ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ニホンジン、ナンデ、クルーズ、ノラナイノー??」 イタリア人社員が考えた日本クルーズ史上前代未聞の企画が実現

「ニホンジン、ナンデ、クルーズ、ノラナイノー??」 イタリア人社員が考えた日本クルーズ史上前代未聞の企画が実現

 イタリアに本社を構える世界最大のクルーズ会社、コスタクルーズが前代未聞のキャンペーンを発表しました。期間限定でインスタグラム1フォロアーにつき100円引きになる「フォロ割りクルーズ」。イタリア人社員が必死に考えたという本企画は、最安値のプランだと568人のフォロアーで料金が0円。つまり無料になります。イタリア人の考えることはすごい……。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 欧米ではクルーズ客船の旅、というのが休日の過ごしの一つとして定着しており、超豪華なものからお手軽なものまで、様々なクラスのクルーズがあります。人気なのはカリブ海や地中海など。アメリカ海軍の空母をしのぐ巨大なクルーズ客船が、何隻も就航しています。岸壁に停泊した姿は、まるで団地が突然現れたようなボリュームです。

 しかし、日本では 「ニホンジン、ナンデ、クルーズ、ノラナイノー??」(発表文まま引用)とイタリア人社員が驚くほど、まだまだクルーズというものが一般的になっていません。日本ではクルーズ客船というと「外国のクルーズ客船がツアーの途中に日本へ寄港」というニュースで目にするくらいですものね。そこでもっとクルーズに親しんでほしい!そして、インスタ映えするその楽しさを発信してほしい!という気持ちから、この企画が持ち上がったんだそう。

 さすがにやりすぎでは?と、社内では日本人スタッフが反対したそうなんですが、イタリア人のスタッフが「私が必死で考えたのにそんなこと言うなんて悲観的すぎるよ!」と押し切って実現したという、日本のクルーズ史上前代未聞の企画。集まりすぎると大赤字を計上してしまうため、これが最初で最後になる可能性は無きにしも非ず。

 対象となっているのは、東京・神戸発着でむかう済州島・釜山・韓国満喫片道コース。使用するのは2017年から日本で就航している、海上のラグジュアリーホテル「コスタ ネオ ロマンチカ」。全長220.6m、全幅30.8m、乗客定員1800名という巨大な船です。例えるなら、10両編成の電車が発着する駅のホームと同じくらいの長さ。

 2018年5月31日~6月7日の期間中、H.I.S.コールセンター(0570-00-7800)経由で申し込むと、コスタクルーズ70周年記念として、先着70名限定で、インスタグラムのフォロアー数1フォロアーにつき100円、クルーズ料金から割引になります。参加条件はクルーズ旅行期間中に1日2回、インスタグラムにクルーズでの写真を投稿する、ということのみ。

 クルーズの料金は、キャビン(客室)のタイプに応じて、飲み物の料金が含まれていたり、サービスが限定されていたりと細かくプランが分かれています。この「フォロ割りクルーズ」の場合、最安値は5万6800円。もしインスタグラムのフォロアー数が568以上であれば、クルーズ料金が無料になってしまうということになります。

 対象となるクルーズの日程は、東京発6月24日・神戸発6月25日~6月30日着の7日間(神戸発6日間)。港湾税(1万8000円)やホテルのサービスチャージ(81米ドル)は参加者の負担になるとのこと。キャビン(客室)のプランは様々なので、自分のインスタグラムのフォロアー数に合わせて、狙うプランを検討してみるといいですよ。

■イタリア人社員のコメント
ヨーロッパではクルーズ文化が成熟していて、若者だって旅の選択肢にクルーズを入れる。なのに日本の若者にはクルーズは全く浸透していなくて、大変な危機感を抱きました。

そこで、世界的に流行しているインスタグラムを活用した割引を思いつきました。
そしたら日本人社員に「今さら感あるよ」とか言われましたが、私が必死で考えたのにそんなこと言うなんて悲観的すぎるよ!と説得して実施に至りました。

若者たちは、自撮り、スイーツ、おしゃれな壁、サボテン、イヌ、ネコ、食事などをアップしているのに、クルーズの写真は全然ないんです。
お願いします!「フォロ割りクルーズ」で、たくさんインスタにクルーズ写真をアップしてください!

我々もオシャレなインスタの写真に並びたいんです!お願いします!

情報提供:コスタクルーズ株式会社

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

オンもオフもハイブリッドに楽しむ人のために。表参道で体験型イベント開催
母に関する100問 「2018年全国一斉母の日テスト」が何だか泣ける
東京2020サッカー男子決勝チケットが当たるキャンペーンをP&Gが実施

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy