体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アーティスト・コアラモード.インタビュー 『バイト先での出会からコアラモード.が生まれました!』

アーティスト・コアラモード.インタビュー 『バイト先での出会からコアラモード.が生まれました!』 コアラモード インタビュー タウンワークマガジン コアラモード インタビュー タウンワークマガジンメロディアスな楽曲とピュアボイスが魅力。二人ともに作詞作曲を手掛け、横浜を拠点に活動する男女ユニット・コアラモード.。ボーカルのあんにゅさんと、サウンドクリエイターの小幡康裕さんに、貴重なバイト経験を伺いました。さらに、5月30日に発売したばかりのアルバム『COALAMODE.2 〜街風泥棒〜』の制作秘話も満載!

 

グループとしての変化や可能性を打ち出せたアルバム

コアラモード インタビュー タウンワークマガジン——制作前は、どんなアルバムにしようと思っていましたか?

小幡:1st Album『COALAMODE.』で、グループ名をタイトルにした名刺代わりになるアルバムが出せたので、今回はそれ以上に自分たちの幅や、変化を打ち出したものを作ろうと思っていました。最初に、曲出しをした時に、「花鳥風月」「大旋風」という、風をテーマにした作品が多くなっていることに気づいて、自分たち自身が無意識のうちに変化を求め出しているのかなと。

あんにゅ:そのうえで、聴いてくださる方にも、前向きな気持ちになれる風を吹かせられたらいいなと思っていました。

——ロックナンバーからポップ色の強いものと幅広い楽曲が揃っていますが、特に思い入れのある曲について教えてください。

あんにゅ:「僕に足りないものは」という曲は、インディーズ時代に作った曲なんです。私は日常の中でほかの人よりうまくできないこととか、ヘマをすることが多いんですけど、“失敗も後悔も 僕にとっては必要なんだな”っていう言葉は、自分で書いた歌詞ながら、未だに歌うと勇気づけられます。改めて考えると、歌がなかったら今の自分は何をしているんだろうなって(苦笑)。でも、音楽をする上では“人の痛み”を感じられることも必要なことだと考えるようにしています。

小幡:僕は共作曲なんですけど「花鳥風月」。サビは何通りも考えたなかで、“愛 愛 愛”のフレーズが核になると感じたんです。今まで“愛”とか“命の理由”という、壮大なテーマのものは歌っていなかったので、ライヴで演奏していても特別な感情が生まれる曲になりました。

あんにゅ:この曲は、自分の中でもスイッチを入れて、何かが憑依するくらいの感覚で歌っています。

——「大旋風」もロック色の濃い曲ですね。

あんにゅ:コアラモード.には、ポップとかほっこりっていうイメージが強いと思うし、自分たちでもそう思っていたんですけど、グループの可能性を広げるキッカケになった曲ですね。変わったというよりは、“これも出来るのか!”って感じてもらえると嬉しいです。

——打って変わって「どろぼう猫」のキュートさも魅力でした。

小幡:タイトルの『COALAMODE.2〜街風泥棒〜』を受けて最後に作った曲なんですけど、人それぞれ、お互いの良いところを学んで(盗んで)いけたらいいなというのを猫の視点で書いてみました。

あんにゅ:この曲は、小幡さんから送られてきた時に“ニャーニャーニャー”の部分が、小幡さんの仮歌で入っていたので、最初はまともに聴けなくて(笑)。

小幡:いやいや、まともに聴いてよ(笑)。

あんにゅ:そんな2人の化学反応も楽しんでもらえたらと(笑)。1曲1曲に、主張のある曲がそろったアルバムになったと思うし、これから始まるツアーも、みなさんを巻き込んで、楽しんでもらえるライヴにしていきたいと思っています!

 

まさに青春——仲間と汗を流して、上司に未来の話をした初バイト

コアラモード インタビュー タウンワークマガジン——では、ここからはバイト経験について聞かせてください。まずは、初めてのバイトはいつでしたか?

小幡:僕は高校時代にやった運送会社の倉庫でした。自販機の飲み物の在庫を数えたり管理をするバイトで、小学校時代から仲がよくて、音楽も一緒にやっていた友だちと行っていたんですけど、その時に上司に言われたのが「ウチはゆるいほうだから、これが普通だと思ったら社会に出て苦労するよ」って(笑)。確かに、1回も怒られたことがなかったし、仲間と汗を流して、たまに上司にご飯をご馳走になって将来の話を聞いてもらったりして、まさに青春でしたね。そこで、自分の考え方とか人格って、環境で変わるんだなと思うようになりました。

 

バイト経験を活かして、インディーズ時代は自分でHPを作ってた

コアラモード インタビュー タウンワークマガジン——それ以降も、バイトはされているのでしょうか?

小幡:はい。翻訳家さんが話した言葉をパソコンに打ち込む仕事とか、ミュージシャンの方の個人事務所でフライヤーとかホームページ(以下、HP)の制作をしたり、家具店の倉庫、レコーディングスタジオでのバイトもしました。

——パソコンに打ち込む仕事というのは?

小幡:高校の時から、ブラインドタッチが早かったので、それを活かせる仕事を探したら1つだけヒットしたので。翻訳家さんが英語の文章を訳して話すのを、横にいて打ち込むっていう。それは、1回きりで半年くらいだったんですけど。

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。