体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

脳内の「エラー」を愛そう/東京はみらいの実験場である

脳内の「エラー」を愛そう/東京はみらいの実験場である

さあ、みらいはどうなる! 

と、本気で語り合う人たちが、世界中から東京ミッドタウンに集結していました。5月末に開催されたFIS(Future Innovators Summit)TOKYOに行った人は、貴重な刺激を受けられたのでは?

オーストリアの文化機関アルスエレクトロニカと博報堂を中心に、世界中からイノベーターを集めてアートを展示し、それらをもとに議論。その内容を公開していました。

これは、東京という都市をみらいを研究するラボと見立て、“新たな問い”を探した社会実験と言われています。そう聞くと小難しいけれど、とにかく話が刺激的。

 

テーマは「エラー」。

 

初日に行われたトークセッションでは、イノベーションに欠かせないアートの定義から役割の話、これからこんな可能性があるんじゃない? ってな事例まで盛りだくさん。登壇者によるお話を一部抜粋して紹介します。うーん。なるほどたしかに。

可能性を限定せずに、
機会をつくらなければいけない。

脳内の「エラー」を愛そう/東京はみらいの実験場である© 2018 TABI LABO

ゲルフリート・ストッカー(アルスエレクトロニカ)

アートについて話すことはとても良いことです。アートは、常に変わっていくもの、付け加えていくものと考えています。芸術作品でもなく、プロジェクトでもない。アーティストは、自由な空間を使える存在です。社会のすき間を埋めていく。

アーティストは教育者になってはいけません。フレームワークに固めてはいけないのです。可能性を限定せずに、機会をつくらなければいけない。

音楽、会場、そういったところで様々な独自性をつくるのはプロフェッショナル。それまでとは違うものをつくるのがアーティスト。だから、クリエイティビティが必要なのです。私たちはそういう人たちを育てています。

 脳内の「エラー」を愛そう/東京はみらいの実験場である© 2018 TABI LABO

北風勝(博報堂)

アーティストとは、思想する人というより実践者ではないかと思うんです。問題を見つけたら、何らかの方法でかたちにする人。“問い”を持ち、答えをいくつも出しながら、その実践をかたちにする。

目や耳が、口が、ハートが大事だと言われているときに、腕が大事だということを具体化できる。見えるから、そのアイデアの良し悪しがわかる。そういうかたちをつくる人。

問いを発するパワーが、答えを発するパワーとイコールバランスにならないと解決できないことがあると思っています。アートとインダストリー、芸術と科学、感性と論理、そういう考えかたもあります。良い問いがあれば、良い答えが出るかもしれません。

答えはいくつもあっていいし、出しにくいものですから、ひとつに絞る必要はなく、みんなでたくさんだす環境づくりが必要なんじゃないかと思っています。

ゲルフリート・ストッカー(アルスエレクトロニカ)

我々の多くはインスピレーションをエラーから得ています。エラーをもっと許容する環境を生み出すべきです。

エラーとミステイクは違います。前者は予期できない。もっと枠の外で考えなければなりません。エラーは人類にとって最愛の友なんです。

 

石綿祐子(アーツカウンシル東京)

東京都歴史文化財団の組織として行政の立場から言えば、この街は保守的です。そこまで進歩的ではないと思っています。東京は国際都市と言われますが、外からみて何をしているのかわからないという声がすごく多い。井の中の蛙なのではないかと感じています。

ただ、2020年オリンピックに向けた文化プログラムを戦略的に展開しようというところで、いまはいいチャンス。いままでできなかったことをやっていこうと思っています。そういった意味で、海外から人々に集まっていただいて、こういう場が生まれたのは大きなことです。

この活動については、4年前から見ていました。大変ユニークでポテンシャルが高いと思っています。ここからアイデアをいただくことで、一歩進む可能性はあると思います。

芸術文化への支援は、未知数に対する、これからどうなるかわからないものに対する支援です。都市の新しい価値として、このアートは普遍的になっていくというようなものをどう見つけていくのか。それを考えるのが、行政の役割だと思っています。

 

北風勝(博報堂)

FISがリンツ市以外で開催されることには大きな意味があるんです。私たちは住んでいるのでここを社会実験の場と感じづらいが、海外から見るとものすごく実験的な、可能性を持った場所と何度も言われました。

話を聞いてみると、観光地としてではなく、空気や雰囲気から、可能性を強く感じるらしいんですね。我々がリンツに行くと、第三者として東京を見れるのですが、帰ると不感症のような状態になってしまう。だから、海外の目で見てもらうことで、東京のみなさんも、実験的な場として考えられるはずです。脳内の「エラー」を愛そう/東京はみらいの実験場である© 2018 TABI LABO

山中俊治(東京大学生産技術研究所)

アイデアはエラーなんですよね。脳内で何かが正しくないものとつながっちゃった。それがアイデア。進歩するためにはとても必要。

日本社会や企業、政府はこれを許さない。あると動けなくなる。なるべく潰そうとする。これは、この国の特徴であり、いまの停滞の原因になっている気がするんです。いいエラーを起こしたいですよね。

 

マーク・ダイサム(クライン・ダイサム・アーキテクツ)

建築という仕事上、エラーは高くつくから避けなくちゃいけないけれど、ロンドンでビクトリア時代の建物が家として使われていることも、そういうことなんですよね。本来とは違う目的で利用されている。これは、面白くて良いポイントだと思います。

言葉としてはエボリューションのほうが前向きかもしれません。FISは、周りの人がそれを一緒に経験できるのが素晴らしい。公共の場でエラーを起こす。そこから学ぶ。

東京はパブリックスペースが狭い。地下鉄は面白いですよね。ロンドンなら新聞を開いて読めるし、何を読んでいるのかオープン。だけど、日本はそうではないし、ブックカバーを付けているから何を読んでいるのかわからない。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。