体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本人女子に大人気!モロッコの「リヤドブッサ」に泊まるべき5つの理由

日本人女子に大人気!モロッコの「リヤドブッサ」に泊まるべき5つの理由

モロッコといえば何が思い浮かびますか?砂漠、スーク(市場)、雑貨、料理など、モロッコにはたくさんの魅力が詰まっていますが、特に女子にオススメしたいのが「リヤド」に泊まること。

リヤドとは、もともと中庭のあるモロッコの伝統的な家(邸宅とも訳されます)のことを指します。そういった伝統的な家を改装して、旅行者が滞在するためのゲストハウスとなったものがモロッコには多数存在しています。

 

ハマムと呼ばれるアラブ式サウナやプール付きといった高級ホテルにも匹敵するほどのゴージャスな造りのものからバックパッカーが気軽に泊まれるドミトリーまで、価格帯もさまざま。

今回ご紹介するのは、全4部屋という小ささにも関わらず日本人の旅行者が年間を通して多数訪れる「リヤドブッサ」。有名ガイドブックに大きく掲載されていることも人気の理由ですが、リピーターも多数いるとのこと。女性を中心に、なぜここまで多くの日本人を惹きつけるのか、その理由に迫りたいと思います。

カワイイもの好き女子にはもちろん、モロッコってなんだか不安……という人でも行きたくなること間違いなし!

 

1. マラケシュ名所・フナ広場まで徒歩5分!

photo by maho

リヤドブッサのあるマラケシュは、モロッコで最も多くの観光客が訪れる一大観光都市。最大の目玉はメディナと呼ばれる旧市街で、エリア全体が世界遺産に登録されています。

モロッコの歴史ある建築物と、フナ広場から広がる迷路のような巨大なスークがマラケシュの観光名所。リヤドブッサはそのフナ広場から徒歩約5分という好立地にあります。

お買い物に疲れたら宿に戻ってミントティーで一休み、なんて使い方ができるのがこの宿の大きな魅力です。

 

2. 真似したくなるインテリア

photo by maho

リヤドブッサは赤を基調にしたインテリアで、どこを切り取ってもフォトジェニックです。

オーナーのブリジットさんはフランス人。モロッコ自体がフランス領だった歴史もあり、イスラム様式とフランスのエッセンスが混じったおしゃれな空間は「自分の部屋もこんな風にしてみたいな」と思えるほどかわいくて真似したくなります。

photo by maho

「このランプ素敵!」「このクッション真似したいなぁ」「このキーホルダー欲しいな」(最後に雑貨をプレゼントしていただきました!)などなど、インテリアに終始テンション上がりっぱなし。

photo by maho

滞在中は残念ながら雨でしたが、天気がよければパティオで朝食もとれるようです。

 

3. 最高のおもてなし

photo by maho

到着してまず驚いたのが、マラケシュの地図と一緒に「観光プラン」を英語でプリントしたものを手渡してくれたこと。

滞在日数にあわせて「ここは混雑するから朝一番に行くべき。次はこっちに行って〜、2日目はこっちのエリア!これで効率よく観光できるよ」と丁寧に説明してくれます。

photo by maho

ちなみに、ブリジットさんのイチオシ観光地はマジョレル庭園。リヤドブッサのようなキュートな色使いのインテリアが好きな女子なら気にいること間違いなし!

他にもタクシーの価格相場や交渉の方法をレクチャーしてくれたり「スーパーに行きたいんだけど、どこが近くてオススメ?」といったこちらの質問に答えてくれたり、レストランの手配も電話でしてくれるなど、本当によくしてくれました。

 

ホテルと違うリヤドならではの魅力は、このようにスタッフがフレンドリーで距離が近いところ。

中庭にあるソファが共有のラウンジのようになっており、そこでくつろいでいると前述したオーナーの他にもマネージャースタッフのアリさんとその奥さんなどもいろいろ話しかけてくれました。

4. 食事が美味しい

photo by maho

リヤドブッサは朝食も宿泊料金に含まれています。モロッコの朝食といえばヨーグルトと生搾りオレンジジュース、そして何種類ものパンがいただけます。もちろんミントティーも飲み放題。

ディナーは別料金ですが、毎晩20ユーロでモロッコ料理のコースをいただくことができます。

photo by maho

こちらはレーズンと鶏肉のタジン鍋。モロッコ料理の代表といえばこの三角の蓋が特徴的なタジン鍋ですが、一口にタジンといっても野菜がメインのものや肉の種類もさまざまで、滞在中毎日のように食べていましたが飽きることはありませんでした。

モロッコで外食となるとそれなりの格式のレストランでも荷物の管理などに気を使いますが、リヤドの食事なら貴重品は部屋に置いておけばいいので気が楽。部屋数が少ないのでレストランより静かな中で落ち着いて食事ができます。

また、マラケシュ滞在後半はずっと雨が降っていたのですが、リヤドの中なので移動の手間もなかったのがとても楽でした。

 

5. 猫に癒される

食事中、メインの肉料理が運ばれてきたときにふと視線を感じ横に目をやると、じっとこっちを見ていたのは……猫!

photo by maho

モロッコには猫がとても多いのですが、リヤドブッサでもオスとメス2匹の猫が飼われています。

オスの子はどうやら日本人女子が大好きらしく、積極的に甘えたり愛想を振りまいています。とっても営業上手な男の子!

photo by maho

それに対してメスの猫ちゃんは誰が近寄ってきてもお澄まし顔。でもスタッフには懐いているので、ちょっと人見知りなのでしょうか。

共有スペースのソファに座っていたら近寄ってきたり、油断してドアを少しでも開けておくとベッドルームにも遊びに来たり(!)と、ここにきたら猫カフェいらず。猫を飼う暮らしが体験できちゃいます。

 

また来たくなる宿

チェックアウトの時にスタッフから「ぜひ書いてね」と、宿の感想を書くノートを渡されました。

ノートを開くと、「また泊まりにきます!」「リヤドブッサ最高。ありがとうございました」といった多くのコメント(イラストなども)が多数あり、それを読んでいるだけでも皆さんがこの宿に惹かれていることがとってもよくわかりました。日本語、日本人のものと思われる書き込みもたくさん。

 

いつも明るく「どう?楽しんでる?今日はどこに行ってきた/行ってくるの?」といった風に話しかけてくれるブリジットさんや、旅が好きで、日本にも行ってみたいと話してくれたアリ夫妻。

最後にハグして写真をとって、バイバーイ!と別れてフナ広場を歩く時、寂しくて1人でしばらくぽろぽろ涙が出るほど、心温まる素敵なステイでした。

部屋を改装してこれから全5部屋になるリヤドブッサ、気になったらぜひ早めのご予約をオススメします。
■詳細情報
・名称:Riad Boussa
・住所:192 Derb Jdid – Dabachi Marrakech Morocco
・アクセス:ジャマエルフナ広場(東側)から徒歩約5分、タクシー乗り場から徒歩約10分
・電話番号:00.212.(0).5.24.38.08.23
・オススメの時期: 春(2〜6月)と秋(9〜11月)
・公式サイトURL:http://www.riadboussa.com/jp/home.html

関連記事リンク(外部サイト)

豪華宮殿に世界遺産の広場まで! マラケシュの人気観光スポット11選
観光だけじゃ分からない…モロッコに1年間住んだからこそ見えた「6つの裏の顔」
ロッククライミングの聖地!「トドラ渓谷」でやるべき2大アクティビティとは
カサブランカの基本情報と観光スポット15選

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。