ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

糸井重里、「生活のたのしみ展」の魅力を語る! 「夜店みたいな感じに」

糸井重里、「生活のたのしみ展」の魅力を語る! 「夜店みたいな感じに」
J-WAVEで放送中の番組『GOOD NEIGHBORS』(ナビゲーター:クリス智子)。6月4日(月)のオンエアでは、糸井重里さんが登場。ほぼ日主催による『生活のたのしみ展』や、作詞を手がけた前川 清さんの曲『初恋』について訊きました。

■3回目の「生活のたのしみ展」が開催!

開催目前となった「生活のたのしみ展」は今年で3回目、恵比寿ガーデンプレイスで6月7日(木)から11日(月)の日程で行われます。どんどん規模も大きくなっていますが……。

糸井:楽しいですよ。駅から歩いてくるプロセスも「生活のたのしみ展」のバナーで、伸び伸びできますね。奥のほうにはイベントばかりやるところがあるし、列ができたところにマジシャンの前田知洋さんがちょっとトランプを持って訪れたり、栗コーダーカルテットが演奏したり。夜店みたいな感じになるのかな。

『生活のたのしみ展』は、“付き合いが長くなりそうなもの”が集まっています。イベントやワークショップも充実。

糸井:(ほぼ日の)サイトでやっていることは、ひとつやったら次をやって、となるので、集まれないんですね。靴と靴下くらいは揃えられるんだけど、そこに誰かの絵があったり、そういうのをいっぺんにやるので、フェスみたいになるんじゃないかな。

クリスは、「メルヘン」とほぼ日のコラボサンドイッチや、水野仁輔さんのカレー、「めくってびっくりブラインドフリマ」などにも注目していました。ブラインドフリマは、色々な人が「誰のもの」と名乗らずに出品していて、買った人が最後に値札をめくるとわかるフリーマーケットなのだそうです。

■前川清への作詞提供は「とっておき」

さらに『生活のたのしみ展』には歌手の前川 清さんが登場します。糸井さんが久しぶりに前川さんの作詞を手がけました。

クリス:久しぶりですか?
糸井:久しぶりですね、37年ぶりとか。(前川さんから)「50周年なので、なにかヘンなことをやりたい」と連絡があって、「なにかヘンなことの中に歌を作るのはないですかね」と言われて。普通だと最初にその話から来るんですけど(笑)、話してたら「歌もありますかね」と言われて、そしてあったんですよ。僕、人の作詞はずっとしてないんですけど、「これは前川さんに歌ってほしいな」というコンセプトの歌が頭の中にあったんです。そういうことはたまにあるんです。「あの人とこれがしたいな」みたいなのが。前川さんって僕すごい好きな人で、「あったらいいな」と思ったら前川さんのほうから頼まれたから「とっておきのがあるんですよ」と。
クリス:前川さんもびっくりされたんじゃないですか?(笑)
糸井:信じてないと思いますよ(笑)。「前川さん用にメモしてある歌があって、まだできてないんですけどね」と、「ちゃんと仕上げたら作れますから、やりたいです」って言って。実際作詞を細かく作り込んだのは歯医者で。
クリス:(笑)。

歌詞には「歯医者で作ったとは思えない。歯の要素はまるでない(笑)」と糸井さん。前川さんについて「本当のことを言ってる感があるんですよね。それはやっぱり、付き合っていて気持ちがいい。特に悪びれたことを言うでもなく、本当のことを言ってる感じで、歌も工夫しているようには見えないじゃないですか。絶対的な音がパーンと出てくるような。元々エルヴィス・プレスリーをやりたかった人なので、その感じがあるんじゃないかな、源に。だから芸能の世界で前川さんファンってものすごい多いんですよね」と語り、「歌い手としての頂点の1人」と評しました。

そこで、今回作詞した前川さんの『初恋』という曲について解説していただきました。

糸井:フォーリン・ラブの「落ちる(fall)」というのが、「秋(fall)」と同じなんだと思って。全体にひっくり返す歌で、してはいけない恋に入っていく話ですから、「こういうふうに見えるけど、実際はこう」みたいなのばかりでできている、複雑な、「赤あげないで白あげて」みたいな歌です(笑)。

「生活のたのしみ展」にも6月10日(日)に、前川さんのコンサート「はじめての前川清」が恵比寿ガーデンプレイス内にあるザ・ガーデンホールで開催されます。糸井さんがコンサートを開くのははじめてのことだとか。

糸井:クールファイブ時代からの好きな曲を全部集めて、歌だけでやりたいなと思って。コントとかやらないとお年をめした方は飽きちゃうんですけど、せっかく「はじめての」というくらいだから、歌を思いっきりぶつけて、バックにちゃんと歌詞を流そうと思って。歌謡曲のよさは詞でもあるので。

前川さんのコンサートは、夜の部はまだ若干チケットがあるそうです。

「犬がいたときは犬といるのがとにかく楽しかったですが、今はこういう、企画して人が喜んでくれるのが老人の楽しみになっているかもしれない」と語った糸井さん。そんな糸井さんの楽しみが詰まった「生活のたのしみ展」。ぜひ足を運んでみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOOD NEIGHBORS』
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。