ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小室哲哉が音楽を担当する映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』予告編が公開

小室哲哉が音楽を担当する映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』予告編が公開

 映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』の予告編が公開された(https://youtu.be/xEQ-JdiHdbc)。

『SUNNY 強い気持ち・強い愛』予告編

 本作は、原作映画『サニー 永遠の仲間たち』に心掴まれたファンのひとりである大根仁が、舞台を日本に移し、90年代の珠玉のJ-POPや流行のファッションをきらびやかに散りばめて再構築し、監督・脚本を一手に担う話題作だ。

 本作の音楽を担当するのは、まさに90年代、ミュージックシーンの先頭を走り続けていた小室哲哉。自身にとって「最後の映画音楽」となる本作で、丸1年の制作期間を経て劇伴24曲を制作した。

 さらに劇中では、90年代を彩る珠玉のJ-POP合計11曲を使用。「SWEET 19 BLUES」(安室奈美恵)をはじめとする5曲の小室哲哉プロデュース楽曲や、サブタイトルにもなっている「強い気持ち・強い愛」(小沢健二)など、今もカラオケなどで歌い継がれている名曲の数々が本作を彩る。

 今回公開された予告編は、「SWEET 19 BLUES」「強い気持ち・強い愛」の2曲を贅沢に使用し、特報からのポップなイメージを残しつつも、篠原涼子をはじめとした女優陣が涙を流すシーンが随所に散りばめられたエモーショナルな予告映像となっている。90年代に最高の青春を過ごすコギャル時代の“SUNNY”たちのキラキラした眩しい姿と、20年の時を経てそれぞれが問題を抱える現在の“SUNNY”たちの姿が対照的な、切なさが際立つエモい予告編が完成した。

 強い気持ちと強い愛で、再び友情の絆と人生の輝きを取り戻すために奮闘する女性たちの笑いと涙がつまった『SUNNY 強い気持ち・強い愛』予告編は、6月8日より全国の映画館で上映される。

◎公開情報
『SUNNY 強い気持ち・強い愛』
2018年8月31日(金)より全国東宝系にて公開
(C)2018「SUNNY」製作委員会

関連記事リンク(外部サイト)

小室哲哉×篠原涼子、約20年振りタッグ実現 90年代を彩る珠玉のJ-POP満載の映画『SUNNY』8月31日公開
小室哲哉プロデュースのDef Will、新曲「Curiosity」先行配信が決定
小室哲哉の作品集にBeverly/元AKB梅田彩佳の未発表曲! 浜崎あゆみ/BiSH/持田香織ら楽曲も

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。