体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

埼玉県蓮田市の「猫飼いのための賃貸住宅」にお邪魔してきました

愛猫たちと快適に暮らしたい。ストレスなく健康で元気に過ごしてほしいし、万一の脱走防止や日々のお世話、お掃除などにも配慮された設備があると安心。もちろん一緒に生活する飼い主としても、居心地がよい空間で便利な環境だと嬉しいですね。

しかしこれだけの条件が揃った、しかも賃貸住宅となると、なかなか探すのが難しいというのが現状です。愛猫家にとって家探しは非常に困難な課題と言わざるを得ません。

それでも、最近では少しずつですが猫と快適に過ごしたい方をターゲットとした賃貸住宅も登場しています。形だけの「ペット可」ではありません。猫の習性や生態、一緒に暮らす上で気をつけねばならない点、そして快適性も兼ね備えた、文字通り「猫と飼い主さんのための家」です。

今回は、そんな賃貸住宅のひとつである埼玉県蓮田市の「feles」を取材させていただきました。後述しますが、こちらでは現在も入居者を募集されています。

feles(フェレス)はラテン語で猫を意味する言葉で、自身も愛猫と暮らしている女性オーナーさんが、文字通り「猫を飼う人のために」つくった住宅です。随所に強いこだわりを持って完成されただけあって、見学すればきっと誰もが「こんな家で愛猫と一緒に暮らせたら素敵だなぁ」と感じるような空間に仕上がっています(2匹の姉妹猫と暮らす
筆者も強くそう思いました!)。

では、実際にどんな設備が整っているのか。本当は現地を訪れて直接見てもらうのが一番なのですが、少しでも雰囲気が伝わるよう写真を中心にご紹介していきたいと思います。

felesバーチャル内見ツアー

felesにはA号室とB号室の2つの家がありますが、まずは入居者募集中のB号室の方から見ていきましょう。B号室の間取りは2LDKで、室内面積はA号室より少しだけ広い約61.27平米。玄関エントランスのみ1Fにあり、その他の居室は全て2Fというつくりになっています。

玄関のドアを開けると、まず目につくのは脱走防止用の木製の扉「にゃんガード」。格子戸になっているので帰宅すると扉の向こうで愛猫が出迎えてくれる、というシーンが想像できますね。

もちろん猫が自分で開けてしまわないようカンヌキをかけられるようになっていて、肉球のマークがかわいらしいです。また、玄関脇の靴棚も収納力たっぷりなのは嬉しいところ。

階段をぐるっとのぼると、ゆったり広い12帖のLDKスペースがお目見えです。写真ではやや伝わりにくいのですが、天井が高くて明るい日差しもたっぷり降り注ぐので、実際には数字以上に広く感じる空間となっています。

バルコニーに通じるリビングの窓際には、段違いでしっかりしたつくりのキャットステップと透明なアクリル板のキャットウォークを設置。くつろぐ愛猫の肉球やもふもふのお腹を下からじっくり堪能できるのは、嬉しい飼い主特権です。

光が降り注ぐ天窓と、愛猫のための隠れ家空間。きっとお昼寝にもぴったりですね。

階段脇には愛猫のトイレ用スペースを確保。見られていると落ち着かない、というデリケートな猫さんのためにカーテンを設置できる仕組みになっています。

分譲タイプの広くて料理しやすいキッチン。シンクや作業スペースも十分に確保、上下の収納力も見逃せないポイントです。

1 2次のページ
にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。