ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夜行バスを使うと早くに着きすぎる問題が…… 「かえって高くつく」「時間つぶしまで考えるのが正解」

nightbus_01

例えば、JR関東の東京駅21時発の大阪駅行の夜行バスならば、到着予定時刻が6時37分。梅田の地下街で時間を潰すお店がなくて困った経験をしたという人は多いのではないでしょうか。

ある『Twitter』ユーザーが、「夜行バスの共有知」として次のようにツイート。さまざまな意見が飛び交っていました。

俺が教えられる最大の夜行バス共有知は「朝早く着きすぎて時間つぶしたらお金かかって新幹線等と変わらない」です

東京発の6時発の『のぞみ』ならば新大阪に8時22着。指定席だと14450円で、夜行バス+ネットカフェで3時間潰すことを考えればトントンになるのではないでしょうか。名古屋や京都ならば尚更でしょう。

これには、「めっちゃわかる」「かえって高くつく」「ネットカフェかカプセルホテルに入るとトントンになる」といった声が続出していました。別のユーザーは次のようにツイート。

そうですね、関東-名古屋なんかだと下手すると夜行バスの方が高くつきますね。時間潰しにマック選んだりとかしてw

一方で、夜行バスだからこそのメリットを主張する意見も。

朝早くから行って、現地のスパでざぶーんしゃきっとして(地元の雰囲気感じて)、メイクや髪巻いて(アイロンは借りれる)、なんなら充電して、9時前から現地で動けるのが魅力だから、今のところ新幹線より夜バス軍配なんだよなあ、、

時間つぶしについては、ファミレスやカラオケなどが挙がっていましたが、ほかのユーザーからはこんな方法も。

私は新宿駅着なら朝マック(腹ごしらえしたら神奈川の祖母宅に向かう場合)、東京駅着なら御徒町の燕湯(朝風呂やってます。お湯が熱い。常連さんが多い)で身支度、朝マックで大してお金かけずにやる事やれてたから特に問題無かったな。関西に戻る時は新快速がまだ走ってないから朝マックって感じだった。

「時間つぶし方法まで考えて夜行バスを選ぶのが正解」という声もあった夜行バスが早く着きすぎてしまう問題。夜行バスを利用する時は、事前に早朝から営業しているお店を探しておくということも念頭に置いておくことがよさそうです。

※画像提供:T.NAKANO

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。