体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モバイルボヘミアンとして生きるために整えておくべき3つのこと

モバイルボヘミアンとして生きるために整えておくべき3つのこと

モバイルボヘミアンという言葉を知っていますか?旅人の最終進化系と称される本田直之さんと四角大輔さんが書籍「モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには」で定義した新しい生き方です。

この記事では、本書籍の内容を抜粋して連載しています。

\ほかの章も読みたい方はコチラ/


モバイルボヘミアンとは、「仕事」のためだけに生きるのではなく、「好きなこと」をライフスタイルの中心に据えながら、旅するように働き、暮らす、自由な生き方のこと。
 
会社員だった2人はどうやって、場所にも、時間にも、会社にも、だれにも縛られない自由なライフスタイルを手にしたのか。
 
10年近く、まるで兄弟のように深い交流を続けてきた、『レバレッジシリーズ』や『ノマドライフ』著者・本田直之と、『自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと』著者・四角大輔の2人が、20代の頃から20年以上の歳月をかけ、実験し続けてきた「生き方」と「考え方」をまとめた、まさに集大成となる一冊。

 

\Kindle版はこちら/

モバイルボヘミアン

 

1.ギアを装備する ――なにを基準に選び、捨てるのか? / 四角大輔

ここからは、モバイルボヘミアンの生き方を実践するために、整えるべきポイントを3つに分けて紹介したい。

まず「ギア」について。人間と猿を分けたのは「道具」といわれるように、日々の暮らしも、仕事も、当然モバイルボヘミアンという生き方も、使うツールから大きな影響を受ける。

ぼくがライフワークにしている大自然への冒険においては、ギア1つのセレクトが、その成否だけでなく、生死を決めることもある。そんなアウトドアの世界では、「ギア」という言葉には道具だけでなく服も含まれる。

 

雨に打たれても体は濡れないが、内側の湿気は外に出すレインウエアや、紙よりも薄くて、たたむと手のひらに乗り、重さわずか60グラムの完全防風ジャケットなど、もはやギアと呼べるだろう。ぼくは、20年以上に渡る登山やアウトドアの経験から、グラム単位で荷を削る技術や、ギアを徹底的に精査する感覚を学ぶことができた。

そうする中で、過酷な原野で活躍するギアたちが、そのままモバイルボヘミアンの移動生活においても「最強ツール」になるということに気づいたのだ。「UL(超軽量)ライフスタイル」を追求するぼくがギアを選ぶ基準は左記の4つ。とてもシンプルだ。

・1グラムでも軽いこと
・1立方センチでもコンパクトなこと
・「折たたみ可能」であればなおよし
・「複数の機能つき」であればさらによし

4つ目の観点から見ると、やはりiPhoneは究極のプロダクトと言える。モバイルボヘミアンには、仕事、人、時間だけでなく、ギアにおいても高い「取捨選択能力」が求められるのだ。この本の巻末に、ぼくが10年以上かけて厳選に厳選を重ねて集めてきた主要ギアをリストアップした。

ただ、紙面の関係もあって、ここにすべてを網羅はできておらず、日々アップデートも重ねているので、ぜひぼくの公式HP(http://4dsk.co)のギアリスト完全版を参照してもらいたい。

 

移動生活に必要なギアはカテゴリーある「パッキング」、「ベーシック」、「ガジェット」、「ウエア」、「セーフティ」、「コンフォート」、「シューズ+α」。なお、これらの大半がデザイン良し、最軽量クラスであることを先に伝えておきたい。

移動生活を続けていく中でわかったこと、それは実用的にも、生き方という面においても、身軽であればあるほどいい、荷物は少なければ少ないほどいい、ということだ。

 

ちなみにぼくは、特別なモノを運搬する必要があるときをのぞいて、どんな長期間の旅であってもスーツケースは使わない。巻末のリストにもある、長距離登山の相棒でもある、容量約50リットルのバックパック1つあれば、ぼくは何カ月だって世界で移動生活を送ることが可能だ。

さらに、ギアのセレクトを徹底し、それを機内に持ち込める軽さに抑えている。荷物を「機内持ち込みのみ」にすることで、到着空港での荷物の待ち時間は不要となり、すぐに空港を出ることができる。旅先での貴重な時間を失わずに済むうえに、荷物の紛失を避けられるという大きな利点もある。

 

また、荷物が少ないほど、移動生活で繰り返し行わなければならないパッキングを瞬時に完了できるようになる。ぼくの場合は15分あれば出発が可能だ。ぼくがスーツケースを使わない理由はあと2つある。

「両手の自由を確保できること」と、引きずる必要がないため「身軽に行動することが可能」ということ。ただし、持ち込み荷物だけに、体積と重量に厳しい制約がある。重さ制限は、多くの航空会社が7キロ前後。それゆえ、いかに軽く、コンパクトにできるか、が重要になってくる。

 

最後に、モバイルボヘミアンにとっては心臓部ともいえるデジタルギアについて、少し解説をしておきたい。iPhoneとMacBookと同レベルで必要なものは言うまでもなくインターネット環境。ぼくがいつも使っているのは、モバイルルーターのレンタルサービス「グローバルWi-Fi」だ。

行く先々で一番状況のいい電波を自動で拾ってくれて、iPhoneとMacBookの同時接続が可能。日本で契約できて1日1000円程度から利用できる。これを持って、これまで欧州・アジア・中北米を40カ国ほど旅したが、キューバ以外の国すべてでネット接続ができた。スリランカやタイの山岳地帯でさえ使えたのだ。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。