体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【金沢】夏休みに家族旅行で行きたいおすすめ観光スポット22選!

【金沢】夏休みに家族旅行で行きたいおすすめ観光スポット22選! kazokuryoko

夏の予定はもう決めた?子供もパパもママも、どこに行こうかワクワク!今回は、7月・8月・夏休み家族旅行におすすめの、おでかけスポットをご紹介!話題の21世紀美術館があるのはここ金沢!兼六園やひがし茶屋街も!フォトスポット満載で思い出いっぱい!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

1.第7ギョーザの店

第7ギョーザの店出典:じゃらん 観光ガイド 第7ギョーザの店

ギョーザの概念をくつがえす、もちもちのボリュームある皮にジューシーな具がポッテリと包まれた「ホワイト餃子」が有名。パリッと香ばしく焼き上げられたギョーザを目当てに、学生や根強いファンが店を訪れる。(じゃらん現地スタッフの耳より情報)

\口コミ ピックアップ/

個室があるので子連れに最適です。定期的に食べたくなります。並ぶので早めに行くべし。目の前がイオンなので待ってる間子供と旦那で時間潰してもらいます。

(行った時期:2018年1月)

まず見た目が丸いので変わっていてインパクトがあります。皮はもちもちしていて美味しかったです。中身も肉汁が出てきました。ただ、とても混んでいます。

(行った時期:2018年1月) 第7ギョーザの店

住所/石川県金沢市もりの里1-259

「第7ギョーザの店」の詳細はこちら

2.兼六園

兼六園出典:じゃらん 観光ガイド 兼六園

小立野台地の西北端近くにあり、金沢城跡とは百間堀をへだてて相対している。江戸時代の代表的な回遊池泉式庭園で日本三名園の一つ。

延宝年間(1673年~1681年)、五代藩主綱紀の時代に最初の庭が造られ、1822年(文政5年)十二代藩主斉広が竹沢御殿を建てるに際し、拡張整備を行い、さらに1837年(天保8年)、十三代藩主斉泰が竹沢御殿を壊して霞ガ池を造りほぼ現在の形となった。

兼六園の名は奥州白河藩主白河楽翁が宋の李格非の“洛陽名園記”にちなみ、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つを兼備する名園であるとして命名した。その名に恥じず、10万平方mを超える園内には池や滝があり、曲水が造られ、日本海方面や医王山方面の眺望もすばらしい。

\口コミ ピックアップ/

兼六園は非常にきれいな庭園で壮観でした。広いので隅々まで見るとなると疲れてしまいますが、金沢に来たら必ず訪れてほしい場所だと思います。

(行った時期:2018年5月)

どこからもキレイでとても感動しました。

入り口が色んなところからあるのでどこから来たか覚えておく必要あります。とても広いので全て回ると時間かかります。今度は別の季節に行ってみたいです。

(行った時期:2018年5月) 兼六園

住所/石川県金沢市兼六町1-4

「兼六園」の詳細はこちら

3.近江町市場

近江町市場出典:じゃらん 観光ガイド 近江町市場

\口コミ ピックアップ/

近江町市場はテレビでも紹介される有名な市場で海鮮の食べ歩きをした後、海鮮丼を頂きました。新鮮な魚を舌鼓し、幸せなひと時を過ごすことができました。

(行った時期:2018年5月)

カニ、エビ、マグロなどおいしそうなものが沢山売っておりました。旅行の初日にいってしまったので、生物は買いませんでしたが、最終日だったら絶対かって帰ったな。

食事するなら早めにいかないとだめですね。お昼にいったらすごい列になっていてどこもなかなか入れない状態

(行った時期:2018年5月) 近江町市場

住所/石川県金沢市上近江町50

「近江町市場」の詳細はこちら

4.金沢21世紀美術館

金沢21世紀美術館出典:じゃらん 観光ガイド 金沢21世紀美術館

\口コミ ピックアップ/

江口寿史さんのイラスト展を観にピンポイントで訪問しました。香林坊から徒歩圏に立地しており、街並みを楽しみながら移動できます。おしゃれな外観と、ゆったりとした展示スペースで、余裕をもって作品群と向き合えます。

(行った時期:2018年5月)

その斬新なデザインや回遊式のプランニングによる空間体験はさすが世界的な建築家の設計とうなずけます。展示だけでなく絶えず企画が開催されている運営体制もすばらしい。

(行った時期:2018年5月) 金沢21世紀美術館

住所/石川県金沢市広坂1-2-1

「金沢21世紀美術館」の詳細はこちら

5.ひがし茶屋街

ひがし茶屋街出典:じゃらん 観光ガイド ひがし茶屋街

金沢には「西」と「東」・「主計町」と3つの茶屋街があった。なかでもひがし茶屋街は料亭街となった現在でも、全体が保存区域になっているのでお茶屋建の家並みが続き、夜ともなれば三味線や太鼓の音が聞こえ、雅な伝統文化の世界を垣間見ることができる。金沢素囃子は金沢無形文化財に指定されている。

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。