体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダイエットでも我慢しない!ヘルシーなのに見た目も味も大満足なギルトフリースイーツとは

最近、巷で話題の“ギルトフリー”。

ギルトフリーとはguilt(罪悪感)とfree(ない)で“罪悪感がない”という意味です。“罪悪感がない”とは、人それぞれに定義が違い、個人差がありますが、一般的には「ヘルシーでカラダに優しい食べ物」といったところでしょうか。

グルテンフリー、ロースイーツ、無添加、オーガニック、低糖スイーツ…、アレルギーや糖質に配慮し、添加物を使わないなど身体に優しいギルトフリーな料理やお菓子たち。しかし、個人的には(見た目に素朴なものが多く、もっと華やかさも欲しい!)感が否めません。

そこで今回は、味も、そして見た目の華やかさも追求したギルトフリースイーツを中心に、そのトレンドを取材しました。

手作り菓子は、簡単ヘルシーかわいい!が合言葉

最初に訪れたのは、港区青山でライフ&キャリアスクールを運営する「SHElikes(シーライクス)」(https://she-inc.jp/likes/)です。

健康・ヘルシー思考の高まりから、ギルトフリーなお菓子やスイーツ作り教室が人気だそう。特に、ビューティースイーツクリエイターのHALUさんが主催するお菓子作り教室は、火を使わず8 度以下の低温調理方法で、白砂糖や小麦粉不使用のロースイーツレシピを丁寧に教えてもらえるとあって、幼い子を抱えるママ達を中心に支持をあつめています。

赤ちゃん連れでも大丈夫!元気な声が響く教室は、とても華やかでオシャレな雰囲気。HALUさんの作るロースイーツは、忙しいママでも手軽に作れて見た目もカワイイものばかり。美容にも良い素材を使用したビューティースイーツなのです。

ちなみに「ロースイーツは、焼かずに作るので「ロー=Raw(生)」という意味。低糖という意味ではないのですね。


生クルミ、生カシューナッツ、ローハニーなどを使用したギルトフリーな「レモンタルト」

生徒さんからは「子どもが誕生してから、食べるものにこだわるようになりました」「子どもにアレルギーがあり…自分自身の手で安心なお菓子を作りたいと思って」など、自身を含め家族の健康に気使う声が聞かれました。

シリアルは、よりヘルシーなものを好む傾向に

現在、シリアル食品の大手ケロッグではギルトフリースイーツを親しんでもらえる機会を広めることを目的に、表参道とその周辺地域の人気カフェレストラン5店舗と「フルーツグラノラ ハーフ」を使用したコラボスイーツを展開する「ケロッグ ギルフリ プロジェクト」を5月25日よりスタートさせています。

ケロッグによると、同社で、今、最も人気なのが低脂肪の穀物を厳選し調合する油を極めてカットした「フルーツグラノラ ハーフ」だそうです。

広報担当の方は「以前は牛乳をかけるのが定番でしたが、最近では豆乳に替えるなど、より健康的に楽しみながら食べる方が増えてきています。主な購買層は30代~40代ですが、ヘルシーなものを求める全ての世代の方に、ぜひ味わっていただきたい」と話します。

今回のプロジェクトでは、味や脂質カットもさることながら“見た目”のおいしさにもこだわり、「フルーツグラノラ ハーフ」をより身近に感じられる、さまざまな楽しみ方を提案しています。

【表参道リバーカフェ】

「フルーツグラノラ ハーフ」とグランベリーソースが華やかな、レアチーズに水切りヨーグルトと豆腐を使用したデザート。別添えの豆乳のフロマージュクリームソースをつけて味の変化を楽しめる一品です。

「レアチーズの“フルーツグラノラ ハーフ”添え豆乳ソースとミックスベリーのジュレ」

見て食べて満足できる、豪華で可愛らしいチーズケーキです。豆腐と豆乳を使用しているため一般的なレアチーズケーキよりもふんわりと軽い食感。豆乳独特の風味がなく、豆乳が苦手な人でも楽しめますよ!

【SUZU CAFE 神宮前】

アイスやヨーグルトに練り込んであるグラノラの食感の違いが、それぞれに楽しめて新鮮!スイーツだけでなくグラタンなどの料理にも利用できるかも!と、「フルーツグラノラ ハーフ」の新しい可能性に気がつかされる一品です。

「“フルーツグラノ ラハーフ”とヨーグルトのヘルシーSUZUパフェ」

「脂質ハーフにするとどこか物足りなさを感じてしまうので、ボリュームと味のバラエティさを追求しました」と店長。なるほど、ボリューミーですがアイスの甘さの後にくる、ヨーグルトとラズベリーの酸味がほどよく刺激的で飽きがきません!

【スイーツパラダイス原宿店】

食べ放題のお店として人気の「スイーツパラダイス」では、他のケーキやスイーツと変化をつけるため、食べやすく口当たりが良い低脂肪牛乳のミルクゼリーを用意。ツルリとした寒天とサクサクとしたグラノラの食感はやみつきになります。

奥)フルーツグラノラを使用したチョコレートケーキ。手前)「ミルクゼリー“フルーツグラノラ ハーフ”のせ」

「食べ放題とはいえ、ダイエットを気にされるお客さまにむけに開発しました。どなたでも親しみやすいように手軽で身近なイメージ。中高生のお客様にも「フルーツグラノラ ハーフ」の良さを知っていただきたいです」と店長。どこか懐かしい優しい味のゼリーで、これならば自宅でレシピを再現できそうです!

【76CAFE OMOTESANDO】

美容と健康に気を使う女性が多く来店する「76CAFE」では、バナナやベリー、そしてポリフェノールを豊富に含むアサイーを使用したフルーツ感たっぷりなスムージーを用意。豆乳とバニラアイスで、まろやかな味に仕上げてある一品です。

「アサイー&ベリーヨーグルト“フルーツグラノラ ハーフ”スムージー」

とにかく腹持ちがよく“朝ご飯”感覚で食べられます。置換えダイエットにもおススメです。グラノラは“牛乳をかけて食べるもの”という固定観念がくつがえりました。ちなみに、「ケロッグ ギルフリ プロジェクト」の特設HPでは、今回ご紹介した4店舗他、プロジェクト参加店舗のレシピが公開中です!

出典(http://www.kelloggs-guilt-free.jp/sweets.html)

ほどよい甘さと食感や味にこだわったギルトフリーなスイーツたち。「ダイエット中だけれども…甘いお菓子の誘惑を我慢できない!」「家族の健康を考えて、身体に優しいおやつを用意したい」と、あらゆる希望を叶えてくれるレシピとの出会いにワクワクする取材でした。

低脂質でも美味しく、心もカラダも満足できる「ケロッグ ギルフリ プロジェクト」では、今回ご紹介し店舗他、人気スイーツ店、全5店舗で開催しています。青山周辺に立ち寄るさいには、ぜひ、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

■開催期間 2018年5月25日~6月24日

【表参道リバーカフェ】東京都港区北青山3-5-43 表参道ラボ1F)

【SUZU CAFE 神宮前】東京都渋谷区神宮前5-27-7 アルボーレ神宮前3F

【スイーツパラダイス原宿店】東京都渋谷区神宮前1-8-2 SoLaDo原宿3F

【76CAFE OMOTESANDO】東京都渋谷区神宮前4-9-2 神宮前MMビル1F

【La FEE Delice】東京都渋谷区神宮前5-11-13 1F

詳細は専用ホームページまで http://www.kelloggs-guilt-free.jp/

 MyAge(マイエイジ) 2018 春号
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。