ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

よい政治発言にインセンティブを…アプリで政治を変える19歳CEO

よい政治発言にインセンティブを…アプリで政治を変える19歳CEO
J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「ZOJIRUSHI MORNING INSIGHT」。6月4日(月)のオンエアでは、政治にまつわるプラットフォームアプリを開発した、19歳の現役大学生で「株式会社PoliPoli」CEO、伊藤和真さんが登場。慶應義塾大学商学部2年生の伊藤さんが、政治アプリを作った理由を訊きました。

■アプリ開発のきっかけは「俳句」

伊藤:もともと俳句が好きで、高3のときに俳句を発表する場が全然なかったので、俳句のアプリを作ったのがきっかけです。「俳句をスマホで発表できたらいいな」と、「原宿で若者が俳句をよみだしたらクールだな」という発想で作りました。それで新しいものを作るのが面白いなと思い、ベンチャーに投資する界隈に入って、僕は政治に興味はなかったんですがなんとなく不満があって、「何をしてるんだろう政治家は」と、それで日本でビジネスとして、テクノロジーとかを踏まえて「政治をよくできるのでは」と思い、この会社を立ち上げました。

■「PoliPoli」は政治家と市民をつなげるアプリ

「Politics(政治)」から名前を取った「PoliPoli」は、政治に関心がなかった伊藤さんが漠然とした不満や、テレビを見ると政治スキャンダルばかりの現状をみて、アメリカやエストニアのよい例を参考に、日本でアプリとして実行したものです。

別所:海外のいい例って、例えばどういうのがあるんですか?
伊藤:エストニアとかだと、行政が政治家の情報をネット上でまとめていて、選挙前とかにこれを見れば参考にできます。僕らはちょうど18歳選挙権が初めて施行されて選挙があった年なので、教授とかに突撃して話を聞いて、政治家さんの事務所にも連れていってもらって、課題を感じて、「でもこれはテクノロジーで絶対解決できるよね」と思ったんです。

アプリサービスの特徴を紹介して頂きました。

伊藤:簡単に言うと政治家と市民をつなげるアプリで、政治家さんに質問できたり、市民のなかで議論できるんですけど、面白いところは、政治家も市民もいいことを言ったら、独自トークン=独自通貨がもらえるというところです。お金みたいなもので「ポリン」といって、政治家からしたら、いいことを言ったら新しい形の個人献金がもらえるし、市民からしたらゲーム感覚で政治議論ができます。盛り上がってきたら仮想通貨化できるように考えています。

当初は「政治サービスは儲からないからやめたほうがいい」と言われたそうですが、千葉県市川市の市長選挙に出してみたところ、新聞やネットで話題になり、若者層や女性層にも使われニーズを確信したそうです。現代の若い世代の政治への関心について訊きました。

伊藤:そんなに関心は強くないですが、なんとなく不満を感じています。色々な課題があって、それを少しずつ僕らのアプリで解決できたらなと思います。

「PoliPoli」の中で使える「ポリン」のように、仮想通貨、トークンエコノミーに取り組むなか、仮想通貨の現状について訊くと……。

伊藤:投機から入って広がることはいいと思いますが、さすがに投機が強すぎないかと。それをサービスに落とし込むということがなくて、日本だとその傾向が強く、あまりよくないかなとは思います。僕は買わないですけど、どの仮想通貨が技術的に優れているかはみています。

「PoliPoli」は6月末にベータ版をリリースします。それを各地の選挙に利用し、12月くらいまでにはトークンと絡ませたいと考えているそうです。「サービスの価値が高まれば僕らも儲かるという仕組みなので、誰からもお金を取ったりはしない新しいビジネスモデルです」とのこと。現在はiOSのみ対応しており、今後Androidやウェブ版のサービスも検討しているそうです。

伊藤:今後は政治のいいコミュニティを作っていきたいなと思います。トークンというインセンティブのせいで変なことは言えないんです。変なことを言うと自分の信頼スコアが減ってトークンが減ったりします。そこで質のいいコミュニティができて議論が簡単にできる点はいいのではないかと思っています。

すでにアメリカの政治サイトでは、いい記事を投稿すると10万円相当のトークンが与えられる仕組みが盛り上がっているとか。日本でも荒れない政治サイトや、発言を介して成立するトークンエコノミーが実現するか、注目ですね。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy