ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

村上春樹、遂にラジオ初登場! DJをやる気になったのは「心地よい時間を分け合うのもいいかもしれない」から

村上春樹、遂にラジオ初登場! DJをやる気になったのは「心地よい時間を分け合うのもいいかもしれない」から

 作家・村上春樹が初めてディスクジョッキーをつとめる特別番組『村上RADIOレディオ』が、TOKYO FMをはじめとするJFN38局で2018年8月5日に放送される。

 番組では村上春樹自らがディレクターをつとめ、番組内でオンエアされる曲はもちろんオープニングテーマやエンディングテーマの選曲も担当。テーマは「RUN&SONGS」。40年近い作家生活の中で村上春樹が続けてきたのは、音楽のように小説を書き、小説を書くために体を鍛えること。村上春樹にとって「音楽」と「走ること」とは作品を執筆するためになくてはならない要素なのだという。番組では、村上さんがランニングするときに持参しているというiPodやCD、レコードをスタジオに持ち込み、その曲について、また「走ること」について、「音楽」や「文学」について、自身の言葉で語っていく。

 さらに、6月10日まで、村上春樹への「音楽に関する質問」も募集。選ばれた質問を、村上春樹が番組内で紹介しながら答えていく。

◎村上春樹 コメント
小さい頃から、レコード(とかCD)のコレクションが趣味で、おかげでうちにはそういうものが溢れかえっているんですが、「こんな素敵な音楽をいつも僕ひとりで聴いて、気持ちの良い時間を送っていて、世の中になんか申し訳ないよな」とよく思っていました。ときにはいろんな人たちと適当におしゃべりをしながら、ワイン・グラスやコーヒー・カップを手に、心地よい時間を分け合うのもいいかもしれない。 ラジオでディスクジョッキーみたいなのをやってみようかという気になったのは、そういうところが原点になっています。だから僕の好きな音楽ソースをうちから持ってきて、それを好きなようにかけて、そのあいだに好きなことを話させていただく……そんな感じのパーソナルな番組にできればと思っています。 他の番組ではあまり(まず)聴けないような曲を、でもできるだけ寛いで聴ける音楽を選んでかけていきたいと思います。むずかしいことはほとんど抜きで。そしてその合間にちょっとしたお話もできればなと思っています。楽しんでください。

◎放送情報
『村上RADIO~RUN&SONGS~』
2018年8月5日(日)19:00~19:55
※Date fm、広島FMは20:00~20:55、FM沖縄は21:00~21:55
パーソナリティ:村上春樹
提供:DNP大日本印刷
放送局:TOKYO FMをはじめとするJFN系列全国38局ネット

関連記事リンク(外部サイト)

吉田羊/佐野玲於/村上虹郎ら出演、村上春樹原作『ハナレイ・ベイ』が映画化
『1月12日はなんの日?』村上春樹氏の誕生日、来月ついに待望の新作発表
マイルス・デイヴィスやマドンナとの仕事で知られる音楽家、レジー・ルーカスが65歳で死去

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。