体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

空から眺める感動の絶景体験も!大自然の阿蘇で遊ぶアクティビティ8選【熊本】

空から眺める感動の絶景体験も!大自然の阿蘇で遊ぶアクティビティ8選【熊本】

ゴールデンウィークも終わり、家族でのお出かけに悩む時期ですね。

今回は熊本県阿蘇エリアの大自然を舞台にしたアクティビティをご紹介します!

気球に乗って雄大な自然を空から眺める「阿蘇ネイチャーランド」や、巨大なアトラクションを親子で楽しむ「阿蘇ファームランド」など子連れのお出かけにピッタリです。

子どもの自然体験に、ぜひお出かけしてみてくださいね♪

記事配信:じゃらんニュース

1.阿蘇ネイチャーランド

気球に乗ってどこまでも!?雄大な阿蘇を空から観賞。

阿蘇ネイチャーランドバーナーで火を焚いてみたい人はパイロットにお願いしてみよう阿蘇ネイチャーランド「ゴォーッ」という火を焚く爆音が迫力満点!間近で感じてみて

阿蘇の大自然を舞台にした様々な体験メニューがある中で、小さな子どもも体験できるイチオシなのが熱気球体験。ピーンと張りつめた朝の空気の中、ロープで係留した熱気球で高さ40mまで上昇。上空からは圧巻の阿蘇絶景!

体験Data

『熱気球体験』

・期間-毎日 ※実施条件あり

・時間-5時30分~7時30分(所要時間約5分) ※季節や人数により変更あり

・料金-大人2160円、小学生1080円、4歳~小学生未満540円

・予約-前日17時まで要予約

・対象年齢-なし 阿蘇ネイチャーランド

TEL/0967-32-4196

住所/熊本県阿蘇市内牧1092-1

営業時間/9時~18時 ※季節変動あり

定休日/木 ※祝日の場合営業

アクセス/九州道熊本ICより1時間

駐車場/15台

「阿蘇ネイチャーランド」の詳細はこちら

2.阿蘇中岳火口

3年半ぶりに見学を再開!活火山の「今」を体感。

阿蘇中岳火口切り立った断崖の下に広がる神秘的な光景。思わず息を飲むほど

2014年8月から立入規制が敷かれていた火口見学を今年2月から再開。立ち昇る水蒸気の間から覗くエメラルドグリーンの火口湖は、圧巻の美しさ。噴火の痕跡が残るものの、今だからこそ体感できる大迫力の風景を目に焼き付けよう。

体験Data

『阿蘇中岳火口見学』

・期間-毎日※天候や火山活動の状況により規制あり、事前要確認

・時間-阿蘇山道路8時30分~18時 ※季節変動あり

・料金-阿蘇山公園道路料金:自転車、徒歩無料、普通車800円、軽自動車600円、単車200円。阿蘇山ループシャトル(代行バス):大人往復1200円、3歳~小学生600円

・予約-不可

・対象年齢-なし ※喘息、気管支疾患、心臓疾患、体調不良の方は見学禁止 阿蘇中岳火口(あそなかだけかこう)

問合せ/阿蘇市観光課

TEL/0967-22-3174

住所/熊本県阿蘇市阿蘇町黒川808-20

アクセス/九州道熊本ICより1時間30分

駐車場/120台

「阿蘇中岳火口」の詳細はこちら

3.エル・パティオ牧場

360度大パノラマの草原で爽快ホーストレッキング。

エル・パティオ牧場馬でしか味わえない一体感を感じながら、草原トレッキングエル・パティオ牧場インディアンコースは約1km。馬との呼吸を合わせるのがコツ

日本屈指の大絶景・阿蘇を舞台とした乗馬体験。様々なコースがあり、初心者でもスタッフの指導付きで、山道へのホーストレッキングもOK。晴天時はくじゅう連山や阿蘇五岳、祖母山系と、九州を代表する山々を見渡すことも。

体験Data

『インディアンコース』

・期間-毎日

・時間-9時~17時 ※最終受付16時30分(所要時間約20分)

・料金-20分4000円~

・予約-可

・対象年齢-身長:120cm以上~。体重:男性80kg以上、女性70kg以上は不可 エル・パティオ牧場

TEL/0967-22-3861

住所/熊本県阿蘇市一の宮町三野2305-1やまなみハイウェイ沿い

営業時間/9時~17時(最終受付16時30分)

定休日/悪天候時

アクセス/九州道熊本ICより1時間15分

駐車場/30台

「エル・パティオ牧場」の詳細はこちら

4.阿蘇ファームランド

外でも中でも楽しい体験♪遊びながら「元気」チャージ。

阿蘇ファームランド巨大アトラクション「嘆きの登り口」。頭と体を使って挑戦!
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。