体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【学生応援★キュンごはん】料理家リュウジさん考案 第3回「定番料理がひと工夫で変身!! カレー“リメイク”レシピ」

【学生応援★キュンごはん】料理家リュウジさん考案 第3回「定番料理がひと工夫で変身!! カレー“リメイク”レシピ」 リュウジさん_レシピ リュウジさん_レシピ Twitterでバズっている料理研究家リュウジさんが、一人暮らしを始めたばかりの学生さんに向けて「美味しい・簡単・フォトジェニック」をテーマにレシピを考案。お手頃な食材を使って自炊生活を応援します。

<<リュウジさんの他のレシピはこちら!>>

しとしと雨が降っていて、外食しに行くのも、買い物に出るのも億劫。だけど、冷蔵庫の中には食材がほとんどない…。そんな梅雨時期でもしっかりご飯が食べられるよう、定番メニューの「カレー」のリメイクレシピを、リュウジさんに教えてもらいました。きちんと保存する必要はありますが、一つのカレーが別の料理に生まれ変わったら、何日か続いても飽きずに食べられますよね。なんと、普段のカレーのレベルがぐっと上がるテクニックも伝授してくれますよ!

 

“ニンニク”“バター”をプラスして大人味に「豚肉とたまねぎのカレー」

リュウジさん_レシピ

一度にたくさん作れて、冷凍保存できるカレーは、一人暮らし学生の定番自炊メニューですよね。今回は、リュウジさんがよく作っているという、お肉たっぷりカレーをご紹介♪ 短時間で作る“飴色たまねぎ”がポイントです。カレールーは中辛、辛口で作るとより大人な味に仕上がりますが、もちろん甘口でもOK。 【材料】(4食分)

豚こま切れ肉 300g

たまねぎ 大1個

ニンニク 1片

カレールー(9皿分) 1/2箱

サラダ油 大さじ1

バター 10g

ウスターソース 小さじ2

砂糖 小さじ1

塩、コショウ 少々

水 600cc

 

(1)豚肉をひと口大にちぎり、たまねぎを薄切りにする。

リュウジさん_レシピ

(2)中火にかけた大きめのフライパンにサラダ油を引き、たまねぎを入れ、動かさないように5分程度焼く。片面に焼き色がついたら、全体を混ぜ、再び動かさないように5分程度焼く。

リュウジさん_レシピ

(3)たまねぎ全体が茶色くなったら、フライパンの片側に寄せる。空いた部分に豚肉を入れ、塩、コショウを振り、色が変わるまで焼く。

リュウジさん_レシピ

(4)(3)に水を入れ、沸騰したら、火を止めてカレールー、すりおろしたニンニクを加え、ひと煮立ちさせる。

リュウジさん_レシピ

(5)最後にバター、ウスターソース、砂糖を加え、なじませる。

リュウジさん_レシピ

器にご飯と合わせて盛り付け、好みでパセリを振りかけたら完成です♪

 

“+白だし”で手間なく和食に変身「カレーうどん」

リュウジさん_レシピ

家でカレーうどんを作るなんて、時間も手間もかかって大変…なんて思っていませんか? 実は、うどんをゆでる以外には調理器具を使わず、作れる方法があるんです。これを知っておけば、カレーライスに飽きた時に、サクッとリメイクできちゃいますよ♪ 【材料】

豚肉とたまねぎのカレー おたま2杯分

冷凍うどん 1玉

白だし 大さじ1強

湯 80cc

万能ねぎ(長ねぎでも可) 少々

 

(1)器に白だしを入れ、湯で割り、つゆを作る。

リュウジさん_レシピ

(2)ゆでたうどんを(1)の器に入れる。

リュウジさん_レシピ

(3)うどんの上に、温めたカレーをかける。

リュウジさん_レシピ

万能ねぎを乗せたら完成です♪ カレーとつゆを混ぜながら食べましょう。

 

バターを染み込ませたトーストとの相性バツグン◎「カレーホットサンド」

リュウジさん_レシピ

カレーパンを作るのは難しくても、カレーをトーストでサンドするなら簡単ですよね。リュウジさん流ホットサンドは、たっぷりのバターが味の決め手。焼き方をマスターすれば、具を変えても楽しめます♪ 【材料】

豚肉とたまねぎのカレー おたま1杯分

食パン(8枚切り) 2枚

卵 1個

サラダ油 大さじ1

バター 8g

 

(1)食パンにカレーを乗せ、豚肉を四角に置く。

リュウジsん_レシピ

(2)中火にかけたフライパンにサラダ油を引き、卵を割り入れて焼き、半熟の状態で黄身を割る。

リュウジさん_レシピ

(3)(1)に(2)で焼いた卵を乗せ、もう1枚の食パンで挟む。

リュウジさん_レシピ

(4)弱火にかけたフライパンでバターを溶かし、(3)を入れて、フライ返しで押しつけるように焼く。片面に焼き色がついたらひっくり返し、もう片方の面にも焼き色をつける。

リュウジさん_レシピ

器に盛り付けたら完成です♪

 

まとめ

今回はリュウジさんが普段作っているカレーをリメイクしていきましたが、「うどんやホットサンドは、普段作っているカレーやレトルトを使ってもOK」とのこと。しかし、「豚肉とたまねぎのカレー」のレシピ通り、たまねぎを焼き、ニンニクやバターを加えると、市販のルーを使ったとは思えないコクや深みが出るので、ぜひ挑戦してみてください。牛肉や鶏肉に変えてもおいしそう♪

梅雨の時期は特に菌が繁殖しやすいので、カレーはコンロに置いたままにせず、冷蔵保存、できれば冷凍保存しましょう。リメイクする時は、しっかり加熱してくださいね。 <<リュウジさんの他のレシピはこちら!>>

  ■Profile

料理研究家・リュウジ

リュウジ

「今日食べたいものを今日作る!」をコンセプトに、Twitterで更新するレシピが人気を集める。2017年8月に公開した「無限湯通しキャベツ」は『あさチャン!』(TBS系)、『ZIP!」(日本テレビ系)などでも取り上げられ、話題に。初となるレシピ本『お手軽食材で失敗知らず! やみつきバズレシピ』(扶桑社)好評発売中。

Twitterアカウント:@ore825

取材・構成・文:有竹亮介(verb)

撮影:森カズシゲ

関連記事リンク(外部サイト)

【学生応援★キュンごはん】料理家リュウジさん考案 第2回「3~4人分が500円!?で作れちゃう女子会レシピ」
【学生応援★キュンごはん】料理家リュウジさん考案 ●第1回「調理器具は最小限!!“フライパンだけ”レシピ」

fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。