ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【箱根】夏休みに家族旅行で行きたいおすすめ観光スポット22選!

【箱根】夏休みに家族旅行で行きたいおすすめ観光スポット22選! kazokuryoko

夏の予定はもう決めた?子供もパパもママも、どこに行こうかワクワク!今回は、7月・8月・夏休み家族旅行におすすめの、箱根おでかけスポットをご紹介!美術館やロープウェイなど、温泉の他にもいっぱい楽しめる!箱根で家族の思い出を残そう!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

1.彫刻の森美術館

彫刻の森美術館出典:じゃらん 観光ガイド 彫刻の森美術館

1969年、自然と芸術の調和をめざし、フジサンケイグループによって創設された国内初の野外美術館です。

7万㎡の広大な敷地内は季節や天候により様々な姿を見せ、ロダン、ムーア、ミロなど近現代を代表する国内外の巨匠の作品120点余りを散策気分で鑑賞できます。300点余りの多彩なコレクションを順次公開しているピカソ館など5つの室内展示場もあります。

また、子供が造形を体全体で体験できる作品や敷地内から湧き出る源泉を20mかけ流しにした温泉足湯もあり、足湯に浸かりながら芸術鑑賞もできます。

\口コミ ピックアップ/

子連れの方がたくさんいました。

入場してから敷地の広さにびっくりで、子供だけでなく大人も十分楽しめます。

美術館と公園のようなところでした!

(行った時期:2018年5月)

当初の旅行計画には訪れる予定は無かったのですが、謎解きイベントがあるとのことで、軽い気持ちで訪ねました。美術品など楽しみながら謎を解いて行くスタイル、個人的には非常に秀逸で、見事にハマってしまいました。また新しくイベントがあったら参加したいです!ありがとうございました!

(行った時期:2018年5月) 彫刻の森美術館

住所/神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121

「彫刻の森美術館」の詳細はこちら

2.箱根ガラスの森美術館

箱根ガラスの森美術館出典:じゃらん 観光ガイド 箱根ガラスの森美術館

緑豊かな箱根仙石原にある日本初のヴェネチアン・グラス専門の美術館でヴェネチアン・グラスの名品を中心に、約100点を展示。

\口コミ ピックアップ/

ガラスの美術館ということでガラスの繊細さだったり透明感をめいいっぱい魅せてくれる展示になっていました。特に女性には好きな人が多そうです。

(行った時期:2018年5月)

箱根に行った時は必ず立ち寄る場所のひとつです。

娘も大好きな場所でキラキラの木を家のお庭にも

欲しいとずっと言っていました。

(行った時期:2018年4月) 箱根ガラスの森美術館

住所/神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48

「箱根ガラスの森美術館」の詳細はこちら

3.箱根ロープウェイ

箱根ロープウェイ出典:じゃらん 観光ガイド 箱根ロープウェイ

箱根ロープウェイは、全長約4km、神奈川県足柄下郡箱根町の早雲山駅と桃源台駅を結ぶ、日本一長い路線を誇る索道です。

乗車人数は2008年度に201万人を超え、翌年にギネスのゴンドラ・リフト部門で世界一に認定。

このロープウェイは、早雲山駅を出発すると、ロープウェイはぐんぐんと山の斜面を登り、大涌谷駅がある標高1,044mまで一気に登り、その先の桃源台駅までは芦ノ湖や富士山を眺めながら約20分間の空中散歩が楽しめます。

※月2回、メンテナンス運休日があるため要注意

※火山ガスの影響により、発作などを起こす可能性のある方の乗車は出来ない可能性があります

\口コミ ピックアップ/

天候もよくて、富士山も見れました。お子さん連れでも楽しめると思います

中に椅子があって乗った人がきちんと座れるように調整して乗せていただけるので景色を楽しむことができました進行方向に座るのもいいし、逆に過ぎていく景色を楽しむのもよしかなw

(行った時期:2018年5月)

ロープウェイからの大涌谷の展望は迫力がありました。

天気が良かったので富士山がきれいに見えました。

待ち時間もあまりなく便利です。

(行った時期:2018年2月) 箱根ロープウェイ

住所/神奈川県足柄下郡箱根町強羅

「箱根ロープウェイ」の詳細はこちら

4.箱根神社

箱根神社出典:じゃらん 観光ガイド 箱根神社

天平宝字元年(757)、万巻上人によって創建され、古くは箱根三所権現といい、山岳信仰の霊場として多くの信仰を集めていました。鎌倉時代に入ると、源頼朝をはじめ鎌倉幕府要人から敬われ、その名を高めていきました。

現在も木造万巻上人坐像(国重文)をはじめ秀れた社宝が数多く残されています。交通安全・心願成就・開運厄除など、運開きの神様として信仰されています。800年を越す杉並木が続く参道は、とても神聖な雰囲気。

\口コミ ピックアップ/

有名な神社なので、行ってみたくて訪れました。

すごく、マイナスイオンが出ている気がしました。

パワーもたくさんもらえた気がします。

1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。