体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2世代女子旅!母娘タイム vol.2】〜新旧共存の都!韓国ソウル編〜

【2世代女子旅!母娘タイム vol.2】~新旧共存の都!韓国ソウル編~

【Day1】 ロケーション最高!旅の拠点は、進化する「弘大」

【2世代女子旅!母娘タイム vol.2】~新旧共存の都!韓国ソウル編~
金浦空港から空港鉄道で15分弱、アクセス抜群の「弘大入口」を旅の本拠地に。ソウル市内の中心にあり、ウォールアートや個性派カフェなどが集結するトレンド発信地です。元々はゲストハウスが多かった弘大エリアですが、近年続々と大型ホテルがオープン。ソウル観光の新たな顔として、今最も注目を集めるスポットなんです。

他と一線を画す!参鶏湯の名店で、体の中から喜びを感じよう

【2世代女子旅!母娘タイム vol.2】~新旧共存の都!韓国ソウル編~
そんな弘大でまず最初に訪れたのは「百年土種参鶏湯(ペンニョントジョンサムゲタン) 本店」。筆者がソウルへ来る度に通い詰める参鶏湯の専門店です。ピーク時は行列必至なので、時間をずらして早めのディナーが狙い目。

【2世代女子旅!母娘タイム vol.2】~新旧共存の都!韓国ソウル編~
百年土種参鶏湯(15000KRW)

参鶏湯は”食べるエステ”とも言われる美容食。若鶏のお腹の中に、もち米や高麗人参、にんにく、ナツメなどを詰めじっくり煮込んだ韓国の薬膳料理です。通常の参鶏湯以外に、”エゴマ”や”黒にんにく”を使った種類もあり、こだわりと豊富なラインナップは専門店ならでは。韓流ドラマにハマり中の母は「オルチャン肌になる気がするわ〜」と大満足。

箸を軽く入れただけで、ホロホロとくずれるお肉。「柔らかいってこういう事・・・」と心底実感させられます。会話も忘れ夢中で鶏に喰らいつく母娘、旨味とキレイの素がしみこんだスープも最後の一滴まで飲み干し完食。

「百年土種参鶏湯(ペンニョントジョンサムゲタン) 本店」
住所:354−12 Seogyo-dong, Mapo-gu, Seoul, 大韓民国
Tel:+82 2-325-3399
営業時間:10:00-22:00

眠らない街ソウル。活気みなぎる夜散歩で、旅気分も急上昇

【2世代女子旅!母娘タイム vol.2】~新旧共存の都!韓国ソウル編~
食後は運動がてら街を散策。ネオンきらめく屋台に居酒屋、明日のスターを夢見る若者たちのストリートパフォーマンス・・・。エネルギッシュな雰囲気に包まれ、ソウルの夜にどっぷり酔いしれましょう。

【Day2 娘チョイス】学生街「新村・梨大エリア」で、食い倒れ&買い倒れ!

【2世代女子旅!母娘タイム vol.2】~新旧共存の都!韓国ソウル編~
娘(筆者)一押しのエリアは、絶品プチプラグルメとファッションが楽しめる「新村(シンチョン」と「梨大(イデ)」。地下鉄2号線沿い、隣り合うこの2つの街は歩いて移動するのが◎。行き交うオシャレな韓流ガールのメイクをお手本に、「ETUDE HOUSE」や「HOLIKA HOLIKA」など韓国コスメをGetしたり・・・。

【2世代女子旅!母娘タイム vol.2】~新旧共存の都!韓国ソウル編~
冷麺ランチを堪能して、オーバーヒートした買い物欲をクールダウン。

【2世代女子旅!母娘タイム vol.2】~新旧共存の都!韓国ソウル編~
再び街を歩けば一瞬で蘇る乙女の物欲。夜までショッピング三昧、気づけば抱えきれぬ程のアイテムを爆買いしていた・・・なんて事も。買い物バックは、エクストラサイズを持参しておきましょう。

肉の厚さが違う!安くて旨い、本場コリアンBBQの底力

【2世代女子旅!母娘タイム vol.2】~新旧共存の都!韓国ソウル編~
腹ペコ学生の台所「新村」が誇る、サムギョプサルストリート。こちらには激安の穴場レストランがあるんです。地元っ子も思わずうなる実力派、名付けて「구이마을2호점(クイマウル 2号店)」。

【2世代女子旅!母娘タイム vol.2】~新旧共存の都!韓国ソウル編~
鉄板の上でジュージュー、食欲を掻き立てる音がたまりません。分厚い豚肉はひっくり返すのも一苦労、腕がぷるぷる震える程重いんです(いや本当に)。

キムチにサンチュ、にんにくなど付け合せは無料で食べ放題。鉄板からこぼれ落ちる程のせちゃいましょう。香ばしい匂いにビールも進みます。そうしてるうちにお肉も食べごろ、ハサミで一口大に切りいざ実食。コチュジャンで頂くも良し、肉そのものを味わいたいなら少量のお塩につけるのがおすすめ。母娘二人でたらふく食べても30000KRW程度、ちょっと安過ぎやしませんか!?

「구이마을2호점(クイマウル 2号店)」
住所:33-25, Changcheon-dong, Seodaemun-gu, Seoul
Tel:02-334-4252
営業時間:11:00-翌07:00

【Day3 母チョイス】伝統美溢れる「三清洞&仁寺洞エリア」で、レトロ散歩

【2世代女子旅!母娘タイム vol.2】~新旧共存の都!韓国ソウル編~
母のお気に入りは「三清洞(サムチョンドン)」と「仁寺洞(インサドン)」。歴史的な街並みは、母世代ウケばっちり!韓屋カフェに雑貨屋めぐり、ここでは時間がゆったりと流れます。

歴史 x モダン =「三清洞」 奥の細道に通ずるは別世界

【2世代女子旅!母娘タイム vol.2】~新旧共存の都!韓国ソウル編~
最寄り駅である地下鉄3号線「安国」駅に到着。三清洞は様々な撮影で使われる人気ロケ地、TVで見覚えのある方も多いことでしょう。路地裏に軒を連ねる伝統家屋が、訪れる者を歴史の彼方へといざないます。

【2世代女子旅!母娘タイム vol.2】~新旧共存の都!韓国ソウル編~
又、民族衣装「チマチョゴリ」が、最も似合う場所でもあります。レンタルショップで借りて町を歩けば、気分はドラマの主人公。

【2世代女子旅!母娘タイム vol.2】~新旧共存の都!韓国ソウル編~
韓屋を改造したスタイリッシュなカフェで一休み。三清洞ストリートにある、人気店「CACADEW」にやってきました。

【2世代女子旅!母娘タイム vol.2】~新旧共存の都!韓国ソウル編~
窓の外を眺めていると、写真を撮る観光客の姿が絶えず目に飛び込んできます。フォトジェニックな佇まいに、皆さん釘付けなのでしょう。

「CACADEW」
住所:63-19, Samcheong-dong, Jongno-gu, Seoul
Tel:02-737-7277
営業時間:(月-木)11:00-21:00 (金・土)11:00-22:00

”古き良きソウル魂”を感じる!「仁寺洞」

【2世代女子旅!母娘タイム vol.2】~新旧共存の都!韓国ソウル編~
お次はそのまま歩いて「仁寺洞(インサドン)」へと参りましょう。この街を一言で表すならば、”THE・キング・オブ・伝統”。メインストリートを見渡せば、右も左もハングルの看板だらけ。これは昔ながらの景観を保つ為だと言います。骨董品や工芸品が有名で、思わぬ掘り出し物が見つかるかもしれません。

【2世代女子旅!母娘タイム vol.2】~新旧共存の都!韓国ソウル編~
「STARBUCKS COFFEE」でさえもハングル。数あるスタバの中でもこちらだけ、とってもレアですよね!

【2世代女子旅!母娘タイム vol.2】~新旧共存の都!韓国ソウル編~
「あ〜、今韓国にいるんだなぁ」、としみじみ思わせてくれる仁寺洞。時代の流れと共に欧米化が進んだ世の中、あえてハングルにこだわるそのハングリー精神がかっこいい。いつまでもそのままでいてほしい、そう願いつつソウルに別れを告げる母娘でありました。

青春パワー炸裂「新村・梨大」vs イニシエの都「三清洞・仁寺洞」

【2世代女子旅!母娘タイム vol.2】~新旧共存の都!韓国ソウル編~
弘大を拠点にスタートした今回のソウル母娘旅。世代の違う二人がそれぞれ選んだのは、見事に趣向の異なる場所でした。結果、普段自分では行かない所に足をのばせ、新たな発見に繋がった気がします。母が若者タウンで学生時代に戻ったように目を輝かせていたり、歴史香る古都で思いを馳せる自分に気づいたり・・・。嬉しい誤算があるのも、2世代女子旅ならではカモしれません。

[All Photos by Ai Kaneko]

【2世代女子旅!母娘タイム vol.2】〜新旧共存の都!韓国ソウル編〜
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。