ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超スーパー地下アイドル「GINZAN BOYZ」選抜総選挙に「選挙は得意!」と豪語するShi☆Cho参戦 目指すはセンターか!?

超スーパー地下アイドル「GINZAN BOYZ」選抜総選挙に「選挙は得意!」と豪語するShi☆Cho参戦 目指すはセンターか!?

 超スーパー地下アイドル「GINZAN BOYZ」のセカンドシングルがこの夏発表決定しました。しかし、彼らは総勢60体からなるマネキン軍団。このためセカンドシングルへの出演をかけた、神セブンならぬ「鑿(のみ)セブン」を決定する選抜総選挙が行われています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 「GINZAN BOYZ」のメンバーは普段、兵庫県・生野銀山の坑道でかつてのようすを紹介するのがお仕事。生野銀山は開坑して1200年ほどの歴史があるとされ、昭和48年(1973年)に閉山されるまでに掘り進められた坑道の総延長は350km以上、深さは880mの深部にまで達しています。

 そして昭和49年(1974年)からは史跡・生野銀山として公開。今やスーパー地下アイドルとして活躍するメンバーらは、各ポジションで時代ごとの坑内作業を再現しています。ちなみに電動でガクガク動くメンバーもいます。

 ただし、マネキンモデルが若干古いためか……、場所が暗くてひんやりするためなのか……ある意味COOLな雰囲気を醸し出しており、そこでその空気を払拭するために、2017年にスーパー地下アイドル「GINZAN BOYZ」としてアイドルデビューを果たしました。

 デビューシングル「ギンギラ銀山パラダイス-GGGZPDS-」は、YouTubeで11万回再生を突破。公式ツイッター、Instagramともに着実にフォロワー数を伸ばしており、かつては人気もまばらだった彼らのホームステージ史跡・生野銀山は少しずつ活気を取り戻しつつあるそうです。

 5月26日から開催されている選抜総選挙では、スペシャルサイトが開設されています。サイトでは60体全てのマネキンたちが「選挙ポスター」を公開し自己アピールにいそしんでいます。

 また、この選挙には1名の緊急参加も決定。「選挙は得意!」と豪語するShi☆Choが出馬表明をしています。ちなみにShi☆Choの正体は、生野銀山がある兵庫県朝来市の多次勝昭(たじ かつあき)市長。デビュー曲のときにもしれっとPVに登場していましたが、今回は正々堂々メンバーの座を狙いに来ています。

 選挙ガチ勢のShi☆Choの参戦で一波乱ありそうな予感ですが、投票は、本拠地・生野銀山、スペシャルサイトでのWEB投票、そしてShi☆Choのお膝元、朝来市役所生野支所で行えます。

 セカンドシングル出演をかけ選抜総選挙を制するのは一体誰なのか!?投票は6月15日まで行われます。

※初出時セカンドシングルを「発売」と表記していましたが、正しくは「発表」の誤りでした。訂正しお詫びいたします。

(宮崎美和子)

関連記事リンク(外部サイト)

乃木坂46版「美少女戦士セーラームーン」全キャラビジュアル解禁
映画「孤狼の血」続編、「凶犬の眼」製作が決定 東映はスタッフ・キャストの続投を熱望
TOKIOが21年間CM出演しているフマキラー、新CMを放映を決定 「これからも引き続き彼らを応援して参ります」

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。