体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モロッコでゴージャス気分を味わいたいなら「リヤドロルサ」に泊まるべき

モロッコでゴージャス気分を味わいたいなら「リヤドロルサ」に泊まるべき

かつて首都として栄えた、モロッコの古代都市フェズ。現在ではマラケシュに次ぐ観光地として人気を集めています。

フェズに来たらぜひとも泊まりたいのがリヤド。リヤドとは、中庭のあるモロッコの伝統建築の家を改装した宿のこと。部屋数は数部屋〜十数部屋という小規模な宿が、モロッコの観光地に無数に存在しています。

世界中の旅行者によって作られる口コミサイト「トリップアドバイザー」にて、常にフェズの人気宿泊先として上位にランクインしているのが「リヤドロルサ(Riad Laaroussa)」。

高い人気と知名度を誇るリヤドロルサに泊まり、その魅力に迫ってみました。

 

1. アクセス抜群!メディナのど真ん中にステイ

photo by maho

フェズの見どころはなんといっても「世界一の迷宮都市」と形容されることもあるほどの複雑な道をもつメディナ(旧市街。フェズ・エル・バリともいう)。このメディナは世界遺産に登録されています。

タイル装飾が施されたブー・ジュルード門をくぐると、狭い道にスークと呼ばれる露店が立ち並んでいます。そこには雑貨やスパイス、革製品など、お土産にぴったりの品物が多数売られています。

さらに奥にはタンネリと呼ばれるなめし革の作業場を見学できるエリアもあり、観光地として人気です。

 

リヤドロルサは、そんなメディナのど真ん中という最高のロケーション。フェズの特徴といえば枝分かれしている無数の路地で、道に迷いながら歩くのも旅の楽しみの一つ。買い物や観光に歩き回り、疲れたら戻って一休みするのに最適の宿です。

 

2. 開放的でおしゃれな空間

photo by maho

メインの通りのうちの一つ「タラア セギーラ通り(Rue Talaa Seghira)」から細い路地に入ったところにリヤドロルサはあります。重い扉を開けると、そこには別世界が広がっていました……!

まず目に入ってきたのは、静かで開放的な広い中庭。外のあの喧騒や人ごみが嘘のようです。

リヤドロルサは全12部屋で3階建。1階はとても天井が高く、中2階のような場所に部屋があったりと、ちょっと特殊な構造の建物になっています。

「口」の字型のモロッコ建築独特の作りのせいもあってか方向がわからず、中で軽く迷子になるほど広さを感じました。

photo by maho

最初に泊まったのはリトルブラウンルームという小さめの部屋。部屋の入り口にすぐ狭くて急な階段があるため、大きなスーツケースを持って上がるのはちょっと大変でしたが、スタッフの方が手伝ってくれたおかげでなんとか運ぶことができました。

photo by maho

次に泊まったのはブルールーム。こちらはこのリヤドでは標準的なサイズの部屋だそうで、1台のダブルベッドと1台のシングルベッドがあります。バスタブはなく、シャワールームは上品なターコイズブルーの色合いの壁が印象的でした。

このように部屋に色の名前がついているので、お気に入りのカラーで部屋を選ぶのも楽しいかもしれません。

photo by maho

屋上のテラスでは、フェズの街が見渡せる素晴らしい眺めを見ながら朝食が食べられます。

1階には中庭のテラスのほかに暖炉のあるソファルームがあり、2階にも自由にくつろげるソファスペースがあります。屋外にプールもあり、夏場は人気のようです。

 

3. スタッフのホスピタリティが素晴らしい

フェズに到着した日は夜でした。長時間のフライトと列車移動で疲れた私たちはまず暖炉のあるソファに通され、ミントティーを飲みながらスタッフから簡単な説明を受けます。

「部屋でチェックイン書類を書いたら翌朝の朝食の会場に持ってきてね。これからディナーの用意をするから、準備ができたらレストランに来てね」といった風に、とにかく私たちがくつろげるように最大限の気配りをしてくれたように感じました。

 

部屋に入ると冷たいボトルウォーターと、リラックスできるお香が炊いてあり、室内履きのバブーシュ(スリッパ)や化粧水などアメニティも充実。クッションやコットンや綿棒を入れた小物が可愛かったりと、女子はテンション上がること間違いなし!

古い邸宅を改築したリヤドはシティホテルのように機能的ではないところもありますが、その不便さを上回るほどの丁寧なおもてなしがあるからこそ、多くの人を惹きつけてやまないのでしょう。

photo by maho

宿泊客をもてなしてくれるのは「人」だけではありません。リヤドロルサには2匹の犬と1匹の大きな亀も住んでいて、のんびりテラスでお茶を飲んでいるとリラックスできること間違いなし。

4. 食事がおいしい

photo by maho

リヤドの宿泊には朝食が含まれています。毎朝パン3種類、ヨーグルト2種類、フルーツと飲み物などをいただきました。

飲み物で欠かせないのは生絞りオレンジジュース!モロッコはどこに行ってもヨーグルトとオレンジジュースがとっても美味しいです。

ディナーはオプションで前日までにリクエストする方式。日替わりでモロッコ料理を現代風にアレンジした料理をコースで出してくれます。屋上のある3階にレストランがあるのですが、希望すれば1階のラウンジでも食事をとることができるので、2晩違う場所でディナーをいただきました。

photo by maho

モロッカンミントティーもリクエストすると随時出していただけるのですが、お茶菓子として一緒にいただいた3種類のクッキーも本当においしくて買って帰りたいほどでした。

今回は時間がなくて参加できませんでしたが、昼には宿泊者限定の無料の料理教室をやっているそうです。市場の買い出しから宿のキッチンを使っての調理まで、モロッコ料理に興味のある方はぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

 

5. ハマム(スパ)が併設されている

リヤドロルサといえばハマムも人気です。ハマムとはもともとはトルコ式風呂のこと。サウナの部屋とアカスリの部屋があり、最後に体を流すというスタイルが一般的です。

リヤドロルサは建物の中にこのハマムも併設されており、事前予約制で同時に2名サービスを受けることができます。今回はハマムのコースを受けてみました。

photo by maho

服を脱いでサウナルームに入り、寝転がります。

部屋が蒸気で満たされ、熱さで少し頭がぼーっとしてきたところで、おばさん登場。黒いペーストを全身に塗られます。サボンノワールといって、黒オリーブをすりつぶしたペースト状の石鹸なのだそう。

少し待ってから専用のミトンを使い、全身をていねいにアカスリしてくれます。

終わったところで隣のシャワールームに行って洗い流すときれいさっぱり!この時シャンプーも置いてあって自由に使うことができます。

着替え終わったらお茶と美容に良いデーツ(ナツメヤシ)をいただいてくつろぎます。

ここのスパにはマッサージ室もあるので、マッサージメニューを追加する人も多いのだそう。所要時間はハマムのみで1時間、マッサージを追加するとさらに1時間です。

 

フェズで非日常体験をしませんか?

フェズのメディナは活気があって刺激的でしたが、リヤドロルサでの滞在はまさにオアシスと呼べるとても癒された時間でした。

世界遺産の中で、日本では体験できないような異文化のラグジュアリーステイを楽しんでみませんか?
■詳細情報
・名称:Riad Laaroussa
・住所: 3 derb bechara, Fez medina, Maroc
・アクセス:フェズ旧市街 ブージュルード門より徒歩約10分
・電話番号:+212 (0) 6 74 18 76 39
・オススメの時期: 春(2〜6月)と秋(9〜11月)
・公式サイトURL:https://riad-laaroussa.com

関連記事リンク(外部サイト)

現役専門学生が2ヶ月に1回「モロッコ」へ行くその魅力 / 小倉茄菜
観光だけじゃ分からない…モロッコに1年間住んだからこそ見えた「6つの裏の顔」
ベルベル人は怖い?そんなイメージを払拭したモロッコでの出会い
モロッコの「シャウエン」で青い絶景に包まれよう

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。