体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【関東】日帰りデートおすすめスポット17選!東京から片道約2時間以内で行ける!

【関東】日帰りデートおすすめスポット17選!東京から片道約2時間以内で行ける!

東京駅近辺からの日帰りデートにおすすめな旅行スポットをご紹介。

片道約2時間ほどで行ける関東のスポットばかりなので、気軽にお出かけ出来ちゃいます!

定番のテーマパークから水族館や神社など、目的に合せて選んでみてくださいね。

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

大谷資料館 【栃木県】

大谷資料館出典:じゃらん 観光ガイド 大谷資料館

深さ30m、広さ2万㎡にも及ぶ,大谷石の地下採掘場跡。大正8年の手堀り時代の掘り跡から機械化された昭和34年以降の掘り跡の違いをそれぞれの岩肌で感じられる幻想的な地下空間です。

まるで、ピラミッドの内部のような、ゲームのダンジョンといった不思議な空間を散策することができます。また、映画やドラマなどの様々な映像作品の撮影が行われた場所を見ることができます。

\口コミ ピックアップ/

凄い石切場跡でした。巨大な洞窟?これを機械ではなく人の手で作ったという事に感動しました。また、ライトアップも美しく感動しました。

(行った時期:2018年5月)

昔の採石場跡ですが想像以上の広い空間です。ライトアップもミステリアスで不思議な世界に迷い込んでしまった感覚になりました。地底湖をボートで巡るツアーもあるようです。いつか挑戦してみたいです。

(行った時期:2018年4月19日) 大谷資料館

住所/栃木県宇都宮市大谷町909番地

「大谷資料館」の詳細はこちら

蔵の街 【栃木県】

蔵の街出典:じゃらん 観光ガイド 蔵の街

「小江戸とちぎ」「蔵の街」を象徴するかのように、100m以上も続く黒塀と蔵群、その前を遊覧船を浮かべた巴波川が流れている。この巴波川は江戸と川続きだったために江戸~明治時代にかけて舟運が発達した。現在残っている蔵や商家・旧家の殆どがこの当時のもの。栃木駅からこの蔵と巴波川を見ながら新栃木駅まで約4kmの蔵の街遊歩道がある。昭和61年、建設省が全国で90ケ所を第1回“手づくり郷土賞”の対象に選定したが、ここもその中に含まれている。

\口コミ ピックアップ/

人混みは嫌だけど、どこかに出かけたい…そんなときにぴったりです。

蔵を使ったお洒落なカフェがあったり、巴波川沿いもゆるやかな小江戸雰囲気。

川いっぱいに鯉のぼりが漂う春先がおすすめです!

(行った時期:2017年5月)

昔は、素朴な感じの蔵の街でしたが今は立派な観光の街という雰囲気。

ありのままの感じはなくなりましたが、訪れると楽しいスポットもどんどん増えました。

カフェや食事するところも増えたので味の楽しみも増えました。

(行った時期:2016年8月) 蔵の街

住所/栃木県栃木市倭町2

「蔵の街」の詳細はこちら

国営ひたち海浜公園 【茨城県】

国営ひたち海浜公園出典:じゃらん 観光ガイド 国営ひたち海浜公園

春はネモフィラ・秋はコキアなど四季折々様々な植物が咲き乱れ、また観覧車やジェットコースターなどのアトラクションもあり、ご家族で楽しめます。

\口コミ ピックアップ/

とても広い場所なので1日でも足りないぐらいに遊べます。

今回はコキアを見に行きましたが、とても綺麗でコキアのある場所だけでも十分なぐらいでした。

芝生の広場があったり、小規模ながらも乗り物もあり、レンタルサイクルで1日自転車に乗って遊ぶ事も出来、子供連れからお年寄りまで遊べる施設だと思います。

(行った時期:2017年10月)

天気がいい日はとても最高です。見晴らしも良く、花のカーペットにとても癒されました。

当然ですが、休日は人が多く、混雑しているので、平日の方がいいと思います。

また、ビールやおつまみもあるので、大人デートにお勧めします。

(行った時期:2017年5月) 国営ひたち海浜公園

住所/茨城県ひたちなか市馬渡大沼605-4

「国営ひたち海浜公園」の詳細はこちら

鹿島神宮 【茨城県】

鹿島神宮出典:じゃらん 観光ガイド 鹿島神宮

「息栖神社」「香取神社」と共に東国三神社に数えられる古社。皇紀元年の創建と伝えられる鹿島神宮は、ご祭神が武甕槌大神で、武の神様として古くから皇室や将軍家の崇敬を受けてきました。日本三大楼門のひとつといわれる朱塗りの楼門や、極彩色豊かな本殿など、国の重要文化財指定の社殿や宝物が多く、なかでも国宝、「フツノミタマノツルギ」は全長が約3メートルもある直刀で、奈良・平安期の製作といわれています。また、県の天然記念物に指定されている境内の森は、東京ドーム約15個分の広さを持ち、多くの貴重な植物が群生しています。木漏れ日の中を散策するなど、森林浴にも最適なスポットです。鹿嶋にお越しの際は、ぜひ鹿島神宮にお立ち寄りください。鹿島神宮の入口、大鳥居横では、観光ボランティア「鹿嶋ふるさとガイド」の受付もしています。ボランティアガイドの説明を聞きながら境内散策をすれば、楽しく鹿嶋の歴史を知ることができます。

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。