体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

幸せってなんだろう?社会主義国キューバの暮らしから見えてきたこと

幸せってなんだろう?社会主義国キューバの暮らしから見えてきたこと

僕は世界一周をしながら「海外の暮らし方・働き方」について調べて記事を書いたりしながら、旅をしているのですが、このテーマを掲げる以上、

「社会主義国のキューバは絶対に外せない!」

そう思いキューバに行った時に、人生の「幸せ」について考えさせられたお話です。(ちなみに、2018年現在も社会主義国をしているのは、中国、ベトナム、ラオス、北朝鮮、キューバだそうです)

 

僕がキューバに滞在していた頃、バックパッカー仲間の女の子が海外の貧しさについてインスタに書き込みをしていました。

彼女は、僕より先にキューバに入り、次のグアテマラでスペイン語の勉強をしていたそうです。学校の授業で、グアテマラの孤児院に行き、そこで暮らす子ども達に出会いました。

彼女は、貧しい暮らしを送りながらも、明るく楽しそうに暮らす子供達の姿を見て「貧しさってなんだろう?」と考えていました。

 

そして、それは私たちが勝手に「自分たちより収入が少ないから、貧しい暮らしだ」と思い込んでいたことに、気づいたようです。その彼女の考えに触発されて、僕も「貧しさ」について考えてみました。

 

「貧しい」とは?

僕の無い頭だけで考えるのは大変なので、さっそくググります。

まずしい【貧しい】

① 収入が少なくて、毎日の生活が苦しい。貧乏である。

② 十分に金をかけていない。粗末だ。貧弱だ。

③ 乏しい。足りない。十分に満たされていない。

(※コトバンク 大辞林 第三版の解説より引用。https://kotobank.jp/word/貧しい-634288)

 

ふむふむ。

どうやら僕らが、貧しい国と思い込んでしまう原因は、「先進国の生活水準」と「途上国の水準」を比較した時に、2. 3.が当てはまってしまうからなのでしょう。

・建物、バス、電車がボロボロなこと。
・水道水が飲めない、安全に飲める水が少ないこと。
・よく停電になること。(オーストラリアの田舎でもよくあるが)
・インターネットが特定の場所でしか使えないこと。

こういったことにお金をかけていない、足りていないから、僕らは貧しい国と思ってしまうのですね。

 

比較から「貧しさ」が生まれる

途上国の人々は足りない生活でも楽しく幸せに生活をしているのですが、先進国が途上国の生活を見て、「貧しい国なんだなぁ」と思ってしまい、さらに途上国も先進国の人々や生活を知って「もっといい暮らしをしたい!」と思ってしまうのでしょう。

そう、私たちは比較するから『貧しい』と思ってしまうのです。

そのことに気がついた僕は、キューバに住む人達の暮らしぶりや、社会主義国には本当に格差がないかを、調べて歩くようになりました。

 

キューバは社会主義国なので真面目にちゃんと働いていれば、老後も不自由なく、病院も無料で通える程しっかり守ってくれるそうです。そして明るく人懐っこい国民性なので、みんな幸せな生活しているだろう!

そう思いたいのですが、キューバの実態はどうなのか?

疑問に思った僕は、それから毎日に街を出歩き、海沿いの旧市街〜内陸部の新市街地まで、住居やお店、住民の服装、持ちものなど観察してまわりました。

 

ローカルなキューバで見たもの

そこで一番特徴的だったのが、資本主義に憧れている人若者が多いことでした。彼らはインターネットなどで、アメリカなどカルチャーを知っており、アメリカの生活や、資本主義に憧れている人が多いのです。

そのため自分でお金を稼ごうと、外国人向けに個人でWi-Fiカードの転売をしている人や、タクシーのキャッチや、道端で観光案内など、様々な商売をしている人がたくさんいました。

そういう人はまれに、必死に商売をし過ぎているためか、ツンとした態度の人もたまにいるし、見るからに良い服を着て気を張ってる感じがしました。

 

みんな平等な社会なのに、「自分たちは違うぞ!貧しくないぞ!」と必死になっている様に、僕には見えてしまいました。

キューバにも格差は存在する

そんな、社会主義国キューバの若者はアメリカだけではなく、国内でも格差を痛感しているのだと思いました。

 

社会主義国なので、国が運営する仕事につけば皆同じ給料をもらえるはずですが、正直、旧市街の裏路地の奥の方に行くと、ボロボロの家に住む人や、ゴミ漁りをする人、まれにホームレスもいました。僕が泊まってた宿の隣も、窓の扉もない薄暗いへやに若者が住んでいました。

それでも治安の悪さを全く感じないのは、キューバ人の陽気な性格と、平等な暮らしを国が提供出来ている証拠なのでしょう。

 

しかし新市街地に行くと様子は一変します。

新市街地に行くと、綺麗で整備された道路、綺麗な住宅、高層マンション、高価なレストラン、緑や公園が多く、あからさまに高級住宅地といったエリアになっていました。

そこに住むのは、「民泊」「芸術家」「自営業」などを外国人向けにしている人達で、自分自身で外貨を稼いでいるのです。キューバの平均月収は2000〜3000円なのですが、民泊の宿でも1泊1000円などを普通に稼げます。

恐らく、旧市街の若者たちは、お金持ちの生活と自分達の生活を比較することで、もっと裕福になりたいと思い、必死になって様々な商売をしているのでしょう。

つまり、他人と比較することで、自分の「幸せ」に満足出来なくなるのです。

 

この話は日本も似ていて、日本は平均化したがる国なので、「他人が自分より優れていると気になってしまう」のです。誰かと自分の「幸せ」を比較してしまっているのです。

僕は次第に、キューバの暮らしを見ながら「幸せ」について考えるようになりました。

 

日本の「当たり前」は、海外の「幸せ」

僕は「幸せ」について考える時、先進国よりも、キューバの様な途上国の人々の方が、ある意味幸せそうに思ってしまします。

それは、なぜかというと。途上国の人にとっての「幸せ」や「嬉しさ」を考えてみると分かりました。

「蛇口から飲める水が出る」「シャワーからお湯が出る」「スリ、ぼったくり、強盗の心配がない」「食べものが安全」「感染病の心配がない」「安心して寝られる」「家族がいる」「自由に外を歩ける」

これらは、日本ではあまりにも当たり前のことですよね。

 

つまり、日本は生活水準が高過ぎて、幸せの基準値も高くなっているのです。途上国は、出来ないことが多い分、幸せを感じるチャンスに溢れているので、あれほど陽気で幸せそうに見えるのだろうと、僕は思いました。

 

そのため僕らは、日常の当たり前の「幸せ」を理解するだけで、日々の暮らしは「幸せ」なことで溢れて来るはずなのです!

 

自分の「幸せ」を見失わない方法

All photo by Yoshitomo Kobayashi

まとめると、僕がキューバで見つけた、「幸せ」を見失わない方法は2つ。

「誰かと比べない」「日常の些細な幸せに気づく」

これが、一番重要なことだと思います。健康な体があること、おしゃべりしてくれる友達、家族がいること、人間これだけでも、実は幸せなことなんだと思います。

 

あとは、自分が「幸せ」と感じることに気がつき、それを追い求める。そんな生き方を日々考えて、今日も地球のどこかを旅していきます。

みなさんも!「大人の社会見学」にキューバや南米に行って見ては、いかがでしょうか?

 

もちろん、陽気な性格のキューバ人と絡んだり、クラシックカーでの観光したり、カラフルでポップな街並みや、物価が安いのでお金の心配もいらない、キューバはめちゃくちゃ楽しいです!

楽しくて、安全で、物価が安いくて、新しい価値観に出会える国キューバ。僕の一番オススメで、人生で一度は行くべき国だと思います!

関連記事リンク(外部サイト)

4K動画でキューバの名所を紹介!自宅に居ながら街歩きバーチャルツアー
美熱の国「キューバ」は貧しい国なのか?そうは思えない映像をご覧ください
【保存版】今だから知りたい!キューバの世界遺産の全部まとめ(写真19枚)
【対談】西内ひろ×大島央照×リーマントラベラー東松/キューバが私たちを「解放」してくれた

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。