校生除く)で、過去5年以内に関東・東北の道の駅に行ったことのある男女1万人にスクリーニング調査。その上で、関東・東北の道の駅の中から、来訪経験が多い上位15位ずつをそれぞれ抜粋。その道の駅に行ったことのある1000人に満足度・満足した理由をアンケート調査。(2017年11月実施、調査委託先:マクロミル)

10位 道の駅「月山」月山あさひ博物村【山形県鶴岡市】

緑豊かな月山の麓でボルダリング体験も!

道の駅「月山」月山あさひ博物村ボルダリングおためし体験30分平日500円、土日祝800円。大人も子どもも初心者も、手軽にボルダリングが体験できる。動きやすい服装で挑戦を。 道の駅「月山」月山あさひ博物村大ざる3人盛 2400円。朝日産そば粉100%使用。香りと風味にこだわった手打ちの十割そばを思う存分堪能しよう。 道の駅「月山」月山あさひ博物村やまぶどうソフト 330円。朝日産山ぶどうを使った人気商品が味わえるのは山ぶどう研究所のあるココだけ。

山形と鶴岡を結ぶR112と梵字川渓谷の間にある道の駅。広い敷地内には公園、散策路や吊り橋、山ぶどう研究所、そば打ち体験のできるそば処も!

ココがイイネ!

・外の公園と散歩道が癒やされる(68歳/男性)。

・施設が大きく、買物が楽しかった(22歳/女性)。 道の駅「月山」月山あさひ博物村

TEL/0235-53-3411

住所/山形県鶴岡市越中山字名平3-1

営業時間/9時~17時

定休日/12~3月の第4月、年末年始

アクセス/山形道月山ICより30分

駐車場/100台

「道の駅「月山」月山あさひ博物村」の詳細はこちら

9位 道の駅「奥入瀬」奥入瀬ろまんパーク【青森県十和田市】

奥入瀬の玄関口。ガッツリ肉グルメで腹ごしらえを。

道の駅「奥入瀬」奥入瀬ろまんパーク県産和牛ステーキ 3240円~。雄大な自然の中で育った県産和牛の旨みがダイレクトに堪能できる。 道の駅「奥入瀬」奥入瀬ろまんパーク奥入瀬ビール330ミリリットル 各486円。本場チェコに学んだ技術で醸造する上質なビールは常時4種の品揃え。 道の駅「奥入瀬」奥入瀬ろまんパーク奥入瀬のむヨーグルト750ミリリットル 496円。地元産の生乳だけを厳選使用。濃厚さの中に程よい酸味が心地いい。 道の駅「奥入瀬」奥入瀬ろまんパーク公園。子どもが喜ぶ噴水や遊具、草花がデザインされた庭園などでひと休みを。

ショップやステーキハウス、地ビールレストランなどの施設と親水公園、芝生広場もある広大な道の駅。オリジナル商品も充実している。

ココがイイネ!

・十和田湖和牛ステーキが食べられ大満足(67歳/男性)。

・リーズナブルでおいしい(44歳/男性)。 道の駅「奥入瀬」奥入瀬ろまんパーク

TEL/0176-72-3201(四季彩館)、0176-72-3231(奥入瀬麦酒館)

住所/青森県十和田市奥瀬堰道39-1

営業時間/四季彩館9時~18時、奥入瀬麦酒館11時~18時30分、ほか施設により異なる

定休日/なし(奥入瀬麦酒館は火)

アクセス/八戸道八戸ICより1時間

駐車場/350台

「道の駅「奥入瀬」奥入瀬ろまんパーク」の詳細はこちら

8位 道の駅「安達」 智恵子の里【福島県二本松市】

上り、下り2つの施設でとそれぞれ特徴ある店作り。

道の駅「安達」 智恵子の里産直 上り線:やさい家駅菜都。毎朝農家から季節の新鮮野菜が豊富に到着。黄身が濃い佐藤養鶏場の卵も人気商品。
1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。