体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

セブ島行き航空券をかしこくお得に購入するコツ

セブ島行き航空券をかしこくお得に購入するコツ

こんにちは、KOH(@Luck81O)です。
■KOHの「セブ島留学」連載はこちら
モテる旅人の条件は◯◯力だった!僕が3ヶ月のセブ島滞在を決心したワケとは
まるで人間がゴミのよう⁉︎ セブ島のローカル遊園地が抱える8つの問題点
全身がペンキだらけに!フィリピン最大級の祭典「シヌログ祭り」がカオス過ぎた
フィリピンで愛されるカップ麺を食レポしようとした時に起こった、まさかの悲劇
【グロ注意】孵化直前の卵「バロット」を全種類食べると夢が叶うと聞き、食べてみた
たった1ヶ月でも英語力アップ!現役留学生が伝えるセブ島留学のリアル
世界を知ることは自国を知ること。セブ島に2ヶ月滞在して見えたもの
フィリピンを7度訪れた旅人が語るセブ島の治安
3ヶ月の留学を終えた僕がセブ島留学を勧めない5つの理由
セブ島行きの航空券をかしこくお得に購入するコツ(いま、この記事を読んでいます)

 
過去7回のセブ島へ渡航し、幾度となく利用した飛行機便。その経験を経て身につけたセブ島行きの航空券をかしこくお得に購入するコツをご紹介します。

「マイルとか難しいことは分からない!」といった方におすすめの、シンプルなコツです。筆者もマイルとか難しいことは分かりません!

 

最適な空路を選ぶ

KOHさん(@k0h_travel)がシェアした投稿 – 2018年 4月月8日午前1時36分PDT

目を凝らして安価な航空券を探してはいませんか?一度落ち着いて、自身に最適な空路を選びましょう。セブ島に渡航するにあたっては大きく分けて2通りの空路があります。

 

直行便

日本からセブ島まで乗り換えなしで到着する直行便。初めての海外渡航でセブ島に行く方で、乗り換えが不安でしたら直行便で向かうことが安パイでしょう。

経由便に比べ、料金は張りますが、乗り換えに失敗して航空券を再取得するようなリスクを考慮すれば、金銭的にも悪くないかと思います。

 

経由便

直行便に比べ、比較的安価に利用できる経由便。日本→マニラ→セブ島のように一箇所を経由することで、直行便より時間はかかりますが、うまく使えば悪いものでもありません。

例えば日本→マニラ→セブ島ですと日本→マニラとマニラ→セブの航空券を別々に取得し、マニラで1泊の観光をすることが出来ます。

セブ島渡航とマニラ渡航を一本化し、一度で二度美味しい旅ができるのです。ちょっとした思いつきで旅の寄り道をすると、なにから新しい発見があるかも知れませんね!

 

旅の寄り道航空券


Photo by KOH

上記で例にあげた経由便。セブ島に向かうマニラ経由便の場合は、後半に国内線を利用しますが、国際間の経由便を選択することも可能です。

日本からのセブ島行きでよく利用される国際経由地はタイ、マレーシア、韓国、台湾、香港。どこも人気の観光地ですが、その中でも観光大国タイは筆者のイチオシです。タイで東南アジアの熱気を感じ、タイフードを満喫した後にセブ島でリゾートライフをおくってもいいですね。

セブ島語学留学の帰りにちょこっとタイへ寄り道、勉強から解放され、ひとときの休暇をタイで過ごすのもまた粋な旅です。

バックパッカーの聖地タイを最高に楽しむ33の観光スポット

 

航空券比較サイトで検索

skyscanner _logo

Photo by Skyscanner

このような自分に最適な空路で航空券を最安値で取得する際に必ずチェックしたいサイトは「スカイスキャナー」。バックパッカー御用達の航空券比較サイトであり、筆者も毎度お世話になっています。

月別&日別の最安値を見れたり、最安値更新時はお知らせが来るプライスアラートを設定できるのも特徴です。

【海外好き必見!】世界21カ国をたった60万円で旅した僕がオススメする航空券比較サイト「スカイスキャナー」とは?

 

出来る限りの早期購入

P1140013

Photo by Skyscanner

航空券の価格は購入日や予約日によって大きく異なります。大型連休や週末のフライトで破格の航空券を買うことは難しいのですが、時期を外してみると、とてもお得に航空券を買うことができます。

月・火・水のフライトが平均して価格が安く、その曜日の航空券を出来る限り早期購入することがコツでしょう。

 

また、航空会社のSNSやTabippoのLINE@でセール情報をいちはやく入手し、セール開始時刻に購入までたどり着ければ驚きの価格で航空券を購入できることもあります。

筆者は過去にセブパシフィック航空による直行便往復6000円の航空券でセブ島渡航をしたことがありますが、それもセール時に購入したものでした。

・セブパシフィック航空
・バニラエア
・エアアジア

筆者はセブ島の格安航空券を狙う際、上記3社のセール情報をチェックしています。

行くか分からなくても買う

Photo by pixabay

セール航空券は基本的に半年後くらいの航空券販売になります。心意気として必要なのは「行くかわからなくても買う」ということです。格安を狙うならばスケジュールに航空券を合わせるのではなく、航空券にスケジュールを合わせなくてはなりません。格安航空券は自分のスケジュールより地位が高いと認識すると使いこなせるようになってきますよ!

セール開始時は購入希望者が殺到するので、迷いは禁物です。よくわからず買うくらいが、ほどよいのではないでしょうか。

フィリピンの国内線は常に安いので、マニラまでのセール航空券をとりあえず取得しておいて、後からマニラ⇆セブの国内線航空券を取得するという技もあります。

 

まとめ

Photo by KOH

単純に最安の航空券を探していては、なにか大事なことをおざなりにしてしまいます。「最安ルートで!最安値で!」と集中してしまうのではなく、一度で二度美味しい旅や、効率的な航空券購入で真に得しましょう。

東京発だって大阪着にすれば関西観光をできます。なによりも柔軟に旅する姿勢が、一番旅をお得でより良いものにしてくれますよ!

Licensed material used with permission by NexSeed Inc.

関連記事リンク(外部サイト)

【グロ注意】孵化直前の卵「バロット」を全種類食べると夢が叶うと聞き、食べてみた
パンガン島で開催される最高のパーティーナイト5選
創業160年。ジョン・レノンも愛したそのバーを、僕は愛せなかった
世界が嫉妬する美しい髪色9選

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。