体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

30代の女性がすぐに結婚したいのならば幅広い男性を対象に婚活しよう by 斗比主閲子

30代の女性がすぐに結婚したいのならば幅広い男性を対象に婚活しよう by 斗比主閲子

こんにちは、斗比主閲子です。

婚活をする際は相手の年齡が気になりますよね。あまり年齡が離れすぎていると価値観が合うか不安だとか、老後に一緒に暮らす時間が短いとか、そんな理由で、自分の年齡に比較的近い人をターゲットとする人が多いように思います。

ただ、自分は結婚したいと思っていても、同じ年代の異性が結婚したいと思っているかと言えば、必ずしもそうではありません。

すぐに結婚したい人は男性より女性に多い

次のグラフは、未婚の20代・30代の男女に対する将来の結婚意向を聞いたアンケート結果です。(内閣府『平成26年度「結婚・家族形成に関する意識調査」報告書』より)

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180530131018p:plain

男女ともに20代に比べると30代では結婚したい人の割合が減っています。世代のトレンドもあるでしょうが、30代になって結婚しなくてもいいと思うようになったか、結婚したい人が20代で結婚したために30代で減っているといったことが理由としては考えられます。

グラフをよく見ると、すぐにでも結婚したい人の割合は、男性より女性のほうが大きいことが分かります。特に、30代の女性のうち21.7%がすぐに結婚したい一方で、30代の男性は4.8%しかいません。更に、30代の男性には結婚するつもりがない人の割合が12.6%と非常に多い

今すぐに結婚したい30代女性からすれば、同世代である30代の男性の中で、すぐに結婚したい男性を探すのは困難な可能性があるわけです。

すぐに結婚したいならすぐに結婚したい人を幅広く相手にする

婚活サービスを利用している人はすぐに結婚したい人でしょうから、婚活サービスを使っていれば同世代の結婚したい男性を見つけやすいでしょうが、どうしたって母集団が少ないわけですから、世代を限定しちゃうと出会いも限定されてしまいます。

30代の女性がすぐに結婚したいということなら、婚活サービス上では、30代の男性だけではなく40代以上の男性など幅広い世代を候補としたほうがパイが増えますから、出会いも増えます

私がどうのこうの言わなくても、婚活サービスを提供されている会社から同じようなアドバイスはあるでしょうけどね。

いずれ結婚したいという男性は結構いるから・・・

ちなみに、すぐに結婚する気はなくても2~3年以内とか、いずれ結婚したいということであれば30代の男性のなかにも結構な割合でそうした方がいます。

とすれば、30代の女性が同世代の男性と結婚したければ、今すぐじゃなくても時間をかければ結婚できる可能性はかなり上がります。

「私は今すぐ結婚したいのに相手のために待つのは辛い」というのは分かります。特に、結婚する理由としては子どもを持つことがあり、そして、子どもを持とうと思えば特に女性のほうで年齢的に意識することはありますから。

また、少なくとも日本では女性は若いほうが男性からアプローチされやすいという傾向もあります。数年付き合った末に結婚できないとすれば、自分の売り時を相手に消費されたという考えを持つ人がいてもおかしくないでしょう(ネットでもたまに見かける言説です)。

ただ、こればっかりは相手がいることですから、すぐに結婚しないことや、数年付き合って結婚しなかったことを相手のせいにすることはできません。

今は結婚する気がない男性をその気にさせたいなら?

まだ結婚する気がない男性とすぐに結婚したいのであれば、相手をその気にさせる必要があります。男性を結婚する気にさせるのに重要なポイントは、私は「生活感」と「お金」と「周囲の環境」と考えています

「生活感」とは、一緒に長いこと生活する姿が想像できるかです。いずれ結婚したいけれど、今、目の前のあなたと結婚しないのは結婚生活が想像できていないことが原因の可能性があります。月に一回外でデートをするような関係だったら結婚のイメージは沸かないですよね。極端に言えば同棲をすると結婚生活はイメージしやすい。

次に「お金」とは、今結婚してもお金で困らないと思わせることです。色々な調査を見ると、男性が結婚を躊躇するのは、結婚後にお金がかかることにあるんですよね。結婚式の費用をそんなにかけないつもりであるとか、必ずしも持ち家に拘らないとか、結婚後も共働きとすることを伝えたりとか、そういうことで男性側に経済的負担がかからないと思わせる。

最後に、「周囲の環境」とは、周りが結婚しているかです。特に男性に限らずですが、周りが結婚しているから、本人も結婚しようという気持ちになるというのはあるんですよね。だから、交友関係の中で、結婚する人が出てきたら、さりげなくその情報を共有しておくと、ジワジワ効いてくる。

焦りは禁物

色々と書いてきましたけれど「今すぐに結婚したい!」と焦りすぎると、価値観が大外れな人を選んでしまったり、今付き合っている人に過大なプレッシャーをかけてしまうこともありえます。

なかなか結婚の決断ができないとすれば時間が迫っているというのはいい機会とも考えられますが、できれば、なぜ今結婚したいのか、その相手としてはどういう人がいいかを考えるのにも時間を使うといいのではと私は考えています。 前回の記事:「年収1000万円以上の男性と結婚したい」を条件とすると99%の男性が対象外になる by 斗比主閲子

f:id:zexyenmusubi_honnest:20170705211917j:plain

著者:斗比主閲子

プロフィールは『1976年10月3日生まれ、福岡県出身。旧帝大卒業後、一部上場の家電メーカーに就職。外資系含めて何度か転職した後、現在は某企業のIR部門に所属。2.5世帯住宅で、X人目の子育て中……』ということになっています。家庭内トラブルが好物です。

著書:独身男女の悩みにバッサリ回答した『 私って、甘えてますか?』

ブログ:斗比主閲子の姑日記 http://topisyu.hatenablog.com/

Twitter:topisyu https://twitter.com/topisyu

この作者の過去記事

斗比主閲子

斗比主閲子さんの

過去記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

愛される感覚を大切に。あなたを大好きな人から選んでみる by 広中裕介
ネガティブ思考に、良い出会いはやってこない by アルパカ子
生涯のパートナーとして求められる女性になるために by 恋愛カウンセラー・イサキ

ホンネストの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。