体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一足先にカローラハッチバック(プロトタイプ)に触れてきました。あれ? カローラってこんなにいい車だったっけ? ってくらい気合い入ってましたよ!

▲カローラハッチバック(プロトタイプ)

カローラといえば、誕生から50年以上も続く超ロングセラーモデルです。世界各国で長年販売されており、なんと10秒に1台のスピードでお客さまの元に届けられています。そんなカローラが今回、かっこよさ・高級感を兼ね備えて新しくなります!

100周年を見据えた次の50年に向けて誕生する12代目のカローラは、トヨタ自動車のコネクティッドカー第1弾となるそうですが、“安心”と“安全”を世界中に広めるためにあえてカローラを選んだそうです。

カローラといえば、オジサンが乗ってそうなイメージがありますが、新型カローラは若い人たちに乗ってほしい車なんだと強くメッセージされていました。

プロトタイプではありますが、実車を見てきましたので、簡単ではございますがレポートします。

まずは、ざっと車全体を見てみてると、大胆なプレスラインの採用やホイールアーチのデザインがかっこよくなり、お金がかかっている! というのがひと目で分かります。エンブレムも新しくなり、COROLLAの『C』がデザインされています。

スゴイなと思ったのは、ドアを空けた時に見えるピラーやドア内側の造形が美しいことです。スポット溶接もほとんど目立ちません。

内装はシンプルだけど高級感もちゃんと感じられますし、ゆったりとくつろげる空間となっていました。今までのカローラとは比べ物にならないほど質感がぐ~んとアップしている印象です!

パワートレインは1.8LのHV、1.2LターボのCVT、1.2ターボのMTの3種類。 HVの燃費はJC08モードで34.2㎞/Lと低燃費を実現しています。

このカローラハッチバックはプリウスやC-HRと同じTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)のGA-Cプラットフォームを採用しています。 しかも、C-HRのときよりもさらに進化して、乗り心地や静粛性が向上しているそうです。実際に乗ってみましたが、確かに静か! 本当にカローラ?? と思ってしまいました(笑)

ラストは安全性!

最新の次世代トヨタセーフティセンスが全車標準装備です。夜間の歩行者検知やロードサインアシスト(道路標識を知らせてくれるもの)、レーントレーシングアシスト(高速での加減速とステアリングを同時に制御し運転のアシストをしてくれるもの)が次世代のトヨタセーフティセンスには付いてるんです。安全性もぐ~んとアップですね!

外装も内装も、すべてにおいて丁寧な作り込みにただただ感動でした! コンパクトなボディサイズにデザイン性、質感のアップ、最新の安全性がついてるなんてきっとカローラのイメージが変わるはず!

残念ですが、詳しい情報はまた後日。

それでは、写真でご覧ください。

▲1.2L ターボ。ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン ▲6MTモデルも用意されています ▲1.8L HV ボディカラーはシアンメタリック ▲リアスタイルのこの大胆なプレスライン、かっこよくないですか? ▲1.8L HV ボディカラーはブラキッシュアゲハガラスフレーク。濃紺な感じでステキです。ラゲージも結構広~い! ▲ノーマルタイプのシート ▲スポーツタイプのシート ▲リアシートも見た目以上に広~い! ▲白いステッチがいいアクセントになってます。シフトブーツもはいてますよ! ▲今までのカローラのエンブレムから変わっています! ▲溶接ポイントが目立たない美しさ!

いかがでしたか?? カローラハッチバック(プロトタイプ)のレポートでした~!

text/編集部 横山菜月

photo/尾形和美

関連記事リンク(外部サイト)

カローラPHVやシルフィゼロエミッション。日本では見かけない日本車が多く展示された北京モーターショー2018
絶滅危惧車のトヨタ ヴォルツは、まさに日本とアメリカのハーフだった!

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。