リース・ウィザースプーン、映画『キューティ・ブロンド』シリーズ3作目に出演交渉中

access_time create folder映画

リース・ウィザースプーンは、映画『キューティ・ブロンド』シリーズ3作目で再びエル・ウッズ役を主演する交渉中だ。

MGMとの契約がまとまれば、ウィザースプーンは自身が率いる製作会社ハロー・サンシャインを通じてプロデュースも手掛ける予定だ。オリジナル映画をプロデュースしたマーク・プラットが、自身が率いるプラット・プロダクションズの社長アダム・シーゲルと共にプロデュースを手掛ける。

また、MGMと2001年のオリジナル版の脚本を手掛けたキルステン・スミスとカレン・マックラーが、シリーズ3作目の脚本を手掛ける契約がほぼ決まったようだ。

『キューティ・ブロンド』は、全世界で1億4280万ドルの興行総収入を記録する大ヒットを収めた。同作は、ハーバード大学で法学部の学位を取り、元カレを取り戻そうとするハツラツとした女子大生を描いた。彼女は非常に明るく、常にピンクを身にまとっている。『キューティ・ブロンド』には、ルーク・ウィルソン、セルマ・ブレア、ヴィクター・ガーバー、ジェニファー・クーリッジ、ブーザー役のチワワが出演した。

MGMは、ワシントンD.C.を舞台にした映画『キューティ・ブロンド/ハッピーMAX』を2003年に公開し、全世界で1億2490万ドルの興行総収入を記録した。

ウィザースプーンの直近の作品には、映画『A Wrinkle in Time(原題)』がある。現在は、HBOのドラマシリーズ『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』のシーズン2の撮影とエグゼクティヴ・プロデューサーを務めている。

ウィザースプーンは、CAA(クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー)、LBIエンターテイメントと代理人契約を結んでいる。スミスはヴァーヴと、マックラーはジャレット・エンターテイメントと代理人契約を結んでいる。このニュースはデッドライン・ハリウッドが最初に報じた。

access_time create folder映画

Variety Japan

110年間、映画、テレビ、音楽、演劇、デジタルメディアなどを 強力にサポートしてきたメディア「Variety」の日本語版

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧