体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

吉岡里帆「尋常じゃない!」漫画家・タナカカツキに驚愕した理由

吉岡里帆「尋常じゃない!」漫画家・タナカカツキに驚愕した理由
J-WAVEで放送中の番組『UR LIFESTYLE COLLEGE』(ナビゲーター:吉岡里帆)。6月3日(日)のオンエアでは、漫画家のタナカカツキさんをゲストにお招きしました。

■「水草水槽」に人生をかけている

タナカさんは、コップのフチ子の企画を手がけたマンガ家ですが、多趣味なことでも知られています。まずはタナカさんがハマっているという、「水草水槽」についてお訊きしました。

水草水槽とは、水槽にさまざまな水草を植えて鑑賞するアート。水草や石などのオブジェで作り出す、水中の庭です。水草が水槽で育っていくのを見ると、いろんな草をいれたくなるとタナカさんは語ります。水草水槽は、コンテストも開催されています。

タナカ:コンテストがあること自体が面白いと思いません?
吉岡:面白いです。競い合うものなんだと。個人の趣味の範囲を超えてきているといいますか……。
タナカ:芸術作品として「賞をとるぞ」と世界中で流行っているんですよ。競い合いです。
吉岡:すごいです。
タナカ:50何カ国が参加していて、毎年2000ほどの作品が集まります。
吉岡:今、タナカさんは世界的に言うとどのあたりになるんですか。
タナカ:世界的に言うと、世界4位なんです。
吉岡:えっ!!
タナカ:1位をずっと狙っているんですけどね。

作品を見た吉岡は、「尋常じゃない! 普通の人ではない!」と絶賛。

吉岡:変(笑)。
タナカ:そう、変。
吉岡:褒め言葉ですよ。
タナカ:オッサンが本気でやっているんですよ。 賞金100万円だから経済的にもかけています。水草水槽を出品する月は仕事をいれないほど本気でやっています。だから「絶対とらなあかん!」ってところまで追い込まれているんです。

世界大会は、水草の写真で判定します。審査の基準は美しさだけでなく、「水がちゃんとできあがっているか」。水草水槽の水の綺麗さと透明さを重視しているそうです。

タナカ:水草水槽は水槽の中で、小さな生態系を作るんですよ。水草を植えて、生き物を入れて、生き物のフンが水草の養分になるわけで。それぞれが見事なバランスで生態系が回ると、水が綺麗になっていくんです。その水を見ているんです。

吉岡は見た目のバランスや構図、葉の種類が審査の基準になると思っていましたが、水槽の中で「いかに自然が再現されているか」がポイントになるとのことでした。

■漫画家になりたければマンガは読むな

タナカさんが漫画家マンガデビューしたのは1985年。漫画家として33年のキャリアを持つタナカさんに、漫画家になろうと思ったきっかけをお訊きしました。

タナカ:「漫画家になりたい」と自覚的に言い出したのは8歳か9歳ころ。漫画ばっかり読んでいましたね。外で遊ぶことも好きだったんですけど、両親が共働きで、弟や妹もいて家で留守番をしないといけなかったので、漫画を読んでいるうちにハマっていきました。特に赤塚不二夫先生に影響を受けましたね。
吉岡:特に好きな作品はありますか?
タナカ:なんでしょうね……漫画家のなり方が書かれている『漫画家入門』はよく読みました。マンガ作品はそれなりに楽しんだんですけど、『漫画家入門』に出会い、「漫画家になるぞ!」と、ふわーと夢が膨らみました。読むだけだと足りないんですよ。もっとマンガと混ざりたい、溶け込みたい、といった欲求が止まりませんでした。

その『漫画家入門』の本には、「漫画家になりたければマンガなんて読んでいるんじゃないぞ。ウスラトンカチになる」という言葉が書かれていたそうです。漫画家というのは「一流の文学にふれ、映画を観て、勉強して、いろんなところから吸収してマンガにする」その文章を目にしてから、タナカさんはマンガを読むことを断ったと言います。

吉岡:こんなに素直な方がいるなんて……。

自身のことを「バカまじめ」と評するタナカさん。今でもマンガは読んでいないと明かしました。

■サウナ愛好家の一面も

サウナ愛好家として「サウニスト」も名乗っているタナカさん。サウナの話題になり、「好きなサウナは?」と伺ったところ、最近の水風呂事情を教えてくれました。

タナカ: 水風呂は冷たいものを追い求めてしまうんです。サウナ施設側がサービスとして、水風呂の温度をどんどん下げ始めているんです。サウナ好きな人が居心地よいサウナ施設の情報を拡散して、施設同士がどんどん競争し合っているんです。最近だと、水面が凍っている水風呂を作っている施設もあるんですよ。
吉岡:ほんとですか!?
タナカ:名古屋のサウナ&カプセルホテル「ウェルビー栄店」は水風呂の表面が凍っています。お客さんは「こんなん入れるか!」と言いながら入ってたり(笑)。全国からサウナ猛者が栄店に集まってきて、パリーンッと水面を割って入っていますね。
吉岡:(笑)。

水風呂の話に吉岡も笑いながら、「一種の癖(へき)みたいなものですよね」と盛り上がっていました。

タナカさんの最新著書『はじめてのサウナ』も発売中です。サウナファンの方にはもちろん、サウナに抵抗がある人でも楽しめる一冊になっています。ぜひ手にとってみてください。

吉岡里帆とタナカカツキ
この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『UR LIFESTYLE COLLEGE』
放送日時:日曜 18時−18時54分
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/lscollege/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。